« 映画「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」(2007、日) | トップページ | ベルギーのチョコ »

2007年9月21日 (金曜日)

第513回紀伊国屋寄席

臆病源兵衛     柳家  さん弥

蜀山人     春風亭 栄枝

さんま芝居   三遊亭  金馬

     《仲入り》

高田馬場    古今亭志ん輔

木乃伊取り   三遊亭  円窓

P9200002

        ※

柳家さん弥  

 飄々と「臆病源兵衛」を演じた。この噺は初めて聞くが、

題名の通り主人公の臆病ぶりが大げさに描かれている。

春風亭栄枝

 太田蜀山人の評伝を狂歌を交えて演じる「蜀山人」。

これも初めてだ。

     

三遊亭金馬  

 秋らしく「さんま芝居」。田舎の芝居小屋の雰囲気が

楽しく、ほのぼのとした。秋刀魚を焼いている煙が

立ち上ってくるかのようだった。秋刀魚が食べたくなった。

膝を痛めたそうで、

釈台とクッションを使っていたが、

大事でなければよいが。

古今亭志ん輔  

 名調子の「高田馬場」。蝦蟇の油売りの口上が見事。

敵討ち見物で高田馬場に

集まった群衆の様子が面白かった。

    

三遊亭円窓   

 師匠の三遊亭円生の想い出話がまくら。

普段しゃれを言わない円生が、

東北地方に行く列車の中で、

「寒くなったでゲスな。どおりで郡山の駅だ」

と言って、弟子が反応に苦慮したという逸話が良かった。

「木乃伊取り」は、それぞれの人物の描きわけ、

中でも 飯盛りの権三がだんだん酔っ払っていく様が、

見事だった。

|

« 映画「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」(2007、日) | トップページ | ベルギーのチョコ »

落語」カテゴリの記事

コメント

知らないうちにトラバされてました〜。
ありがとです。

木曜日に練馬で志の輔聴きます。

投稿: ろっそ | 2007年9月30日 (日曜日) 20時59分

>ろっそ様
 コメントありがとうございます。
志の輔師匠の話、楽しみですね。

投稿: 富久亭 | 2007年10月 1日 (月曜日) 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/16518612

この記事へのトラックバック一覧です: 第513回紀伊国屋寄席:

« 映画「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」(2007、日) | トップページ | ベルギーのチョコ »