« 映画「椿三十郎」(2007年、日) | トップページ | 青い光 »

2007年12月 4日 (火曜日)

来年の手帳

 毎年年末になると勤め先から

Pb250016

翌年の手帳が支給されるのだが、
小ぶりで使いにくいため、
ここ数年は自分で手帳を購入している。
 今年(2007年)は高橋書店の
「No. 215 リシェル5」というのを使用したが、
2008年用は日本能率協会の
「能率手帳キャルレ A6バーチカル2(ブルー)」
(商品番号2027)を購入した。
1407円(税込み)だ。
 A6版というのは、
わしにとって、字が書きやすい大きさだし、
鞄に入れてもさほどかさばらない。
表紙や装丁もしゃれている。
 スケジュール欄は、見開きの年間カレンダーと、
同じく見開きの月間カレンダー、
日にちごとに詳細なスケジュールを書く欄がある。
日にちごとの欄は午前9時から午後9時まで
時刻の目盛りが打ってあり、
スケジュールが把握しやすい。
Pb250015
 土日の欄が平日の欄より狭くなっているものもあるが、
この手帳は平日も土日も同じ大きさで、
土日にもスケジュールを書きたい人には便利だ。
 
しかし、この手帳、「日経WOMANと共同開発」とうたっており、
巻末の資料編にはおっさんにとって不必要なページもある。

|

« 映画「椿三十郎」(2007年、日) | トップページ | 青い光 »

ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/17261253

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の手帳:

» 「紙の」手帳の良さを再認識『能率手帳ネクサスバーチカル』 [うつ病サラリーマンのストレス解消読書日記]
『能率手帳ネクサス バーチカル』 「デジタルからアナログへ」で紹介した『手帳200%活用ブック』を読んで「紙の手帳」が無性に欲しくなってしまいました。 それまでずっと支給品やもらいものの見開き2週間タイプばかり使っていたわたしが、どうしても試してみたかったのが..... [続きを読む]

受信: 2007年12月21日 (金曜日) 13時53分

« 映画「椿三十郎」(2007年、日) | トップページ | 青い光 »