« ガーデンラウンジ@ホテルニューオータニ | トップページ | 本「ゾウの時間 ネズミの時間ーサイズの生物学」 »

2008年1月29日 (火曜日)

店員顔

 いったい世の中に「店員顔」というものは存在するものだろうか。

存在するとして、
それは果たしてわしのことであろうか。
そう思える出来事が最近あった。
 B家電量販店で、年のころなら25歳前後と
思われる見知らぬ女性に
声をかけられた。
 「このラジカセ、MDも使えますか?」
はて、面妖な。
見ず知らずのおっさんに、かようなことを尋ねるとは。
明らかに店員と間違えておる。
しかし、せっかくのお尋ねであるから、
これは買わないほうがいいなどと
懇切丁寧なアドバイスをしておいた。
この店では、店員と間違えられるのは3度目である。
前回と前々回は、一昨年、パソコン売り場で
あんちゃんに「ウインドウズ ビスタ」
のことなどを聞かれた。
 この店特有のことではない。
勤め先の近くのK書店でも、
50歳がらみの紳士らに
2度ほど本の売り場を尋ねられた。
 わしにモノを聞いた人は、
性別、年齢、身なりも様々で、
共通点がまったくない。
わしをからかっている風でもなく、
呆けているようでもない。
まじめに店員だと思っているようだ。
 共通点といえば、
いずれも冬であり、
わしの格好は
白いシャツ、ネクタイ、濃いグレーのベスト、
それにベストからIDカードを吊るしている
ストラップが見えていたことである。
 しかし、ベストが家電量販店の制服の定番だとしても、
制服とわしのベストは明らかに違うだろうが。
 予想以上に世の中にあわてものが多いのか、
それともわしがいかにも「店員顔」なのか、
判断をつけかねておる。

|

« ガーデンラウンジ@ホテルニューオータニ | トップページ | 本「ゾウの時間 ネズミの時間ーサイズの生物学」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

分かります~。読んでいて笑ってしまいました。
多分あわてものが増えているのと、富久亭さんが「店員顔」(あるいはその場所にすご~く馴染んでいる「店員オーラ」を発しているか)なのと両方の相乗効果でしょう。

しかも富久亭さん、いずれの場合も親切に対応しているのが素晴らしいですね。相手の方にとっても、なまじ本物の店員に尋ねるより良かったかも!?

投稿: Yukiko T. | 2008年1月29日 (火曜日) 09時10分

『これは買わない方がいいですよ』
などは 店員では出来ない
適切なアドバイスですね(笑
昔ならわかって買いに来たのでしょうが
今は聞かないとわからない人も
買いに来るのでしょうね

投稿: kokoni | 2008年1月29日 (火曜日) 11時10分

わはは!おもしろい!原因はIDカード&ストラップじゃないでしょうか。私もそれで間違えて声かけたことあります。その方は「はぁ?」と、至極ごもっともな反応をされたため、間違いだと気付いたのですが・・富久亭って親切ッ!

投稿: ぴぴ | 2008年1月29日 (火曜日) 20時04分

>Yukiko T. 様
 初めまして、かな? コメントありがとうございました。
特定の店で生じる現象なので、たぶんその店の制服と似ているのだと思います。にしても間違いが多いのは、私の顔におもな原因があるのでしょうか。

>kokoni様
 2008年の今、MDラジカセを買おうというので、思わず「やめなさい」といってしまいました。
余計なお世話だったかもしれません。

>ぴぴ様
 私もIDカード&ストラップだと思います。
ぴぴさんも間違えましたか。案外私も、知らない間に間違えているのかも。

投稿: 富久亭 | 2008年1月29日 (火曜日) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/17871790

この記事へのトラックバック一覧です: 店員顔:

« ガーデンラウンジ@ホテルニューオータニ | トップページ | 本「ゾウの時間 ネズミの時間ーサイズの生物学」 »