« 第513回紀伊国屋寄席 | トップページ | 映画「プラネット・テラー in グラインドハウス」(2007年、米) »

2007年9月22日 (土曜日)

ベルギーのチョコ

ベルギー製のチョコレートを

知り合いの若い美人にもらった。

P9200003

Leonidas」という会社の

「Chcolat Pelure」という製品である。

 細切りにしたオレンジとレモンの皮を

砂糖漬けにして、

チョコレートでコーティングしたものだ。

 甘さとすっぱさが混ざり合った

不思議な味だ。

甘いものが苦手な人も

食べられると思う。

 2年ほど前入院していた時、

同室にいたインテリ爺さんが

「ぼかぁ、ベルギーのチョコを食べて

初めてチョコのおいしさを知った」などと言っていて、

その時は「何だ、そりゃ」と思ったもんだが、

今にして思えば、

爺さんのいうとおりだ。

伊達に年はとっていない。

 「Leonidas」は20世紀初頭、

アメリカへ移住したギリシア人の菓子職人

レオニダス・ケステキデスによって

1913年、ベルギーで創業された老舗だ。

 新宿区では神楽坂1丁目に支店がある。

製品はすべてベルギーから

空輸されてくるそうである。

|

« 第513回紀伊国屋寄席 | トップページ | 映画「プラネット・テラー in グラインドハウス」(2007年、米) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も先日、コンビニで「ベルギーチョコアイス」を食べましたが、コンビに程度では、その質の高さは求められなかったかも。
ちょっと、普通のヤツより味が濃いIかな?程度でした。(;^_^A

投稿: クモ男 | 2007年9月23日 (日曜日) 01時08分

>クモ男さま
 アイスも売っているのですか?
今度、コンビニに行ったら見てみます。

投稿: 富久亭 | 2007年9月23日 (日曜日) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/16525339

この記事へのトラックバック一覧です: ベルギーのチョコ:

« 第513回紀伊国屋寄席 | トップページ | 映画「プラネット・テラー in グラインドハウス」(2007年、米) »