« 花園神社の見世物小屋(後編) | トップページ | 「アーティチョークと生ハムのフェットチーネ」と「石持の香草ロースト」 »

2007年11月27日 (火曜日)

本「ウェブ時代をゆく」

    (ちくま新書、梅田望夫

      ※ 

序章 混沌として面白い時代
一身にして二生を経る/オプティミズムを貫く理由/「群衆の叡智」元年/グーグルと「産業革命前夜」のイギリス/学習の高速道路と大渋滞/ウェブ進化と「好きを貫く」精神/リアルとネットの境界領域に可能性/フロンティアを前にしたときの精神的な構え
第1章 グーグルと「もうひとつの地球」
営利企業であることの矛盾/グーグルはなぜこんなに儲かるのか/奇跡的な組み合わせ/グーグルの2つ目の顔/「もうひとつの地球」構築の方程式/「経済のゲーム」より「知と情報のゲーム」/利便性と自由の代償としての強さを
第2章 新しいリーダーシップ
人はなぜ働くのか/まつもとゆきひろが起こした「小さな奇跡」/オープンソース成功の裏には「人生をうずめている人」あり/ウェブ2・0時代の新しいリーダー像/ウィキペディアのリーダーシップ/「知と情報のゲーム」と「経済のゲーム」の間に起きる齟齬/事業機会を失ってもコミュニティの「信頼」を/なぜネットでは「好きなことへの没頭」が続けられるのか/良きリーダーの周囲に良き「島宇宙」ができる/総表現社会参加者層の台頭
第3章 「高速道路」と「けものみち」
高速道路を猛スピードで走る少女/日本のシステムで息苦しい思いをしている人のために/「高く険しい道」をゆくには/「見晴らしのいい場所」に行け/高速道路を降りて「けものみち」を歩く/「500枚入る名刺ホルダー」を用意しよう/「流しそうめん」型情報処理、つながった脳、働き者の時代/「けものみち力」とは/正しいときに正しい場所にいる
第4章 ロールモデル思考法
ロールモデル思考法とは何か/なぜ「経営コンサルティング」の世界に進んだか/ロールモデルの引き出しをあける/「19世紀初頭の新聞小説」とブログ/日本の若者を応援するときのロールモデル/自分の志向性を細かく定義するプロセス/ブログと褒める思考法/生きるために水を飲むような読書、パーソナル・カミオカンデ/行動に結び付けてこそのロールモデル思考法
第5章 手ぶらの知的生産
知のゴールデンエイジ/世界中の講義・講演を瞬時に共有できる時代/10年後には「人類の過去の叡智」に誰もが自由にアクセスできる/手ぶらの知的生活/これからの知的生活には資産より時間/ネットは知恵を預けると利子をつけて返す銀行/「文系のオープンソースの道具」が欲しい/群衆の叡智を味方につける勉強法/ネット空間の日本語圏を知的に豊穣なものに
第6章 大組織VS.小組織
情報共有と信頼/やりたいと思う仕事に自発的に取り組む/情報共有と結果志向型実力主義/有事には情報共有を前提とした組織になる/小さな組織は情報共有で強靭になれる/小さな会社で働き、少しでもいい場所に移ろう/「30歳から45歳」という大切な時期を無自覚に過ごすな/自らの内部にカサンドラを持て/「古い価値観」に過剰適応してはいけない
第7章 新しい職業
「新しい職業」と「古い職業」/「新しい職業」の誕生を信じる人は「ウェブ・リテラシー」を/オープンソースが生んだ新しい「雇用のかたち」/「志向性の共同体」とスモールビジネスの経営/スモールビジネスとベンチャー/ビル・ゲイツの後半生を徹底肯定する/世界の難題の解決にネットが本格的に利用される時代
終章 ウェブは自ら助くる者を助く
人工国家に似た「もうひとつの地球」ができれば/より求められる「自助の精神」/サバイバル優先、すべては実力をつけてから
あとがき
      ※
 最先端のIT分野の啓蒙書というよりは、
職業選択の岐路にたった若者の
ための羅針盤のような本だ。
 今という時代は面白い時代で、
意欲と決意があれば
前人未到の「けもの道」を登って
高みに到達できる。
 この本の素晴らしいところは、
そうした新しい道を選択せずに、
「古い職業」を選びたかったら、それでもよい。
その道を選んでも、十分創意工夫の余地があるよ、と、
言っているところだろう。
 希望が沸いてくる本だ。
おっさんも、しゃんとしなければ。
 50歳近いおっさんはどうすればよいのかも、
教えてほしい。
(740円+税、2007年11月10日) 

|

« 花園神社の見世物小屋(後編) | トップページ | 「アーティチョークと生ハムのフェットチーネ」と「石持の香草ロースト」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。
丸の内の丸善で行われた梅田さんの講演は、とても面白かったです。
こちらで内容を読むこともできますので、もし良かったら…。
筑摩書房のサイトです。
「頭で読む」「心で読む」
私は「心で読む」派だったので楽しめたのだと思います。
http://www.chikumashobo.co.jp/special/webjidai/making/

投稿: Yukiko T. | 2007年11月30日 (金曜日) 11時41分

>Yukiko T.様
 筑摩書房のサイト、
教えて下さってありがとうございました。
さっそく読んでみました。
 私もっどちらかというと「心で読む」派です。

投稿: 富久亭 | 2007年11月30日 (金曜日) 22時57分

こんにちは。コメントが遅くなりました。

ブログ拝見してます。
読書、映画、料理、グルメ。守備範囲が広いですね。
「ウェブ時代をいく」は、ITではなく富久亭さんが書かれているように
職業選択本として役に立ちそうですね。
それにしても、梅田さんも有名になりました。

投稿: moonshiner | 2008年2月16日 (土曜日) 18時11分

>moonshiner様
 「ウェブ時代をいく」は、今の時代を生きる若者へ
向けてのメッセージだと思います。
 梅田さんの新刊が文春から今月末に出るようです。
楽しみですね。

投稿: 富久亭 | 2008年2月17日 (日曜日) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/17012459

この記事へのトラックバック一覧です: 本「ウェブ時代をゆく」:

» ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687) [ハピネス道]
発売を楽しみにしていたこの本、 昨日のお昼休みに丸善・丸の内本店まで足を伸ばし購入しました。 (講演&サイン会の整理券、いただきました。楽しみです〜) 文字が光って見えるくらい楽くて面白かったです。 梅田さんはあとがきに 「本書は、まじめで一生懸命な若者たちの、そして昔そういう若者だった大人たちの中に、未知の世界を楽しむエネルギーが生まれてほしいと思いながら書いた。」 …と書いておられます。 私は中途半端な後者(若者だったとき、そこまで“真面目”でも“一生懸命”でもなかった)ですが... [続きを読む]

受信: 2007年11月29日 (木曜日) 08時25分

» ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか [日々雑感II]
道徳というものが、「よりよく生きる方法を考えさせること」だとしたら、この本は非常によくできた道徳の教科書であるといってもいいでしょう。 [続きを読む]

受信: 2007年12月11日 (火曜日) 08時07分

» 〔Movie〕不動産業の立場から/『ウェブ時代を行く』を読んでおく [Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』   編集長 不動産ブログ日記]
2008−15年は〔未体験社会への突入〕 梅田望夫さんの『ウェブ時代を行く』 インターネットが変えていく社会 を読んでおく! 〔Movie〕不動産業の立場から/『ウェブ時代を行く』を読んでおく JUGEMテーマ:ニュース ... [続きを読む]

受信: 2007年12月11日 (火曜日) 11時59分

» あの梅田さんが『ウェブ時代を行く』/でも明日から…… [Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』   編集長 不動産ブログ日記]
どうしたらよいの? 時代はいま未体験のネット社会へ ↑不動産業でもSNSが離陸へ/071127FDJ社セミナー (編集長・浅見の講演)テキストから http://fudou3.jugem.cc/?eid=4083 2007.11.28 Wednesday author : fudou3(浅見貞男/Homeseeker) 前例のない時代を生きるヒント 満載の、渾身の書き下ろし。 『ウェブ進化論』完結篇! ■筑摩書房 ウェブ時代をゆく いかに... [続きを読む]

受信: 2007年12月11日 (火曜日) 12時00分

« 花園神社の見世物小屋(後編) | トップページ | 「アーティチョークと生ハムのフェットチーネ」と「石持の香草ロースト」 »