« 本「フューチャリスト宣言」 | トップページ | 2軒の「九州男」 »

2007年6月28日 (木曜日)

イタリア料理

 2003年の末ころから、

毎月1回、イタリア料理を作るグループに、

参加している。

 講師は都内のシティホテルのレストランで

シェフをしている津波(つは)さんという男性だ。

「ガンダム」のファンでもある。

  今月も会合があった。

今回作ったのは「スモークサーモンとタコのマリネ」と

「大甘エビのパスタ」。夏らしい2品だ。

パスタで使う「アメリカンソース」は、

高級スーパーで売っているそうだ。

 ▽「スモークサーモンとタコのマリネ」([c]2007津波義弘)

                

Photo    

 

●材料(4人分):

     スモークサーモン 100

     ボイルしたタコ(スライス) 50

     海草ミックス 1/2パック

     タマネギ(スライス) 1/4

     キュウリ(乱切り) 1

     ライムジュース 適宜

     オリーブオイル 適宜

     塩、胡椒 適宜

     ベビーリーフ 1/2パック

●作り方

  1  海草ミックスは水でもどして水気を切りよく絞っておく。

   タマネギはスライスして、水にさらしておく。

   キュウリは乱切りにする。

  2  スモークサーモンは半分くらいに切りほぐし、

   タコもスライスしてボールに入れ、

   海草、キュウリ、タマネギを加えて、

   ライムジュース、オリーブオイルで合えて、

   塩、黒胡椒で味を調える。

  3  ベビーリーフを洗って皿に敷き、

   その上に盛り付けて完成。     

 講師曰く「じめじめした時期にさっぱりした一品になるかなと」。

            ☆

 ▽「大甘エビのパスタ」([c]2007津波義弘)  

Photo_2

●材料(4人分):

     大甘エビ 8

     スパゲッティー 240

     アメリカンソース 80

     タマネギ 1/2

     ダイストマト缶 1

     生クリーム 200cc

     オリーブ油 適宜

     塩、胡椒 適宜

     イタリアンパセリ(粗微塵) 少々

●作り方

  1   大甘エビは殻付きのまま縦に半分に開き、良く洗う。

   オリーブオイルでタマネギをフライパンで狐色

   になるまで炒める。

  2   フライパンにダイストマト缶を加えて煮込む。

   1/3くらいに煮詰まったら生クリーム、

   アメリカンソースを加えて一煮立ちさせ、

   塩、胡椒で味を調える。パスタは、生クリーム、

   アメリカンソースを加えたあたりにゆで始める。

   別のフライパンで大甘エビを塩、胡椒してソテーし、

   ソースで絡め軽く煮る。

  3   フライパンからエビを取り除き、

   アルデンテにゆでたパスタを加えて、

   絡めて味を調え、皿に盛り付けエビを飾る。

   最後に粗微塵に刻んだイタリアンパセリをトッピングし、完成。

                

 講師曰く「大甘エビは生でも食べられるので、

軽くソテーしてさっと煮込む感じの方が良い。

見た目もゴージャスな感じに仕上がる」。

 アルゼンチン産の大甘エビは、

近所の文化堂で売っていたそうだ。

|

« 本「フューチャリスト宣言」 | トップページ | 2軒の「九州男」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

イタリアン、作れられるんですねー。
写真見ていたら、お腹が空いてきました。

食べるのは好きですが、作るのはどうも苦手です。

投稿: マサ | 2007年6月28日 (木曜日) 22時28分

マサさん、昔よく銀座に食べに行きましたね。そのうちまたご一緒しましょう。

投稿: 富久亭 | 2007年6月29日 (金曜日) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/15577169

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア料理:

« 本「フューチャリスト宣言」 | トップページ | 2軒の「九州男」 »