« 日本語を教えるための文法 1 | トップページ | 映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(2007年、米) »

2007年7月16日 (月曜日)

映画「魔笛」(2006年、英)

   ★★★★☆

 台風が接近する中、

高島屋新宿店にある「テアトルタイムズスクエア」に、

モーツァルトのオペラを映画化した

「魔笛」を見に行った。

 「ヘンリー5世」、「ハムレット」などの

シェークスピア劇を映画化した

ケネス・ブラナー監督は、

物語の舞台を、原作の古代エジプトから

第一次世界大戦前夜に移した。

 オリジナルのドイツ語を

映画では英語にした。

 冒頭の、渡り鳥が飛んでいる青空から

戦闘直前の戦場に

カメラが流れるように移動するシーンが

見事としかいいようがなく、

物語にグングン引き込まれていく。

CGを使っているのだろうが、

このようなカメラワークが随所に

出てくる。

 オペラは、それほど詳しくないが、

パパゲーノとパパゲーナの「二重奏」など

馴染みの曲が多く、楽しめた。

 ザラストロ役の

ルネ・パーペが好演しているほか、

当代一流のオペラ歌手、ミュージカル俳優が

素晴らしい声を聞かせてくれる。

 上演が終わった後、

館内から拍手が沸き起こった。

 オペラと映画との融合の

一つの到達点であろう。

 イギリス映画の厚みを

見せてくれた作品だ。

      ※

[監][脚]ケネス・ブラナー
[音]ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
[出]ジョセフ・カイザー、エイミー・カーソン、ルネ・パーペ

[上映時間] 139分

|

« 日本語を教えるための文法 1 | トップページ | 映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(2007年、米) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/15765679

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「魔笛」(2006年、英):

» 映画「魔笛」はいかがなものか・・・ [Willy*Nilly]
久し振りに休日がとれたので日比谷シャンテで公開が始まった「魔笛」を見てきました。モーツァルトのオペラ「魔笛」の映画化です。 これまでもオペラ映画というのは何本か作られて... [続きを読む]

受信: 2007年7月17日 (火曜日) 00時45分

» 魔笛 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『奇跡の音色が世界に愛を咲かす』  コチラの「魔笛」は、7/14公開になったモーツァルトの最後にして最高のオペラを、シェイクスピア役者でありシェイクスピア劇の映画化には定評のあるケネス・ブラナー監督が映画化したオペラ映画なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜....... [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木曜日) 23時43分

» 「魔笛」 オペラを全く知らないのに・・・ [はらやんの映画徒然草]
「のだめ」の影響で多少はクラッシックを聞くようになったとはいえ、ほとんどオペラな [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月曜日) 06時35分

« 日本語を教えるための文法 1 | トップページ | 映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(2007年、米) »