« 本「ウェブは資本主義を超える 『池田信夫ブログ』集成」 | トップページ | 本「アメリカ映画の大教科書 上・下」 »

2007年7月 5日 (木曜日)

2軒の「隨園別館」、または新丸ビル価格

 新宿2丁目に

北京料理の店 「隨園別館」がある。

P6300008

別館といっても 本店が別にあるのではなく、

ここが本店のようだ。

 結構流行ってはいるが、

料理が特別に美味いわけではない。

むしろ「大雑把な、いかにも北京料理」 といった味だ。  

中国人と思われる従業員の サービスも悪くはないが、

愛想よい接客というほどのものではない。

 では、どうして客が多いのか。

それは、「安くて、量が多い」からだ。

ランチタイムは750円でチャーハン、 坦々麺、

ショウロンポー、杏仁豆腐、 スープのセットが食べられる。

一皿ごとの量も多い。  

夜も、水餃子(10個)700円 のほか、

安い料理が多く、

ビールを飲んで腹いっぱい食べても 3000円でお釣りがくる。

 その、「隨園別館」が4月に完成した

新丸の内ビルヂングの5階に 支店を出した。

 小奇麗な店で、

颯爽としたビジネスマンやOL などが客の主流だ。

ランチは平均1200円と

新宿御苑前に比べ6割もアップ した「新丸ビル価格」のうえに、

量も少なそうだ。  

テナント料が高いので 仕方がないとはいえ、

いささかさびしい。       

    ※

住所 東京都新宿区新宿2丁目7-4

電話 03-3351-3511        

    ※  

住所 東京都千代田区丸の内1-5-1       

新丸の内ビルヂング・5階   

電話 03-5224-8177

|

« 本「ウェブは資本主義を超える 『池田信夫ブログ』集成」 | トップページ | 本「アメリカ映画の大教科書 上・下」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

新宿」カテゴリの記事

コメント

>別館といっても
本店が別にあるのではなく、
ここが本店のようだ。

というのは面白いです。(^o^)

中華料理をリーズナブルにいただけるというのは、かなりポイント高いですね。
ついつい余計な物まで注文してしまいそうです。

投稿: クモ男 | 2007年7月 5日 (木曜日) 23時15分

>クモ男さま。
お腹がすいた時は重宝します。
地下鉄だと新宿御苑前が近いのですが、新宿3丁目からも歩けますよ。

投稿: 富久亭 | 2007年7月 6日 (金曜日) 07時18分

新宿のほうでは、昔宴会をしなかったかい!?懐かしい気がしますが。しかも丸の内デビューとは恐るべし!!!

投稿: ももちやん | 2007年7月16日 (月曜日) 01時43分

 >ももちやん
 「随園別館」で宴会しましたっけ?


8月に東京に来るときにでも
「新丸ビル」をチェックしてみてください。

投稿: 富久亭 | 2007年7月16日 (月曜日) 15時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/15649274

この記事へのトラックバック一覧です: 2軒の「隨園別館」、または新丸ビル価格:

« 本「ウェブは資本主義を超える 『池田信夫ブログ』集成」 | トップページ | 本「アメリカ映画の大教科書 上・下」 »