« BS「北京バイオリン」のこと | トップページ | 花 »

2007年6月12日 (火曜日)

本「ヒューマン2.0」

  朝日新書022、渡辺千賀

         ※

 タイトルに手垢のついた「2.0」という言葉を冠していることや、

気取ったポーズをとった著者の写真などから、

期待しないで読み始めたが、

なかなか得るところの多い本である。

 著者がシリコンバレーで会社を

経営しているだけあって、

現地の事情が良くわかる。

 「バーチャル店員」のアンナさんに、

数百人の職が奪われた、というエピソード

が物悲しい。

  インターネットで、スタンフォード大や

MITの授業を受けられると知ったのも

この本を読んだ収穫だ。

 「オンラインでなければとても、必要な

情報にアクセスしきれない」というのも

もっともだ。

|

« BS「北京バイオリン」のこと | トップページ | 花 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/15404075

この記事へのトラックバック一覧です: 本「ヒューマン2.0」:

» ヒューマン2.0の感想 [Blog::Rescue::Goods]
今年3月からのカリフォルニア勤務に向け、奥さんがクロネコブックサービスで英語併記 [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日曜日) 11時33分

« BS「北京バイオリン」のこと | トップページ | 花 »