« タイムマシンに乗って | トップページ | 本「出世はヨイショが9割」 »

2007年10月22日 (月曜日)

玉手箱を開けると

 会合で長老からいただいた「玉手箱」。

20年前に戻ってしまうような気がして

開けるのをしばしためらっていたが、

意を決して、開封する。

すると・・・・

Pa200012

 日本橋人形町 「京菓子司 寿堂」の

「黄金芋」であった。

 今の季節にぴったりの和風スイートポテトである。

 ニッキ(シナモン)がまぶしてあって独特の風情だ。

「赤福」と違い製造年月日もごまかしていない、

・・・と思う。

 美味であった。

 さすが、長老である。

|

« タイムマシンに乗って | トップページ | 本「出世はヨイショが9割」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/16820377

この記事へのトラックバック一覧です: 玉手箱を開けると:

« タイムマシンに乗って | トップページ | 本「出世はヨイショが9割」 »