« 映画「ダイハード4.0」(2007年、米) | トップページ | 伊勢丹の地下 »

2007年7月 2日 (月曜日)

映画「憑神(つきがみ)」

     ★★★☆☆

 「鉄道員(ぽっぽや)」に次ぐ
浅田次郎・原作降旗康男・監督コンビの作品。

「貧乏神」、「厄病神」、「死神」に取付かれた
幕末の下級武士を妻夫木聡が好演。

「貧乏神」に扮する西田敏行も
怪演ぶりも、笑いを誘う。

「死神」が登場する
物語半ばまではテンポよく
観客を引き込むのだが、
その後、あまり面白くなくなるのは
どうしたわけか。

 エピローグの浅田次郎が登場するシーンは
あまり必然性を感じなかったのだが、
いかがだろうか。

     ◇

[監]降旗康男
[原]浅田次郎
[歌]米米CLUB
[出]妻夫木聡、西田敏行、江口洋介、
 香川照之、赤井英和、夏木マリ、
 佐々木蔵之介、笛木優子、鈴木砂羽、
 佐藤隆太、森迫永依
[上映時間] 107分

|

« 映画「ダイハード4.0」(2007年、米) | トップページ | 伊勢丹の地下 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/15615962

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「憑神(つきがみ)」:

» 憑神〈つきがみ〉 [ダイターンクラッシュ!!]
7月16日(月) 18:30~ 丸の内TOEI1 料金:850円(新橋の金券屋で共通前売り券(大帝の剣、俺は君の・・・、憑神)を購入) パンフ:700円 『憑神〈つきがみ〉』公式サイト 浅田次郎原作。浅田次郎の小説は、一冊も読んだことが無い。 貧乏神、疫病神、死神、と3連コンボを食らう若い幕末の侍の話。が、それ程の災厄は食らわない。 貧乏神と言えば桃太郎電鉄だが、桃鉄の貧乏神は、上島竜兵がモデルとしか考えられない(実際は異なる人物がモデルだが)。で、上島竜兵が似ている西田敏行の貧乏... [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木曜日) 00時44分

» 憑神 [ジャスの部屋 -映画とゲーム-]
映画「憑神」の感想です [続きを読む]

受信: 2007年8月 3日 (金曜日) 14時47分

» 『憑神』 [この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!]
浅田次郎原作小説の映画化。 『憑神』以外にも 「椿山課長の七日間」とか「地下鉄(メトロ)に乗って」 と言った作品が映画化されています。 本作『憑神』は幕末の江戸が舞台。 運に見放されながらも懸命に生きる 別所彦四郎(妻夫木聡)の姿は、 笑って観ている観客にいつ..... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火曜日) 01時29分

» 憑神 [映画、言いたい放題!]
試写会にブロガーとして招待されました。 同伴1人可能だったので妹を引き連れて参加也。 原作は浅田次郎氏、監督は降旗康男氏。 「鉄道員(ぽっぽや)」のコンビですね。 時は幕末。 別所彦四郎は下級武士とはいえ、 代々将軍の影武者をつとめてきた由緒ある家柄の出。 しか... [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月曜日) 02時09分

« 映画「ダイハード4.0」(2007年、米) | トップページ | 伊勢丹の地下 »