« 本「こんなに使える経済学 -肥満から出世まで」 | トップページ | ガーデンラウンジ@ホテルニューオータニ »

2008年1月27日 (日曜日)

映画「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」(2007年、英)

  ★★★★☆

「Bean」(1997年、英)から10年ぶりのRowan Atkinson主演のコメディ。

原題は「Mr. Bean's Holiday 」。 

 教会のくじで、カンヌ旅行と200ユーロ、それにSONY製ハンディカム

(これが全編にわたって重要な役割を果たす)が当たったBean氏、

喜び勇んでユーロスターに乗り込む。

Bean氏は「ウイ」、「ノン」、それになぜか「グラシアス」と外国語も話すが、

例のごとく、どこへ行っても周囲の人に迷惑のかけどおしだ。

パリのリヨン駅のレストランで隣り合わせた

上品なマダムはカキを大量にバックに入れられ、

TGVに乗り込もうとしていたカンヌ映画祭の審査員と

その息子Stepan(Max Baldry)は親子離れ離れにされる。

 責任を感じたBean氏はStepanと2人で、カンヌを目指す。

途中で知り合った女優の卵Sabine(Emma de Caunes)も加わり、

道中はにぎやかになる。

南フランスの田園風景がきれいだ。

 やっとのことでカンヌに着くと、

Sabineがチョイ役で出ている映画が始まっていたーー。

 クライマックスに向けて大きな仕掛けが用意されており、

思わず手に汗握ってしまった。

ハッピーエンドの後、

Bean氏が、交通量の多い道路を、

車の屋根伝いに上手に横切り、

劇場から地中海へと向かう。

そして出演者が名曲「ラ メール」の大合唱。

感動した。

「Mr.ビーン」を観て感動するとは。

 「みゆき座」にて。 

       0191b697

[監]スティーブ・ベンデラック
[案][総]サイモン・マックバーニー
[出]ローワン・アトキンソン、エマ・ドゥ・コーヌ、
 マックス・ボルドリー、ウィレム・デフォー
[上映時間] 89分

|

« 本「こんなに使える経済学 -肥満から出世まで」 | トップページ | ガーデンラウンジ@ホテルニューオータニ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」につき
ブログに記載された方を対象として、
もしよろしければのお願いメールでございます。

このたび、Mr.ビーンとのコラボ商品開発として
「Mr.ビーン×スマートネクタイ」なるユニークな
商品の販売を開始したご案内でございます。
紳士服のコナカ全国300店舗でご覧いただける
本商品につきまして、もしよろしければ、ブログに
リンク張りのほど、よろしくお願い申し上げます。

■ Mr.ビーン公式ウェブサイトでのご案内
http://blog.eigafan.com/beansworld2/product/

■ スマートネクタイ直営店
http://www.royal-derby.com/

■ 紳士服のコナカ・ウェブサイトでのご案内
http://www.konaka.co.jp/item/61/61_007.html

投稿: ロイヤルダービー.com | 2008年1月28日 (月曜日) 11時57分

夜警でのトラックバック グラシアスです。
ポップコーン率の高い劇場でのビーン鑑賞
このラスト、いいですよね♪
私も感動しました。

投稿: 満月 | 2008年1月30日 (水曜日) 16時08分

>満月さま
 ビーンを「食わず嫌い」な人にも見てほしいですね。
ハチャメチャなことをやりながら、
最後には周りの人がなぜか幸福になってしまう。
 イギリスのコメディの素晴らしさに舌を巻きました。

投稿: 富久亭 | 2008年1月31日 (木曜日) 07時19分

こんにちは。
勝手にリンクを貼り失礼いたしました。
TBありがとうございます。

富久亭さんの感想を読まなければ、うっかり見損ねてしまうところでした。
感謝です!

投稿: Yukiko T. | 2008年2月 7日 (木曜日) 10時07分

>Yukiko T.様
 きっとYukiko さんと私は
感動の「ツボ」が一緒なのですね。

 2006年からブログをやっている「大先輩」
(年は私よりだいぶ若いでしょうが)の
Yukiko さんのブログ、
「ハピネス道」を
いつも拝見しています。

 

投稿: 富久亭 | 2008年2月 7日 (木曜日) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/17843430

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」(2007年、英):

» Mr.ビーン&銀魂&交渉人 [別館ヒガシ日記]
Mr.ビーン カンヌで大迷惑は今年の劇場鑑賞2作目の鑑賞だったのだけど が降る火曜9時半から鑑賞し客6人だったが最後が上手かったね 冒頭からビーンが抽選で616番から919番にしてカンヌ旅行を獲得したけど タクシー間違えでリヨンまで歩いてリヨン駅で監督を置... [続きを読む]

受信: 2008年2月 1日 (金曜日) 20時33分

» 「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」 爆笑ロードムービー! [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画 劇場予告を見て、実はためらっておりました。 TVシリーズと比べると、劇場版はイマイチ…という印象があったため。 ところが、いつも拝見しているブログ「富久亭日乗」で、 富久亭さんが「最後のラ メールの大合唱。感動した。」と 書いていらしたので急に興味がわいたのです。 私よりもっと「気乗りしない」と言っていた良人も 「なに?ラ メールとな?観る 観る!」と急に乗り気になり 近所のシネコンのレイトショーにいそいそと出掛けてきました。 爆笑! ... [続きを読む]

受信: 2008年2月 7日 (木曜日) 00時24分

» 『Mr.ビーンカンヌで大迷惑?!』 [たーくん'sシネマカフェ]
TOHOシネマズのポイント使用で無料鑑賞してきました。Mr.ビーン  (c)2006UniversalStudios.ALLRIGHTSRESERVED.原題:Mr.BeansHoliday監督:スティーブ・ベンデラック出演:ローワン・アトキンソン、エマ・ドゥ・コーヌ、マックス・ボルドリー、ウィレ...... [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日曜日) 12時35分

» Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! [傲慢映画評論家見習中]
{{{ [ あらすじ ] ミスター・ビーン(ローワン・アトキンソン)は、教会のくじ引きで、フランスでの1週間の休暇とビデオカメラが当たる。 そして彼は一路パリへと向かうが、乗り換えの駅とは全然違う場所にたどり着く。 どうにかしてカンヌ行きの列車に乗り込むものの、自分を撮影してもらっていた乗客(カレル・ローデン)をホームに残して列車が発車してしまい……。 (シネマトゥデイ) }}} あの変態オヤジが帰ってきましたね〜(爆 どこまでもくだらない映画なん..... [続きを読む]

受信: 2008年2月12日 (火曜日) 08時58分

» 「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」 [古今東西座]
ちょっと自信ないけど、これってもしかして かなりの傑作だったんじゃないの? 自信がないのは、観に行った劇場の僕の周りにいた観客の反応が極めて冷ややかだったから。エンドロールが始まった途端に大勢立ち上がって出て行ってしまい、FINまで観てたのは3人だけという寂しさ。僕はすっごく満足していて、大団円となる最後のミュージカルシーンで思わず拍手したくなったというのに、上げかけた手の行き場がなくなってしまった。映画を観て拍手したくなったなんて滅多にないことなのに、他の観客の薄情さはど~ゆ~こと? 実はMr.ビ... [続きを読む]

受信: 2008年2月12日 (火曜日) 22時53分

» 「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ローワン・アトキンソン、エマ・ドゥ・コーヌ、ウィレム・デフォー、カレル・ローデン、マックス・ボルドリー、他 *監督:スティーヴ・ベンデラック 感想・評価・批評 等..... [続きを読む]

受信: 2008年2月13日 (水曜日) 07時13分

» Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
お久しぶりのMr.ビーンの大冒険は、ビデオ片手に仏のカンヌに行く旅だ。物語は、迷子の少年を道連れにしたおバカ満載のロード・ムービーである。感心するのはサイレント映画にも通じるローワン・アトキンソンの見事なパフォーマンス。セリフはなく表情と動きだけで笑わせる。...... [続きを読む]

受信: 2008年2月13日 (水曜日) 09時46分

» 映画 「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」 [ようこそMr.G]
映画 「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」 を観ました。 [続きを読む]

受信: 2008年2月13日 (水曜日) 10時12分

» Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! [傲慢映画評論家見習中]
{{{ [ あらすじ ] ミスター・ビーン(ローワン・アトキンソン)は、教会のくじ引きで、フランスでの1週間の休暇とビデオカメラが当たる。 そして彼は一路パリへと向かうが、乗り換えの駅とは全然違う場所にたどり着く。 どうにかしてカンヌ行きの列車に乗り込むものの、自分を撮影してもらっていた乗客(カレル・ローデン)をホームに残して列車が発車してしまい……。 (シネマトゥデイ) }}} あの変態オヤジが帰ってきましたね〜(爆 どこまでもくだらない映画なん..... [続きを読む]

受信: 2008年2月14日 (木曜日) 00時15分

» Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
あざとく映画賛歌を盛り込む心憎さ [続きを読む]

受信: 2008年2月14日 (木曜日) 08時28分

» Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! [peruriの劇場映画鑑賞記]
[コメント]10年前に日本でも大ヒットしたMr.ビーンの映画2作目です。前作やテレビシリー ズのように白人好みの表情や動作のみで笑いを誘うコメディにとどまらず、しっかりと練られ た脚本で知的な笑いも誘います。過去のMr.ビーンを越えた最高の作品で、素晴らしいコメデ..... [続きを読む]

受信: 2008年2月16日 (土曜日) 21時17分

« 本「こんなに使える経済学 -肥満から出世まで」 | トップページ | ガーデンラウンジ@ホテルニューオータニ »