« 本「新しい株式投資論 『合理的へそ曲がり』のすすめ」 | トップページ | 本「国家の罠ーー外務省のラスプーチンと呼ばれて」 »

2007年11月 7日 (水曜日)

宙に舞う女子

  初めてチアリーディングというものをじっくり見た。
先週の日曜日、
早稲田大の学園祭のアトラクションでだ。
 あれは、ダンスというより、スポーツですね。
10数人がピラミッドの形になったかと思うと、
1番上にいる女子がポーンと
空中高く宙返りする。
Pb040005
 メンバーのタイミングがちょっとでも狂うと
事故につながる。
 実に微妙なバランスの上に
成り立っているのである。
 チアリーダーというと、
スタイルが良いという先入観を持っていたが、
太ももなど下半身はたくましい。
あまり長身の子もいないようだ。
 しかし、チームとしてみると、
非常に美しい。
 芸術だね。
     ◇
妻が生協によって、
「早稲田」と大きく書かれた
湯のみ茶碗を買った。
Pb050001_2
誰が使うというのか。

|

« 本「新しい株式投資論 『合理的へそ曲がり』のすすめ」 | トップページ | 本「国家の罠ーー外務省のラスプーチンと呼ばれて」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/16992487

この記事へのトラックバック一覧です: 宙に舞う女子:

« 本「新しい株式投資論 『合理的へそ曲がり』のすすめ」 | トップページ | 本「国家の罠ーー外務省のラスプーチンと呼ばれて」 »