« 映画「そして人生は続く」(1991年、イラン) | トップページ | TABASA »

2007年12月28日 (金曜日)

本「すべては音楽から生まれる 脳とシューベルト」

           51qwgspjksl_ss500__2

PHP新書497、茂木健一郎
       ※

1 音楽は微笑む
2 音楽との出会い
3 音楽と創造力
4 音楽のように生きる
5 特別対談「音楽の力」--ルネ・マルタン×茂木健一郎

       ※

モォーツァルトの音楽を聴くと頭がよくなるなどと

俗にいわれているが、

本当のところ脳と音楽の関係はどうなっているのだろう。

 「端的にいって、頭がいい人とは脳の中に

いい音楽が流れている人だと思う

 脳の中では1千億個のニューロンの間で、

常に物質が伝達されている。

そしてそれは、多様なリズムのビート(拍子)が

絶え間なく発生しているようなものだという。

 「非常に複雑なネットワークが構築された脳内では、
休むことのないリズムの発生とビートの融合による、
シンフォニーのような現象が常に起きている。
ゆえに、『脳の働きは音楽である』という表現は、
必ずしも比喩にとどまらない

のである。

 分かったようで分からないが、

音楽を聴くように生きてみたいと思った。

 (680円+税、2008年1月7日)

|

« 映画「そして人生は続く」(1991年、イラン) | トップページ | TABASA »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/17492549

この記事へのトラックバック一覧です: 本「すべては音楽から生まれる 脳とシューベルト」:

» 『すべては音楽から生まれる』 [Blue lagoon]
すべては音楽から生まれる (PHP新書 497) 茂木 健一郎 あわただしい年の瀬、ちょっとひと段落中〜。2007年もあと数時間ですね。 一昨日、ひさびさに寄った本屋で「すべては音楽から生まれる―脳とシューベルト」茂木健一郎著(PHP新書)を見かけ、数ページ立ち読みして即購入。 「音楽の本質を理解することは、生命なるものの芯を見据えることと同じである」 「音楽」がなくちゃ生きていけない!くらいに思ってる自分がいて、しかし日常接する周囲はそれほどでもない……という現実。温... [続きを読む]

受信: 2008年1月10日 (木曜日) 00時08分

« 映画「そして人生は続く」(1991年、イラン) | トップページ | TABASA »