« 映画「長江哀歌」(2005年、中国) | トップページ | 日比谷 松本楼 »

2007年8月20日 (月曜日)

丸の内音頭

 「丸の内音頭」をご存知だろうか?

「東京音頭」の元歌である。

 日比谷、丸の内界隈の商店主らの依頼で、

西条八十、中山晋平が作ったのが「丸の内音頭」。

昭和7年に日比谷公園の盆踊り大会で披露され、

どういう経緯かは知らぬが、

翌年歌詞だけ変え、

「東京音頭」になった。

 元歌の「丸の内音頭」を復活させる

「日比谷公園丸の内音頭大盆踊り大会」が、

 日比谷公園の大噴水前で開かれた。

 「大」がつくだけに人出も多く、

花園神社」や「市谷・自衛隊」の盆踊りとは

規模が違う。

 官庁街の谷間で、大勢が

輪になって踊っている姿はなかなか壮観であった。

P8170014

 

 「丸の内音頭」の歌詞を記しておく。

        □

    踊り踊るなら

    丸くなって踊れ

    おどりゃ 心もおどりゃ

    心も丸の内

    雲は九重

    御稜威(みいつ)は空に

    音頭とる子は真ん中に

    大手うれしく顔三宅坂

    ほんにお前は数寄屋橋

    揃うた揃うたよ

    踊り子の手ぶり

    ビルの窓ほどよう揃うた

|

« 映画「長江哀歌」(2005年、中国) | トップページ | 日比谷 松本楼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
自分のブログには、「丸の内音頭が東京音頭の替え歌」って書いちゃったんですが、実際は逆だったんですねー!びっくりしました&勉強になりました♪

投稿: applebear | 2007年8月21日 (火曜日) 21時36分

>applebearさま
 「丸の内音頭」がどうして「東京音頭」になったのか、その理由が知りたいのですが・・・
 applebearさんのブログには、屋台の食べ物の写真がたくさん載っていますね。どれもおいしそうでした。

投稿: 富久亭 | 2007年8月21日 (火曜日) 21時55分

 たまたま通りがかった大盆踊り大会に
こんなお話があるとは!
勉強になりましたっ

投稿: kikun | 2007年8月22日 (水曜日) 01時16分

>kikunさん
 橋幸夫が出演したというのは、土曜日に盆踊りに行かれたのでしょうか。
 ブログ、素敵ですね。

投稿: 富久亭 | 2007年8月22日 (水曜日) 07時15分

はじめまして、APSARA CAFE と申します。
トラックバックいただきありがとうございます。
継続されていることには大切な意味が込められているのだと、あらためて知りました。
『たかが盆踊り、されど盆踊り』ですね。

投稿: apsaracafe | 2007年8月30日 (木曜日) 01時52分

 >apsaracafeさま
 同じ日に会場にいらっしゃったのですね。
日比谷界隈にお勤めでしょうか?

投稿: 富久亭 | 2007年8月30日 (木曜日) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/16168082

この記事へのトラックバック一覧です: 丸の内音頭:

« 映画「長江哀歌」(2005年、中国) | トップページ | 日比谷 松本楼 »