« ヤマダ電機、新宿に進出 | トップページ | 伊勢丹と三越、統合の影響 »

2007年8月30日 (木曜日)

日本語を教えるための文法 2

 日本語を学ぶ外国人にとって、

難しいことの一つは助詞の使い方だろう。

「空地ゴミを捨てた」

「空地ゴミを捨てた」

この2つの文のニュアンスの違いは

日本語のネイティブならわかる。

あるいは、

「先生話した」

「先生話した」

 前者は、双方向のニュアンスが

含まれているのがわかるだろう。

        □

 「8月山に登った」とはいうのに、

「きのう山に登った」とは言わない。

 「2007年」「8月」「7時」「江戸時代」には

「に」をつけるが、

「きのう」「あした」「来年」「今」には

「に」をつけない。

 生まれた時から日本語を話していれば、

「に」をつけるかつけないか、迷ったりしないが、

外国人が外国語として日本語を学ぶ際には、

理屈で理解しなければならない。

 「に」をつけるのは、

「話をする時点を基準にしない絶対的な時を表す言葉(例・8月)のあと」、

 「に」をつけないのは、

「話をする時点を基準にした相対的な時を表す言葉(例・きのう)のあと」だ。

           □

 助詞は、かように難しい。

|

« ヤマダ電機、新宿に進出 | トップページ | 伊勢丹と三越、統合の影響 »

日本語教育」カテゴリの記事

コメント

はい、助詞とカタカナは学生たちの最も苦手とするところです。
特に初級の学生たちは、その「は」とか「が」とか「を」「に」「で」「と」「の」って何なんだ?と呆れたりします。
ちゃんと理由つけて答えなくちゃいけないのが大変。

投稿: dragonfly | 2007年9月13日 (木曜日) 23時18分

>dragonflyさま
 コメントありがとうございます。
日本語の先生をなさっているのですね。
これからもいろいろ教えてください。

投稿: 富久亭 | 2007年9月14日 (金曜日) 07時12分

ご無沙汰しています。私もアメリカ人に教える時にさんざん苦労しました。とはいえ、私は上級者相手でその辺のことは理解してくれていたので随分楽だったんですけれどね。納得いかないこともあるらしいですよ、外国人には。

投稿: ちろ | 2007年11月23日 (金曜日) 13時52分

>ちろ様
 お久しぶりです!
 仕事や育児にお忙しいと思いますが、
お元気ですか。
 外国人は単語そのものは比較的簡単に覚えられるよう
ですが、微妙なニュアンスは難しいようです。
 ところで、ちろさんはブログを再開する計画は
ないのですか?

投稿: 富久亭 | 2007年11月23日 (金曜日) 22時31分

>「に」をつけないのは、
>「話をする時点を基準にした相対的な時を表す言葉(例・きのう)のあと」だ。

では「二週間前に山に登った」は?

「二週間前」は相対的な時では??

投稿: | 2010年1月22日 (金曜日) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/16256629

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語を教えるための文法 2:

« ヤマダ電機、新宿に進出 | トップページ | 伊勢丹と三越、統合の影響 »