« エラワン | トップページ | 映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(2007年、米) »

2008年1月19日 (土曜日)

本「志ん生全席落語事典―CD&DVD691」

  (大和書房、保田武弘

       Sinsyo

 こんな本を待望していた。

何しろ志ん生のCDやDVDは膨大に出ているのだ。

 ややこしいことに、

十八番の『火焔太鼓』は、CDが五十一種類、DVDが二種類出ているが、

これらに使用されている音源は十種類である。『大山詣り』は、十九種類の

CDが発売されたが、全部同じ音

という状態だ。

 本書は、CD、DVDなど691枚の151演目を整理し、

あらすじ、解説をつけた。

 巻末の総覧も充実。

エエ、人間というものは、性分もいろいろでございますな・・・

などと「しゃべり出し」が付いているのが、また泣かせる。

 著者は読売新聞の元編集委員。

志ん生の落語が、いつまでも愛好されているのは、

単に面白いだけではなく、

そこには時代を超越した、

人間の生きざまが描かれているからだと思う

という言葉に同感。

労作だ。

(2300円+税、2008年1月25日)

|

« エラワン | トップページ | 映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(2007年、米) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/17717831

この記事へのトラックバック一覧です: 本「志ん生全席落語事典―CD&DVD691」:

« エラワン | トップページ | 映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(2007年、米) »