« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の32件の記事

2008年1月31日 (木曜日)

「ペンネのゴルゴンゾーラクリーム」と「鶏肉の田舎煮南イタリア風」

 今年初めてのイタリア料理教室だ。

P1300001

定番メニューのゴルゴンゾーラクリームソースと

「プーリア風煮込み」とも呼ばれる田舎煮を作る。

▽ペンネのゴルゴンゾーラクリーム([c]2007津波義弘)

●材料(4人分)

ペンネ                    240g 
ゴルゴンゾーラ       1個 
生クリーム              200cc 
クルミ(ローストする) 適宜 
タマネギ(みじん切り) 1/4個 
パルメザンチーズ     大さじ1 
オリーブ油             適宜 
塩、胡椒               適宜 

P1300003

●作り方
1  タマネギはみじん切りにして、

  うっすら透き通るくらいに炒め、

  ブランデーでフランべし、

  生クリームを入れてひと煮たちさせる。

  クルミはグリルでローストしておく。

2  ペンネをゆで始めてアルデンテに上る少し手前で

  1のソースにゴルゴンゾーラチーズを溶かし入れて、

  ゆで汁を使って濃度を調節する。

3  アルデンテにゆでたペンネをソースに絡めて

  パルメザンチーズをふり混ぜ、

  皿に盛り付け、砕いたクルミとパセリのみじん切りを散らす。

      ※

▽鶏肉の田舎煮南イタリア風([c]2007津波義弘)

●材料(4人分)

鶏もも肉(8等分に切る)     2枚 
プチトマト(1/2カット)       8個 
ソフリット( タマネギ、ニンジン、セロリ) 大さじ4 
小麦粉               適宜 
押し麦               大さじ4 
ミックス豆             1缶 
ベイリーフ             1/2枚 
鶏がらスープの素        大さじ1 
オリーブ油            適宜 
水                  1.5カップ 
パルメザンチーズ        大さじ2 
塩、胡椒              適宜 
白ワイン              1/2カップ

P1300004

●作り方

1 タマネギ、ニンジン、セロリをみじん切りにしソフリットを作る。

  鶏もも肉は8等分に切り、軽く塩、胡椒して小麦粉をまぶし、

  フライパンで狐色に焼く。

  一緒にプチトマトも切り口に小麦粉をまぶしてサッと焼きます。

2  フライパンから鶏肉とプチトマトを取り除きソフリットを炒める。

 油がまわり野菜の香りがしてきたら鶏肉をもどして

 白ワインを入れて蓋をして蒸します。

3  2に押し麦、ミックス豆、ベイリーフ、水を加えて

 ひと煮たちしたら鶏がらスープの素を加えて

 15分くらい煮込む。

4  押し麦が煮えたら、火を止めて

  パルメザンチーズ、塩胡椒で味を調えて

  プチトマトを混ぜて出来上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水曜日)

本「ゾウの時間 ネズミの時間ーサイズの生物学」

 (中公新書、本川達雄
        ※
1 動物のサイズと時間
2 サイズと進化
3 サイズとエネルギー消費量
4 食事量・生息密度・行動圏
5 走る・飛ぶ・泳ぐ
6 なぜ車輪動物がいないのか
7 小さな泳ぎ手
8 呼吸系や循環系はなぜ必要か
9 器官のサイズ
10時間と空間
11細胞のサイズと生物の建築法
12昆虫ーー小サイズの達人
13動かない動物たち
14棘皮動物ーーちょっとだけ動く動物
あとがき
付録
          31banp39q4l_aa240__2

 本棚を整理していて見つけたので、

読み返してみたが、やはり名著だ。

 地球上には数え切れない種類の動物が暮らしている。

ゾウはゆったりと歩き、ネズミはちょこまか走り回る。

まったく共通点のないように見える動物たちだが、

動物のサイズとその動物の生きる時間には

「時間は体重の4分の1乗に比例する」

という簡単な法則がある。

 つまり大きな動物ほど何をするのにも時間がかかるのだ。

ネズミは数年しか生きないが、ゾウの寿命は百年ある。

性的に成熟するのも、息をする間隔も、

この法則にしたがっているのだという。

 一方で、どんな動物も一生の間に

心臓が鼓動する回数は20億回と決まっている。

鼓動を時計と考えれば、ゾウもネズミも、

物理的な寿命には大きな差があるが、

それぞれの感覚では同じ時間だけ

生きるということにもなりそうだ。

 この本には、生物に関する考察がいっぱい詰まっている。

単に知識を羅列しているのではなく、なぜそうなるのか、

観察や実験の結果から、理論だてて説明している。

推理小説を読むような面白さだ。

 車輪は、人間が発明した便利な道具だが、

進化の過程で車輪をもった生き物が登場しなかった

理由の説明には、思わず膝を打った。

(1992年、680円+税)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月29日 (火曜日)

店員顔

 いったい世の中に「店員顔」というものは存在するものだろうか。

存在するとして、
それは果たしてわしのことであろうか。
そう思える出来事が最近あった。
 B家電量販店で、年のころなら25歳前後と
思われる見知らぬ女性に
声をかけられた。
 「このラジカセ、MDも使えますか?」
はて、面妖な。
見ず知らずのおっさんに、かようなことを尋ねるとは。
明らかに店員と間違えておる。
しかし、せっかくのお尋ねであるから、
これは買わないほうがいいなどと
懇切丁寧なアドバイスをしておいた。
この店では、店員と間違えられるのは3度目である。
前回と前々回は、一昨年、パソコン売り場で
あんちゃんに「ウインドウズ ビスタ」
のことなどを聞かれた。
 この店特有のことではない。
勤め先の近くのK書店でも、
50歳がらみの紳士らに
2度ほど本の売り場を尋ねられた。
 わしにモノを聞いた人は、
性別、年齢、身なりも様々で、
共通点がまったくない。
わしをからかっている風でもなく、
呆けているようでもない。
まじめに店員だと思っているようだ。
 共通点といえば、
いずれも冬であり、
わしの格好は
白いシャツ、ネクタイ、濃いグレーのベスト、
それにベストからIDカードを吊るしている
ストラップが見えていたことである。
 しかし、ベストが家電量販店の制服の定番だとしても、
制服とわしのベストは明らかに違うだろうが。
 予想以上に世の中にあわてものが多いのか、
それともわしがいかにも「店員顔」なのか、
判断をつけかねておる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月曜日)

ガーデンラウンジ@ホテルニューオータニ

 本館と新館の中間あたりにある

ガーデンラウンジは、

400年余りの歴史ある1万坪の日本庭園を見下ろす特等席だ。

P1270005

 ランチタイムには、

3300円で、

「サンドウィッチ&スイ-ツビュッフェ」をやっている。

チキンボロナとチェダーチーズ、

ツナとレッドキャベツコールスロー、

ハムとエッグマヨネーズ、カツサンドなど普通のサンドウイッチから、

北京ダック風ベジタブルとエッグなどの

ラップサンドウイッチ、

「天むすロール」といった変わり種まで20種類以上。

 デザートも

各種ケーキやゼリーなど。

 ピラフやパスタ、スープもある。

 午後になると日差しの関係からブラインドを下ろすので、

行くなら早い方がよいかも。

       ※

千代田区紀尾井町4-1

03-5226-0246

11:30~14:00
(土日祝は~14:30)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月27日 (日曜日)

映画「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」(2007年、英)

  ★★★★☆

「Bean」(1997年、英)から10年ぶりのRowan Atkinson主演のコメディ。

原題は「Mr. Bean's Holiday 」。 

 教会のくじで、カンヌ旅行と200ユーロ、それにSONY製ハンディカム

(これが全編にわたって重要な役割を果たす)が当たったBean氏、

喜び勇んでユーロスターに乗り込む。

Bean氏は「ウイ」、「ノン」、それになぜか「グラシアス」と外国語も話すが、

例のごとく、どこへ行っても周囲の人に迷惑のかけどおしだ。

パリのリヨン駅のレストランで隣り合わせた

上品なマダムはカキを大量にバックに入れられ、

TGVに乗り込もうとしていたカンヌ映画祭の審査員と

その息子Stepan(Max Baldry)は親子離れ離れにされる。

 責任を感じたBean氏はStepanと2人で、カンヌを目指す。

途中で知り合った女優の卵Sabine(Emma de Caunes)も加わり、

道中はにぎやかになる。

南フランスの田園風景がきれいだ。

 やっとのことでカンヌに着くと、

Sabineがチョイ役で出ている映画が始まっていたーー。

 クライマックスに向けて大きな仕掛けが用意されており、

思わず手に汗握ってしまった。

ハッピーエンドの後、

Bean氏が、交通量の多い道路を、

車の屋根伝いに上手に横切り、

劇場から地中海へと向かう。

そして出演者が名曲「ラ メール」の大合唱。

感動した。

「Mr.ビーン」を観て感動するとは。

 「みゆき座」にて。 

       0191b697

[監]スティーブ・ベンデラック
[案][総]サイモン・マックバーニー
[出]ローワン・アトキンソン、エマ・ドゥ・コーヌ、
 マックス・ボルドリー、ウィレム・デフォー
[上映時間] 89分

| | コメント (5) | トラックバック (11)

2008年1月26日 (土曜日)

本「こんなに使える経済学 -肥満から出世まで」

 (ちくま新書701、大竹文雄編

        ※

              

序 「経済学は役立たず」は本当か

1 なぜあなたは太り、あの人はやせるのか

2 教師の質はなぜ低下したのか

3 セット販売商品はお買い得か

4 銀行はなぜ担保を取るのか

5 お金の節約が効率を悪化させる

6 解雇規制は労働者を守ったのか

あとがき

       41torcizsal__aa240_

 大阪大学社会科学研究所の経済学者たちが

「週刊エコノミスト」に連載したものをまとめた。

 既存の経済学は人間の合理的な行動を前提にしてきた。

だが、

      

規制をすべきかすべきでないのかというのは、

人間の非合理性をどう考えるかでずいぶん変ってくる。

伝統的な経済学は、市場がうまく機能しないときを除いて、

そういうおせっかいは一切すべきではない、と考えていた。

ところが、非合理的なことをしてしまう人間行動を考慮すると、

おせっかいなことをした方が、よいかもしれない。

どういうときにどんなおせっかいをすればよいのかということを考えることが、

これからの経済学の中心になっていくのではないだろうか

と現代の経済学は非合理的な人間の行動にも

光を当てるようだ。

「美男美女への賃金優遇は非合理か」

「相続争いはなぜ起きる」

など心理学と経済学の両面からの分析が面白い。

(680円+税、2008年1月10日)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月25日 (金曜日)

Jacqueline du Pre

 イギリスのチェロ奏者Jacqueline du Preの

CD「EMI完全録音集(17枚組)」を手に入れた。

414bgbmkwbl_ss400_

輸入盤で1万円前後で買えた。

1枚当たりにすると5、6百円である。

 Jacquelineは16歳でデビューした後、

1971年に体の変調に気づき、

1982年に42歳で死去した。

運動神経などに障害が起る多発性硬化症だった。

チェリストとしてのJacquelineの活動は

28歳までの12間という短いものであったが、

天才の名を欲しいままに活躍し、

この全集には、名演といわれるエルガーのチェロ協奏曲・ホ短調Op.85や、

ショパン最後の楽曲となったチェロソナタ・ト短調Op.65

も収められている。

 彼女の悲劇的な運命を思いながらCDを聞くと、

感動もひとしおだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木曜日)

加湿器

  ペットボトルを(300ミリ・リットル)を利用する

スチーム式の加湿器を使って2シーズン目になる。

 おととし、新宿通りの「さくらや」家電館の閉店セールで

2000円前後で投売りしていたのを買ったものだ。

P1230010

 2台購入した内、1台はカビが発生して、

1シーズン使っただけでダメになってしまったが、

もう1台は今もけなげに蒸気を吐いている。

 同じご町内に住む「怪鳥ぴぴ」さんのブログ

加湿器購入の顛末が書いてある。

家電店店員から

「加湿器は、どんなに高級なものを買っても

カビが生えたら終わり」

とアドバイスされたそうだ。

もっともな指摘だ。

エコロジーには逆行するが、

加湿器は使い捨てと割り切るべきか。

ぴぴさんが購入したという

ヴィックスの加湿器も価格5000円と、

コストパフォーマンスはよさそうだ。

 次期加湿器として検討に値しよう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水曜日)

松床のこと

「松床」は新宿1丁目にある床屋である。

花園小学校近くのマンションの1階、
しゃれたイタリアンレストランの隣にある。
 経営者が松井さんだから「松床」というのだそうだ。
 頭を刈ってもらっているとき、
理髪師とおしゃべりする客も多いようで、
理髪師には近所の様々な情報が持ち込まれるそうだ。
 どこどこに土地を売りたがっている人がいる、
手ごろな物件を探している人がいる、
といった話を結びつけて、
実際に取引が成立したケースもあるらしい。
もちろん不動産屋ではないから
仲介料などは取らない。
 一番多い情報は、グルメ情報だという。
「松床」は、一種の地域情報ハブとして
機能しているようだ。
落語の「浮世床」の世界だ。
理髪師は話題が豊富でなければならないとつくづく思う。
 床屋といえば、大概ラジオで競馬中継を流しているものだが、
ここはクラシック音楽をかけている。
 ひげを剃ってもらいながら、
ついうとうとしてしまうのである。
たっぷり1時間かけて調髪してもらい、
料金は2900円と安い。 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火曜日)

本「地頭力を鍛える 問題解決に活かす『フェルミ推定』」

 (細谷功、東洋経済新報社
      ※
 はじめに
1 「地頭力」とは何か
2 「フェルミ推定」とは何か
3 フェルミ推定でどうやって地頭力を鍛えるか
4 フェルミ推定をビジネスにどう応用するか
5 「結論から考える」仮説思考力
6 「全体から考える」フレームワーク思考力
7 「単純に考える」抽象化思考力
8 地頭力のベース
さらに地頭力を鍛えるために
 おわりに
            Photo

 「マーフィーの法則」、「脳トレーニング」ブームの

後に流行るのは、「フェルミ推定」か?

 聞きなれない言葉だが、「フェルミ推定」とは、
「シカゴにピアノの調理師は何人いるか?」とか
「琵琶湖の水は何リットルか?」といった
容易に推定できない物理量の概数を
論理的に推定することだそうだ。
「シカゴの調律師」の例で言うと、
シカゴのピアノの台数、年間の調律の回数といった
より容易に推定できる要素に分解して、その加減乗除により、
答えを推定するのだという。
 ノーベル賞物理学者フェルミが得意だったことから、
「フェルミ推定」の名がついた。
 実際の値に近い答えを出すには、
問題をうまく要素に分解する必要があるが、
そのキーワードは、
「結論から」「全体から」「単純に」だと
筆者は主張する。
 そして、地頭が良いというのは、
「結論から」「全体から」「単純に」
考えられる人だという。
 こういう本を読むと、
ちょっとの間だけ頭が良くなった気がする。
錯覚か。
(1600円+税、2007年12月20日)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年1月21日 (月曜日)

映画「アース」(2007年、独・英)

  ★★★★★

 英BBCと「プラネット・アース」の制作陣が作ったドキュメンタリー。

原題は「Earth」。

 偶然、地軸が23・5度傾いているために四季に恵まれた地球。

北極から赤道、南極へと縦断しながら、

地球上に生息する動物と自然を紹介する。

 冬眠から目覚めたホッキョクグマ、

集団で移動するトナカイ、

水を求めてさまようアフリカゾウ、

オキアミを追って南下するザトウクジラ、

数万羽の大群で、空を自由に飛び回る渡り鳥、

氷の上で暮らすセイウチ。

 これらの動物は母子や大集団で移動する。

オオカミやライオンなどの天敵から

弱い子供を守るためだ。

 しかし襲う側の猛獣にしても、

獲物を得なければ餓死してしまう。

襲うものと襲われるものの攻防。

30頭ものライオンに襲われるアフリカゾウ、

子供を集団でホッキョクグマから守るセイウチ、

全力で逃げるけれどもオオカミに追いつかれてしまうトナカイの子供、

まさに弱肉強食である。

 カメラは動物たちの生態を粘り強く撮ると同時に、

大自然の雄大さも収めた。

 夜が明けない北極の厳しい冬、

凍てつくツンドラに訪れた春の息吹、

豊かな熱帯雨林、

轟音をたて、白い飛沫を飛ばし、流れ落ちる滝、

魔術のように自由自在に変化する南極のオーロラ。

ハイスピードカメラでの時間を圧縮した画面が

大自然の驚異を強調している。

 しかしこれらの営みも永久に続くものではない。

地球の温暖化は、奇跡ともいえる生態系のバランスを崩し始めている。

冒頭と最後に登場したホッキョクグマは

2030年の絶滅が予想されているという。

自然の警告を人類は受け止めなければならない。

これがこの映画のメッセージだ。

 象徴的なことに、

この映画に一人の人間も登場しない。

地球の主役は動物たちと大自然ということなのだろう。

 子供料金を500円にしているためか、

小学校低学年位の子供たちも多く劇場に来ていた。

皆、騒ぎもおしゃべりもせず、

じっと画面を見ていたのが印象的だった。

 「新宿バルト9の8」にて。

       ※

[監][脚]アラステア・フォザーギル、
    マーク・リンフィールド
[製]アリックス・ティドマーシュほか
[脚]デビッド・アッテンボローほか
[音]ジョージ・フェントン
[日本語版の語り]渡辺謙
[上映時間] 98分

| | コメント (4) | トラックバック (50)

2008年1月20日 (日曜日)

映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(2007年、米)

     ★★★★☆

 ブロードウェイの傑作ミュージカルを、

Tim Burton 監督&Johnny Depp主演のコンビで映画化した。

原題は「Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street」。

 19世紀のロンドン。

フリート街で理髪師を営む男(Johnny Dep)が、

悪徳判事(Alan Rickman)の計略にはまり、

妻を奪われ、自らは無実の罪で投獄される。

15年後ようやく自由の身になった男は、

妻が自殺し、一人娘は判事に監禁されていることを知る。

男はSweeney Toddと名前を変え、殺人鬼となる。

床屋で髭をそりにきた客の喉を掻き切り、

1階に落とすと、パイ屋を経営するLovett夫人 (Helena Bonham Carter)が、

死体の肉を利用して、パイを作る。

 やがてチャンスが訪れ、判事に復讐を果たすが、

その後に大きな悲劇が待っていた・・・・・・・

 ユーモアと美しい音楽のおかげで、

凄惨な殺人シーンも、それほど悪趣味と感じない。

家族3人で幸せに過ごしていた昔の回想シーンを明るい色彩の映像で、

復讐鬼と化した現在を、明度を落とした映像で表現するなど、

映像も見事だ。

 「新宿バルト9の9」にて。

      512swj2b1sl__aa240_

[監]ティム・バートン
[総]パトリック・マコーミック
[製][脚]ジョン・ローガン
[出]ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、
 アラン・リックマン
[上映時間] 117分・R-15

| | コメント (10) | トラックバック (95)

2008年1月19日 (土曜日)

本「志ん生全席落語事典―CD&DVD691」

  (大和書房、保田武弘

       Sinsyo

 こんな本を待望していた。

何しろ志ん生のCDやDVDは膨大に出ているのだ。

 ややこしいことに、

十八番の『火焔太鼓』は、CDが五十一種類、DVDが二種類出ているが、

これらに使用されている音源は十種類である。『大山詣り』は、十九種類の

CDが発売されたが、全部同じ音

という状態だ。

 本書は、CD、DVDなど691枚の151演目を整理し、

あらすじ、解説をつけた。

 巻末の総覧も充実。

エエ、人間というものは、性分もいろいろでございますな・・・

などと「しゃべり出し」が付いているのが、また泣かせる。

 著者は読売新聞の元編集委員。

志ん生の落語が、いつまでも愛好されているのは、

単に面白いだけではなく、

そこには時代を超越した、

人間の生きざまが描かれているからだと思う

という言葉に同感。

労作だ。

(2300円+税、2008年1月25日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金曜日)

エラワン

 新宿3丁目の靖国通りに面した「紀伊国屋ad hocビル」

8階にあるタイ料理の店。

P1020005

 昼間は1050円でバイキングをやっている。

辛味、酸味、甘味と様々な味わいを持つタイ料理が15種類前後。

ヤムウンセン(春雨のサラダ)、カーオ・パッ(チャーハン)、

各種カレー、パッタイ(焼きソバ)などや、

サークー・ガティ(タピオカ入りココナツミルク)などのデザートもある。

タイ人らしき客も来ていたので、

味は本格的なのかも。

調度類など店のインテリアもタイ風だ。

   ※

新宿区新宿3-15-11 アドホック新宿ビル8F

03-3341-5127

ランチ  月~金   11:3015:00

     土・日・祝 11:3016:00

ディナー       17:0023:30

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木曜日)

映画「シルク」(2007年、加・伊・日)

     ★★☆☆☆

 蚕を捜しに日本に来たフランス人青年が日本娘に恋をする物語。

原題は「Silk」。

 19世紀のフランス。Hervé Joncour (Michael Pitt )は

Hélène(Keira Knightley)と幸せな新婚生活を送っていたが、

蚕を求めて日本へ旅立つ。

そこで美しい少女(芦名星)に出会い、

帰国してもその少女が忘れられなくなる。

そんなある日、日本語の恋文が届く。

Hervéは日本の少女が送ってきたのだと思い、

ますます少女への思いは募る。

 やがて妻Hélèneが死ぬ。

実は恋文は、Hélèneが日本人のマダム(中谷美紀)に

頼んで書いてもらったものだったという真相を知り、

Hervéは妻の愛の深さにに泣く。

 映像は美しく、坂本龍一の音楽も優雅だ。

そこまではいい。

 が、歴史考証がめちゃくちゃだ。

鎖国の江戸時代に言葉も分からない外国人が単身、

山形・酒田に行けるだろうか。

 役所広司扮する、英語に堪能な養蚕家の武士(?)

のハラ・ジュウベイも変だ。

そんな奴いるか?

大体、土間に掛け軸を掛けるか?

フランスで娼館を経営する中谷美紀も怪しい。

 映像の美しさとストーリーのはちゃめちゃさの

ギャップが大きい珍映画だ。

 「明治安田生命ホール」にて。

 

      Silk

[監]フランソワ・ジラール
[原]アレッサンドロ・バリッコ
[出]マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、
 役所広司、芦名星、中谷美紀、
 アルフレッド・モリーナ
[上映時間] 109分・PG-12

| | コメント (4) | トラックバック (40)

2008年1月16日 (水曜日)

米久本店

 浅草「ひさご通り」の牛なべ(すき焼き)の老舗。

浅草寺の近くという場所柄、観光客も多い。

P1040027

ちょうちんの並んだ玄関で靴を脱いで入ると、

太鼓を「ドン、ドン、ドン」と人数分鳴らして歓迎してくれた。

ワックスのかかった階段を上がって2階の座敷に。

皿に盛られた牛肉、野菜と

ご飯、味噌汁、卵、お新香、牛佃煮のセットで、

3160円(上)。

P1040022

 仲居さんの指導で、

油を敷き、肉を入れ、割り下をかける。

 割り下は濃いめのものと出汁があり、

濃さを調節できる。

 野菜や豆腐も入れて出来上がり。

特上(3790円)もあるが、

上でも十分。

牛佃煮が美味だった。

 明治の文豪も愛用したという老舗で、

文明開化の時代に思いをはせるのもいいかも。

     ※

      台東区浅草2-17-10

      電話 03-3841-6416 

      12:0020:00 (水曜日定休)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火曜日)

映画「レンブラントの夜警」(2007年、加・仏ほか)

  ★★★☆☆

17世紀オランダの画家レンブラントの名画「夜警」

(The Night Watch)制作にまつわるミステリー。

原題は「Nightwatching」。

 チューリップの球根に人々が熱狂したバブルの時代。

すでに画家として名声を獲得したRembrandt van Rijn (Martin Freeman)は

市警団から集団肖像画の注文を受ける。

市警団が絡む殺人事件を嗅ぎつけたRembrandtは、

正義感から絵で巧みに告発するが、そのため没落へ向かう。

 Rembrandtを取り巻く3人の女性、

画商の姪で妻のSaskia(Eva Birthistle)、

家政婦で妻亡き後の愛人Hendrickje(Emily Holmes)、

20歳も年下のGeertje(Jodhi May)が、

それぞれ印象深い。

 光と影が織りなすコントラストは大変美しかったが、

ストーリーはもっと良い整理の仕方があったのではないか。

 「テアトルタイムズスクエア」にて。

          ※

[監][脚]ピーター・グリーナウェイ
[出]マーチン・フリーマン、エミリー・ホームズ、
 エバ・バーシッスル
[上映時間] 139分・R-15

| | コメント (4) | トラックバック (6)

2008年1月14日 (月曜日)

本「落語家論」

ちくま文庫、柳家小三治

     ※

文庫版を手にとってくだすったみなさんへ

紅顔の噺家諸君!

ある噺家の構造

あとがき

解説 小沢昭一

         51fgeoatjel__aa240_

    

 小三治師匠が、「民族芸能を守る会」の会報に連載したエッセーをまとめた。

大部分が、後輩の噺家に向けて書かれている。

 「セリフは教わったまんまだっていい。ただし、セリフはたとえそのまんまでも、

口調や感情は自分のものでなくては絶対にいけない。絶対にだ」(会話はココロ)

 「君は十年先二十年先にどう受けるようになるかの土地を耕し、

種を蒔いておくことの毎日を過ごしているだろうか。

いいえそのうちにじゃない、

入門して弟子になったその日から始まっているんだ」(誰も助けてくれない)

 「ちなみにオレは自信なんかカケラもない。

劣等感と強迫観念の固まりだよ」(〝熱い〟噺家)

 頑固、気難しいといわれる師匠の

自分に厳しい芸に対する考え方を垣間見た。

 塩に対するこだわりなど食にこだわる姿も興味深い。

 

(724円+税、2007年12月10日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日曜日)

末広亭で初笑

 新宿3丁目の末広亭の「正月二之席」へ行った。

末広亭のような定席はひと月を

上席、中席、下席の3期間に分けて興行を行うが、

「正月二之席」は新年の顔見世的な要素が強い。

毎年実力派が大勢出演するので、

わしも見に行くようにしている。

昼の部の終盤から最後まで6時間半たっぷり堪能した。

 色物では、大神楽の柳貴家小雪が若くてかわいい。

こんな女の子が、傘の上で枡を回すのである。

しかも、いつもより多く。

海老一染之介・染太郎の時代とは隔世の感がある。

実力派の雲助は「子ほめ」、花緑は「厄祓い」、

金馬は「禁酒番屋」で楽しませてくれた。

円歌は今年79歳になるそうでおなじみ「中沢家の人々」、

直前に出た小円歌の三味線漫談、かっぽれも

正月らしく華やいだ雰囲気だ。

川柳の軍歌&ジャズ漫談、志ん駒も自衛隊漫談も

毎年恒例だが楽しませてくれた。

 暮れの「紀伊国屋寄席」に続いてのさん喬、

まくらにも時間を取ったうえ、「左甚五郎」を短縮版で聞かせてくれた。

 雨の中、立ち見、二回席も大入りの盛況はトリのこの人がお目当て、

小三治の「粗忽長屋」で初笑を締めくくった。

P1120001       

  ◎昼の部
 (略)
落 語 五街道雲助
落 語 柳家花緑
俗 曲 三遊亭小円歌
主 任 三遊亭円歌

◎夜の部
前 座 柳家緑君
落 語 柳亭こみち
落 語 柳亭燕路
落 語 三遊亭白鳥
奇 術 花島世津子
落 語 入船亭扇橋
落 語 古今亭志ん五
太神楽 柳貴家小雪
落 語 柳家はん治
落 語 三遊亭金馬
漫 才 昭和のいる・こいる 
落 語 川柳川柳
落 語 金原亭伯楽
 
- お 仲 入 り -

寿獅子 太神楽社中
落 語 春風亭一朝
落 語 柳家さん喬 
落 語 古今亭志ん駒 
紙切り 林家正楽 
主 任 柳家小三治

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土曜日)

映画「夜顔」(2006年、ポルトガル、フランス)

     ★★★☆☆

 フランス映画の往年の名作「昼顔」( Bell De Jour、1967、仏)

の後日談を描いた。原題は「Belle Toujours 」。

 裕福な家庭の妻Séverine は、夫の友人Henriの勧めで、

自らの被虐的嗜好を満たすため、

夫に内緒で高級娼婦となる。

 ここまでが「昼顔」の話。

時は流れて38年後。

夫の友人Henriは偶然、Séverineを音楽会で見つける。

Séverineは夫と死別して一人暮らしだった。

Henriは、嫌がるSéverineに、

「大事な秘密を打ち明けるから」と無理やり説得して、

夕食の約束を取り付ける。

 夕食のレストラン。

「夫に私の秘密を話したのか」と迫るSéverine。

Henriの答えは・・・・・・。

Henriには「昼顔」と同じMichel Piccoli。

Séverineは、「昼顔」のCatherine Deneuveに代わり

Bulle Ogierが扮している。

Séverineの居場所をHenriが突き止めるまでは

サスペンス映画風、

夕食のレストランはシュールな展開と、

一風変わった作品だった。

     Belletoujours

[監][脚]マノエル・ド・オリベイラ
[原]ジョゼフ・ケッセル
[製]セルジュ・ラルー
[出]ビュル・オジエ、ミシェル・ピコリ
 レオノール・バルダック
[上映時間] 70分

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年1月11日 (金曜日)

本「文章読本さん江」

 ちくま文庫、斎藤美奈子

      ※

はじめに

    Ⅰ     

サムライの帝国

 書く人の論理ーー文章読本というジャンル

 静かな抗争ーー定番の文章読本を読む

    Ⅱ

文章作法の陰謀

 正論の迷宮ーー文章読本の内容

 階層を生む装置ーー文章読本の形式

 修行の現場ーー文章読本の読者

    Ⅲ

形式主義の時代ーー明治の作文教育

 個性化への道ーー戦前の綴り方教育

 豊かさの中でーー戦後の作文教育

    Ⅳ

下々の逆襲

 スタイルの変容ーー文章読本の沿革

 様々なる衣装ーー文章読本の行方

あとがき

追記『文章読本さん江』その後

      51atodymll__aa240_

 文豪、名文家が書いた「文章読本」を、

ちょっぴり茶化しながら分析した。

文章を書くとはどういうことかを考えさせる本。

 文章読本の「5大心得」、「3大禁忌」、「3大修行法」が面白い。

「5大心得」とは

  1 分かりやすく書け

  2 短く書け

  3 書き出しに気を配れ

  4 起承転結にのっとって書け

  5 品位を持て

「3大禁忌」とは

  1 新奇な語(新語・流行語・外来語など)を使うな

  2 紋切り型をつかうな

  3 軽薄な表現はするな

「3大修行法」とは

  1 名文を読め

  2 好きな文章を書き写せ

  3 毎日書け

である。しかし、この教え通り書いたら

文章は正しく退屈なものになる」。

「『正しいこと』と『おもしろいこと』は両立しない

面白い文章を書くには「文章読本」の教えを破ってみる必要がありそうだ。

文庫化にあたりネット時代の作法を新たに書き下ろした。

  1 魅力的な見出しを付けよ

  2 改行(1行あきを含む)を多くせよ

  3 長いテキストは小見出しをつけて分割せよ

  4 漢字を減らせ

  5 ここぞという箇所は(文字のサイズや色、罫線などで)目立たせよ

そうか、目立たせるのか。

(780円+税、2007年12月10日)

 

 

       

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年1月10日 (木曜日)

映画「ゼロ時間の謎」(2007年、仏)

   ★★★★☆

アガサ・クリステイーが自作のベスト10のひとつに選んだ

本格推理小説「ゼロ時間へ」の映画化。

舞台をイギリスからフランスへ移し、

時代設定も現代にしたが、

20世紀前半の雰囲気も漂わせている。

原題(英題)は「L' Heure zéro(Towards Zero)」。

         18807446  

 富豪のCamilla夫人(Danielle Darrieux)の別荘に

数人の客が避暑に訪れた。

夫人の甥で、若きテニス選手のGuillaume(Melvil Poupaud)と

勝気で下品な妻Caroline(Laura Smet)、

上品でどこか秘密めいた前妻のAude(Chiara Mastroianni)、

そのほか一癖も二癖もありそうな男女。

執事など使用人も怪しげだ。

 晩餐で「この中に子供のころ殺人を犯した

可能性がある者がいる」とほのめかした、

夫人の友人の検事が、

その晩、ホテルに帰って不審死を遂げる。

続いて夫人も自室で撲殺されて発見された。

 捜査に乗り出したMartin Bataille警視(François Morel )は、

Guillaume(Poupaud)が犯人とにらむが・・・

 Poupaudが犯人とも、そうでない、ともとれる仕草で

観客を惑わす演技が秀逸だ。

決め手となるのは意外な動機だ。

 憂いを秘めたAude役のMastroianniは、

Marcello MastroianniとCatherine Deneuveの娘だそうだ。

美男美女を両親に持つとこんな娘が生まれるのか。

        ※

[監]パスカル・トマ
[原]アガサ・クリスティー
[出]メルビル・プポー、キアラ・マストロヤンニ、
 ローラ・スメット、ダニエル・ダリュー
[上映時間] 108分

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2008年1月 9日 (水曜日)

本「高血圧の常識はウソばかり」

 (朝日新書、桑島巌
     ※
はじめに
1 高血圧がもたらす「血管病」
2 わかってきた高血圧の正体
3 高齢者の血圧の常識が変った!
4 サラリーマンにしのびよる職場高血圧
5 正しく測って一件落着!
6 薬と賢くつきあう
7 高血圧にならないために
8 高血圧の人が危険な低血圧に!
あとがき
     41iac085kyl_aa240_
 健康に関する常識で巷に流布しているものは
「高齢者の血圧は高くてもよい」
「高齢者でも血圧は低いほうがよい」
などと、相反するものが多く、
どっちが本当か? と迷うことが多い。
 現段階では、この本に書いてあることを信じることにした。
すなわち、
・60歳以下では下の血圧を、60歳を超えたら上の血圧を
より気にしたほうがよい。
・上下の血圧の差(脈圧)が開きすぎると危ない。
・高齢者も、血圧は低ければ低いほどよい。
・脳卒中は、朝起きたときに起きやすい。
・入浴の後血圧を測ると低めになる。
(2007年12月30日、720円+税)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月 8日 (火曜日)

七福神巡りに行ったでござるの巻(番外編) 

(「七福神巡りに行ったでござるの巻」上・中・下を参照)

 「浅草名所七福神巡り」には

公式グッズとも言うべきものがある。

「福笹」、「色紙」、「福絵」の3種類だ。

最初に訪れた寺社で笹や台紙を買って、

訪問した寺社ごとに

「福笹」なら小型の絵馬をもらい、

「福絵」、「色紙」なら朱印(まあスタンプですな)を押してもらう。

「福笹」は500円、絵馬は各300円だ。

Sasa

「福絵」「色紙」の台紙は各300円、朱印は各300円だ。

Fukue Sikisi

 もちろんお守りやお札などのグッズは各寺社で独自に扱っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月曜日)

七福神巡りに行ったでござるの巻(下) 

(「」からの続き)

今戸神社・福禄寿(台東区今戸1-5-22)

P1040036

  創健は1063年と歴史のある神社。

「招き猫」の発祥の地でもあり、

社殿で2匹の大猫が「おいで、おいで」をしている。

少々吃驚した。

不動院・布袋尊(台東区橋場2-14-19)

P1040047

 760年の開創とさらに歴史のある神社。

ここの布袋様は、肩に袋がなく、

その代わりにお腹が袋の形をしている。

少々吃驚した。

石浜神社・寿老人 (荒川区南千住3-28-58)

P1040042

 724年創健と、さらに歴史がある。 

この神社だけ台東区にはない。

最後の4か所はいずれも隅田川沿いである。

コンディションが良ければ、

西に富士、北に筑波を遠望できるという。

北西にガスタンクも近望できる。

      ※

 以上9か所、徒歩で約1時間40分(参拝時間含まず)

の道のりである。

どこから回っても良いのであるが、

このブログの順序に行くと効率的である。

浅草寺近辺で食事にすると良い。

(「番外編」に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日曜日)

七福神巡りに行ったでござるの巻(中) 

(「」からの続き)

浅草寺・大黒天(台東区浅草2-3-1)

P1040030

「浅草名所七福神」のうち唯一の寺だ。

本堂は多くの参拝者でにぎわうが、

大黒天ご尊像は本堂の手前、本堂に向かって右の建物に

祭られている。

 周りには多くの露店があって楽しい。

P1040029

猿回しも出ていた。

浅草神社・恵比寿(台東区2-3-1)

P1040028

 浅草寺と同じ敷地内にあり、

江戸の信仰と文化の中心だった。

この神社で行われる三社祭は有名だ。

待乳山聖天・毘沙門天(まつちやましょうでん、台東区浅草7-4-1)

P1040033

 大根がお供えしてあったのが面白い。

大根は人間の深い迷いの心を表すとされており、

大根を供えることによって、

大聖歓喜天が体の毒を洗い清めてくれるという。

1月7日には「大根まつり」が行われる。

 (「」に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土曜日)

七福神巡りに行ったでござるの巻(上) 

 4日、かねてからの念願であった七福神巡りに行った。

七福神とは、言わずと知れた、

インドのヒンドゥー教で信仰された毘沙門天大黒天弁財天

中国の儒教で尊ばれた福禄寿寿老人布袋尊

そして日本の神である恵比寿神の7大神様である。

この神々を祀った社寺に順番にご機嫌をうかがいに行くのが七福神巡りで、

まことに日本らしい行事である。

 東京にもさまざまな七福神巡りのコースがあるようだが、

家族会議の結果、「浅草名所(などころ)七福神もうで」が初心者に

ふさわしいであろうという結論に達した。

 しかし、困ったことにこのコース

9か所の社寺を回らねばならない。

七福神に9社寺。

2か所重複している。

案内のホームページには

9は数の究み、1は変じて7、7変じて9と為す。

9は鳩であり、あつまる意味をもち、又、

天地の至数、易では陽を表す」と、

分かるようで分からないことが書いてあり、

7か所でなく9か所でも、別段問題ないらしい。

 まあ考えていても始まらないので、台東区へ向かう。

矢先神社・福禄寿(台東区松が谷2-14-1)

P1040003

 合羽橋道具街通りから少し奥に入ったこじんまりとした神社。

徳川家光がこの地に建てた三十三間堂で、

射技練成のための「通し矢」が行われたことにちなみ

「矢先神社」と名付けられた。

吉原神社・弁財天(台東区千束3-20-2)

P1040011

 明暦の大火のあと千束村に移転した新吉原遊郭の

5社が明治になり合祀され、創健。

 古代インドの川の女神がこの地に祭られているのは、

不思議といえば不思議だ。

鷲神社・寿老人(おおとりじんじゃ、台東区千束3-18-7)

P1040018

 11月の「酉の市」で有名な江戸下町を代表する神社。

寿老人だけではなく、

天照大御神や日本武尊といったビッグネームも祭られている

おそれ多い神社だ。

 (以下、「」へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金曜日)

第84回箱根駅伝

 東京箱根間往復大学駅伝競走を見に

大手町1丁目のゴール付近に行った。

現地に着いたのは、

トップの駒沢大の太田選手が銀座付近まで迫っている時分。

大手町は人、人、人・・・

人が多くてランナーなど全く見えない。

見えたのは人の頭だけ。

P1030006

ゴールの裏側に回っても状況は変わらず、

最後まで選手の姿が見られないという

情けないことに。

 報道によると、11時間5分0秒の記録で

駒大が3年ぶり6度目の総合優勝を飾り、

2位は早稲田大、3位は中央学院大だったそうだ。

 都内はこの日も正月にしては暖かな1日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木曜日)

初売り

 2日は新宿でも多くのデパートなどが店を開けた。

「初売り」である。

 一昔前までは、「初売り」の日は、

池袋が2日、銀座が3日、新宿が4日というように、

地区ごとに決まっていた。

 年を追うごとに早まってきて、

とうとう都内の主要地区は一斉に2日となってしまった。

 ビックカメラやヨドバシカメラは1日から営業している。

もちろんコンビニやスーパー、ファストフード店なども

やっている。

今に百貨店も年中無休になるのだろうか。

P1020001

 わしは伊勢丹に行った。

正月から大混雑である。

「アッシュフォード」の革製の文具が格安だったので、

文庫本カバー(7350円が1050円)などを購入する。

地下に行って、ボルドーの受賞物赤ワイン3本セット(3000円)も買った。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年1月 2日 (水曜日)

初詣

 元日は新宿5丁目の花園神社に

初詣に行った。

 早い時間は混むだろうと思って、

午後4時前に到着。

それでも参詣まで約30分行列に並んだ。

P1010004

 正月は「酉の市」と違い、

露店もあまり出ていない。

甘酒屋が2、3軒というところだ。

静かな正月である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火曜日)

スーパーブッフェ グラスコート

 大晦日の昼に西新宿2丁目、京王プラザホテル2階の

「スーパーブッフェ グラスコート」に行ってきた。

Pc310006

 さすが、「新宿のバイキング王者」といわれるところだけあって

和食、中華、洋食、デザートと料理の種類は充実している。

 目玉は、客席中央の「ライブキッチン」。

ここでは、シェフが客のリクエストに応じた味付けで、

ローストビーフ、

パスタ(カルボラーナ、ミートソース、ジェノベーゼ)、

アジア麺(トムヤム麺、味噌ラーメン)

を調理してくれる。

カルボラーナなんか、

直径50センチの巨大チーズを繰り抜いたボウルの中で

パスタを混ぜて作ってくれるぞ。

 一般のメニューでは、ビーフカレー、エビチリソース、刺身

などというありふれたものもあるが、

ホテルらしく、「ハリハリトラウトのイタリアンドレッシング」、

「ウニのフラン、サフランジュレ」、「シーフードとマンゴのオロールソース」

などというものもあった。

 コーヒー・紅茶は料金に含まれている。

さすが、「税込価格に10%のサービス料を別途頂戴する」だけあって、

従業員のサービスもいきとどいている。

料金(土・日・祝のランチ、大人)は3465円+サービス料。

正月は多少高くなるようだ。

        ※新宿区西新宿2-2-1

  新宿区西新宿2-2-1新宿区西新宿2-2-1

  03-3344-0111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もよろしく

新年 あけまして

 おめでとうございます

今年もよろしくお願い致します

 Pc310001

            

 2008年元旦      

                富久亭

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »