« シューマニアーナ | トップページ | 「イオランタ」に人生の意味を探る »

2007年10月18日 (木曜日)

資産インフレ再び?

 藤巻健史さんの講演を聞いた。
 経済界で藤巻兄弟といえば、
伊勢丹のカリスマバイヤーから福助を経て
イトーヨーカ堂の役員をしている
弟の藤巻幸夫さんが有名だが、
兄の健史さんも、モルガンやジョージ・ソロスのヘッジファンドで
ディラーとして鳴らした。
 講演の内容を一言でいうと、
巨額の財政赤字により
土地や株式などの資産インフレーションが起こるのは確実なので、
資産を現金で持っていずに、
長期固定で借金してでも
土地や株に投資するべきだ、
というものだ。
 自身の資産も、その方針に沿って運用しているし、
投資顧問先にも同様のアドバイスをしているという。
威勢がいいのである。
 わしとしては、
アルゼンチンや戦後のドイツなどのように、
物凄い勢いで物価が上がる「ハイパーインフレ」にはならないものの、
ある程度のインフレになるのかな、とも思う。
 その一方で、地価などは最早過熱しており、
バブルが弾ける寸前という見方もある。
 いずれにせよマーケットの先行きは予見不可能だし、
第一、投資する資金もない。
 気楽なものである。

|

« シューマニアーナ | トップページ | 「イオランタ」に人生の意味を探る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/16766443

この記事へのトラックバック一覧です: 資産インフレ再び?:

« シューマニアーナ | トップページ | 「イオランタ」に人生の意味を探る »