« 本「落語家論」 | トップページ | 米久本店 »

2008年1月15日 (火曜日)

映画「レンブラントの夜警」(2007年、加・仏ほか)

  ★★★☆☆

17世紀オランダの画家レンブラントの名画「夜警」

(The Night Watch)制作にまつわるミステリー。

原題は「Nightwatching」。

 チューリップの球根に人々が熱狂したバブルの時代。

すでに画家として名声を獲得したRembrandt van Rijn (Martin Freeman)は

市警団から集団肖像画の注文を受ける。

市警団が絡む殺人事件を嗅ぎつけたRembrandtは、

正義感から絵で巧みに告発するが、そのため没落へ向かう。

 Rembrandtを取り巻く3人の女性、

画商の姪で妻のSaskia(Eva Birthistle)、

家政婦で妻亡き後の愛人Hendrickje(Emily Holmes)、

20歳も年下のGeertje(Jodhi May)が、

それぞれ印象深い。

 光と影が織りなすコントラストは大変美しかったが、

ストーリーはもっと良い整理の仕方があったのではないか。

 「テアトルタイムズスクエア」にて。

          ※

[監][脚]ピーター・グリーナウェイ
[出]マーチン・フリーマン、エミリー・ホームズ、
 エバ・バーシッスル
[上映時間] 139分・R-15

|

« 本「落語家論」 | トップページ | 米久本店 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
TBありがとうございました。
私もお邪魔させていただきました!

良かったらまた遊びにきてくださいね♪

投稿: kogood | 2008年2月 1日 (金曜日) 11時51分

>kogood様
 歯科助手をしておられるのですね。
ミュージカルは私も好きです。
 
 今後もよろしくお願いします。

投稿: 富久亭 | 2008年2月 1日 (金曜日) 20時49分

あれ コメントさせていただいたように錯覚していまして。。
この頃物忘れがはげしく。。。(>_<")

このたびはTBありがとうございました~♪
遅れましたがこちらもさせていただきました。

やっぱり光と影が美しいのですね。
見たいものです。

新宿御苑は温室もあり桜の時撮りに行きたいと思いつつ。。。

今後ともよろしくお願いいたします。


投稿: シオン★ | 2008年2月 2日 (土曜日) 17時10分

 >シオン★さま
「レンブラントの夜警」、映像の美しさが印象的でした。
新宿御苑の温室はいま改修中で、しばらく入れませんが、
暖かくなったらいろいろな花が楽しめそうです。

投稿: 富久亭 | 2008年2月 2日 (土曜日) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/17691676

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「レンブラントの夜警」(2007年、加・仏ほか):

» 「レンブラントの夜警」ピーター・グリーナウェイ [Mani_Mani]
NIGHTWATCHING 2007カナダ/ポーランド/イギリス/フランス/オランダ/ドイツ 監督・脚本:ピーター・グリーナウェイ 撮影:レイニア・ファン・ブルメーレン 出演:マーティン・フリーマン、エミリー・ホームズ、マイケル・テイゲン 、エヴァ・バーシッスル、ジョディ・メイ ちょっとうとうとしつつ観たけど、なかなか面白かったと思う。グリーナウェイ初期長編の持つ明示的な凄惨さという表現衝動は内に取り込まれ、むしろ執拗に避けているかのようにさえ見える。出産シーンで肝心の部分に人を立たせたりと、む... [続きを読む]

受信: 2008年1月29日 (火曜日) 22時07分

» 6●レンブラントの夜警 [レザボアCATs]
光と影を描いた画家として有名なレンブラント。彼の生涯のまさに光と影のその瞬間を、ドラマチックに相反性を強調する。全体的には舞台劇風に見立てた、怪作だった。 [続きを読む]

受信: 2008年1月30日 (水曜日) 15時44分

» ピーター・グリーナウェイの「レンブラントの夜警」を観た! [とんとん・にっき]
レンブラントの「夜警」は363×437cmの大作、1642年の作品です。「フランス・バニング・コック隊長の市警団」、「フランス・バニング・コック隊長の射撃隊」などと呼ばれているものですが、なぜか間違って「夜警」とされているようです。アムステルダム国立美術館に所蔵さ... [続きを読む]

受信: 2008年1月30日 (水曜日) 22時48分

» レンブラントの夜警 [kogood]
映画、『レンブラントの夜警』を見に行きました。 今年は珍しく、元日に映画館へ行かなかったので、 この映画が本年の初映画です。 今年もいろいろな作品をたくさん見に行けるといいなぁと思います。 ... [続きを読む]

受信: 2008年2月 1日 (金曜日) 11時46分

» ■映画 『レンブラントの夜警』  [風彩空間]
冬の山道で〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜今日新聞の映画評でレンブラントの文字を見て映画『レンブラントの夜警』が出たのを知りました。昨日たまたま日記にして 中のリンク先でレンブラントの作品を見た中に『夜警』があったのを思い出しました...... [続きを読む]

受信: 2008年2月 2日 (土曜日) 16時46分

» レンブラントの夜警 [利用価値のない日々の雑学]
映画が総合芸術だと思うのは、例えば、美術と音楽と文芸と舞台を1枚のスクリーンの中で表現してしまうことである。言い換えれば映画という芸術そのみのが既に色々な芸術のコラボレーションになっているのである。筆者は特に歴史物、人物物というのは好きで少し得意としている範疇であるが、しかし一方で完成され、発表されたこれらの作品に関しては見方が厳しいのかもしれない。だが、やはり筆者が高評価する作品の殆どは、この類いなのであるから、好き故になのである。 この作品は冒頭とラストのシーンが印象的だった。レンブラント... [続きを読む]

受信: 2008年2月 2日 (土曜日) 22時46分

« 本「落語家論」 | トップページ | 米久本店 »