« DVD「寝ずの番」(2006年、日) | トップページ | 本「ヒューマン2.0」 »

2007年6月11日 (月曜日)

BS「北京バイオリン」のこと

  NHK・BS2で毎週木曜 午後11時から放映中の

連続ドラマ「北京バイオリン」のことであるが、

あの父子の熱い絆をつづった名画

「北京ヴァイオリン」(2002年、中国、チェン・カイコー監督)とは

まったく別物と思ったほうがよい。

 チェン・カイコー監督自身が「芸術総監督」

として参加しており、

父親役も映画と同じリュウ・ペイチーが務めているが、

同じなのは、天才的なバイオリン弾きの少年が父親

と田舎から北京に出てくるという、

アウトラインぐらい。

 連続ドラマだから、しかたがないかもしれないが、

脇役たちの不必要なエピソードが描かれすぎだ。

 だいたい主人公の少年が、13歳にしては

老けている。映画版より、バイオリンも下手で、

あまりバイオリンを弾く場面が登場しない。

 ただし、テーマ曲はいい。

 

|

« DVD「寝ずの番」(2006年、日) | トップページ | 本「ヒューマン2.0」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 初めまして! 

 映画を見たことはなかったのですが、見たくなりました。さっそくDVDを借りてこようと思います。音は吹き替えでしょうが、運指の無駄の無さ、なめらかさ、腕の動かし方あたりで上手い下手がわかってしまうのでしょうか? 
 また寄らせてください。
  

投稿: ふみえ | 2007年7月30日 (月曜日) 21時30分

>ふみえさま
 コメントありがとうございました。
映画の子役の方が、バイオリンもうまいし、演技も上です。映画は是非ご覧になってください。

 これからもよろしくお願いします。

投稿: 富久亭 | 2007年7月30日 (月曜日) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/15398320

この記事へのトラックバック一覧です: BS「北京バイオリン」のこと:

« DVD「寝ずの番」(2006年、日) | トップページ | 本「ヒューマン2.0」 »