« 朝から腹いっぱい食べる | トップページ | 銀座のあのビルの「おっさん度」を測る »

2007年9月27日 (木曜日)

秋の味覚

 久しぶりに「料理講習会」があった。

米なすは、アメリカ種を日本で改良した品種だ。

種が少なく、肉がしまっている。

メカジキのロール巻きは、

作るのが面倒だが、

出来上がりが豪華。

オレンジソースもおいしかった。

     ☆

     ☆

▽米ナスとトマトのパスタ([c]2007津波義弘)

P9250003

●材料(4人分)

米ナス       1

パンチェッタ    1パック

ダイスカットトマト 1

にんにく      1

パスタ       240

オリーブ油    適宜

塩、胡椒     適宜

●作り方

1 米ナスはさいの目に切って

 塩を振り10分ほど置く。

2 にんにくを叩いてつぶし、

 フライパンで香りを移しながらローストする。

 玉葱、パンチェッタを加えて炒め、

 米ナスも軽く水洗いして色ずくまで炒める。

3 トマト缶を加えて軽く煮込む。

 パスタをアルデンテに茹でて

 ソースに絡めて出来上がり。

      ☆

      ☆

▽メカジキのロール巻き([c]2007津波義弘)

P9250002

 ●材料(4人分)

 メカジキ    4切れ

オレンジ     1

ドライトマト   1

カテージチーズ  少々

松の実      少々

ミックスハーブ  少々

無塩バター    適宜

オリーブ油    適宜

塩、胡椒     適宜

白ワイン     少々

小麦粉      適宜

マジョラム     4

●作り方

1 ドライトマトは粗微塵に刻み、カッテージチーズ、松の実と混ぜておく。

 オレンジは半分に切り、半分を8枚の半月切りにしておく。

2 メカジキはラップではさんで叩いて伸ばし、

 1の混ぜ物を内側に薄く塗り巻いて楊枝でとめる。

3 メカジキの外側に軽く塩、胡椒しミックスハーブをまぶし

 小麦粉をつけてフライパンで焼く。

 一緒にオレンジの半月のスライスも焼く。

4 表面が色づいたらオレンジを取り除き、

 白ワインを入れてふたをして強火で蒸し焼きにする。

5メカジキをフライパンから取り除き、

 皿にオレンジと盛り付ける。

 残ったオレンジの果汁を搾りさっと煮詰め、

 バターを溶かし入れ、塩、胡椒で味を調えソースを仕上げる。

6 盛り付けたメカジキにソースをかけて

 マジョラムを飾って出来上がり。

|

« 朝から腹いっぱい食べる | トップページ | 銀座のあのビルの「おっさん度」を測る »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

メカジキのロール巻き、南イタリアっぽくておいしそうですね。
真似して作ってみたいです。

投稿: じえじ | 2007年10月19日 (金曜日) 23時02分

>じえじ様
 ブログのイラスト素敵ですね。
感心しました。

投稿: 富久亭 | 2007年10月20日 (土曜日) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/16582049

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の味覚:

« 朝から腹いっぱい食べる | トップページ | 銀座のあのビルの「おっさん度」を測る »