« 麻布茶房 | トップページ | 映画「ピアノの森」(2007年、日) »

2007年8月 5日 (日曜日)

モーツァルトの交響曲

 9月から8年かけて山形交響楽団と、

モーツァルトの全交響曲を演奏する旅に出るという

指揮者の飯森範親さんの講演を聞いた。

 モーツァルトの交響曲というと

第25番、第38番「プラハ」、第39番、

第40番、第41番「ジュピター」などが有名であるが、

最初の交響曲はモーツァルトが8歳の

時に作曲したものだという。

 飯森さんは、この最初の交響曲から

年代順に10曲あまりのCDをかけ、

どのような変遷をたどったのかを、

解説してくれた。

 特に、2人の指揮者による第39番の

聴き比べしたときには、

印象の違いにびっくりした。

 締めくくりの言葉として、

飯森さんが「曲を聞くと、それを作った時のモーツァルトの

生きざまがよくわかる」との言葉に共感した。

 また、モーツァルトの時代はビブラートを使わない

「ピリオド奏法」だけで、ビブラートは20世紀

になって登場した技法だということを初めて知った。

 最近は「ピリオド奏法」が見直されているという。

 

|

« 麻布茶房 | トップページ | 映画「ピアノの森」(2007年、日) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

飯森さんNHKのバラエティなどにもよく出ていますね、わかりやすいお話です
見目も素敵ですね女性ファン多いですよ(笑

投稿: kokoni | 2007年8月11日 (土曜日) 00時06分

>kokoniさま
確かに飯森さんは、イケメンですね。
女性ファンも多いでしょう。
 kokoniさんのブログ
「ここに行きました」もなかなか素敵ですね。参考にさせてもらいます。

投稿: 富久亭 | 2007年8月11日 (土曜日) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/16005909

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルトの交響曲:

» モーツァルト交響曲42番? [ここに行きました ]
『ありがとうアマデウス!これからもモーツァルト!』 年末に放送された音楽バラエティ番組の再放送が昨日ありましたモーツァルト生誕250年を記念して(2006年)1月から放送してきた「毎日モーツァルト」(山本耕史さんの) 大きな反響を呼んだこの番組も、とうとう最終回を迎える。そこで終了にあたり、フィナーレを飾るスペシャル番組を放送。 クイズやトークで、1年にわたるぼう大な放送を楽しく振り返り、・・ というもの。 出演者のタレントに交響曲を聴かせて、これは何番でしょう? のクイズに 42番 ... [続きを読む]

受信: 2007年8月11日 (土曜日) 00時02分

« 麻布茶房 | トップページ | 映画「ピアノの森」(2007年、日) »