« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の29件の記事

2008年2月29日 (金曜日)

本「怖いくらい通じるカタカナ英語の法則」(その2)

  講談社ブルーバックス 、池谷裕二

518jgpvuql_aa240_

 昨日の続きを。

実際の文章をカタカナで表記すると

このようになるという例を。

グッモーネン                

Good morning.

グラフトヌーン                

Good afternoon.

グッナイッ                     

Good night.

ナイストミーチュ             

Nice to meet you.

アイムフルムジャペアン 

I 'm from Japan.

ジャスタリルウ            

Just a little.

テンキュ                      

Thank you.

ユオウェウクム            

You are welcome.

ナラローウ                  

Not at all.

ダーツォウケイ           

That's OK.

ドンウオウリアバウレッ 

Don't worry about it.

ハオユ?                   

How are you?

ワツァッ?                  

What is up?

テイケオ                    

Take care.

ハバウシャペン?      

How about shopping?

アイウテイケッ           

I will take it.

イゼリナフ?             

Is that enough?

メヤイカミン?            

May I come in?

ゲラウラヴヒア            

Get out of here.

プリーズハヴスィーツ 

Please have a seat.

アイガーレッ             

I got it.

メイクセンス              

Makes sense.

アイナッシュオ         

I am not sure.

アイディンーノウダーッ

I didn't know that.

セイーラゲイン          

Say it again.

オユシュオ?          

Are you sure?

アイニーラキャーブ    

I need a cab.

アイムゲリンガフ    

I am getting off.

ワッシュライドゥ?    

What shuld I do?

テイケルーズィ      

Take it easy.

アイガーラゴウ      

I've got to go.

アカプラメネツ       

A couple of minutes.

ギンミスメデスン       

Give me some medicine.

アカパカーフィ プリーズ

A cup of coffee, please.

ケナイヘヴ スムウワラ?

Can I have some water?

レンミー ゲラスライス トゥゴウ

Let me get a slice to go.

ドゥヤヴ コウク?               

Do you have coke?

ケニュテイカワペクチョ?       

Can you take our picture? 

クジュウテウミ ダウリルダ ボウスタフェス? 

Could you tell me the way to the post office?

ハルアイゲットゥ トウキョウ ステイシュン?

How do I get to Tokyo station?

アイワニュル ペクミーアパテオポーッ(t)      

I want you to pick me up at the airport.

ジュマインデファイ オウペナドア?            

Do you mind if I open the door?

ワルヨーテンカバウレッ?                        

What do you think about it?

プリーッセンミスマネ ズスーネズパセボウ 

Please send me some money as soon as possible.

ワッカイナムーヴィズ ドゥユライク?       

  What kind of movies do you like?

ジュワナ レスナ ミューゼッ(c)?         

Do you want to listen to music?

アイムガナ ヴェゼタ ユナイレッステイツ 

I am going to visit the United States.

ダーツナーッワライメンッ                       

That is not what I meant.

アイドンフィーウライケッ                        

I don't feel lile it. 

アイムサポウズタゴスィアダクトゥオ        

  I am supposed to go see a docter.

ワツダネクスタッ(p)                            

What is the next stop?

ハーロンダゼッテイク?                        

How long does it take?

イツユオズイズネッ?                           

It is yours, isn't it?

アイハフタドゥマイベスッ                       

I have to do my best.

ハヴュベナセアロウ?                         

Have you been to Seattle?

アイウォズエイボラスウィム                   

I was able to swim.

ウィアダラーラスノウ                          

  We had a lot of snow.

アイシュダヴ ポーラブレアンヌー コンピューロ

I shoud have bought a brand new computer.

ユースピーク ナロンリー ジェアパニーズ バローウソウ エングレッシュ

You speak not only Japanese but also English.

 これらを70回くらい口に出して練習したら、

英米人に通じるようになるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木曜日)

本「怖いくらい通じるカタカナ英語の法則 」(その1)

講談社ブルーバックス 、池谷裕二

518jgpvuql_aa240_

 ジョン万次郎の「掘った芋いじるな」の時代から

さまざまなカタカナ英語が考案されてきたが、

この本は 気鋭の脳科学者が書いた

英語の発音学習の決定版だ。

われわれの脳の運動制御系の可塑性は

年をとっても衰えないが、

言葉を覚える能力だけは9歳を超えると急速に衰える。

大人になってからLとRを聞き分けようとしても、

ほぼ無理なのだ。

 しかし、運動系の能力である発音は別で、

LとRを言い分けることは可能だ。

であれば、

正しい読みのカタカナを使えば、

英米人にも十分通じる発音が可能になる。

 筆者は13の法則を導き、

英語をカタカナにする方法を紹介している。

法則1  「最後のLはウ」

      beautiful ビューレフォウ

法則2  「Aはエア」

           animal エネモウ

法則3  「IONはシュン」

           station sテイシュン

法則4  「最後のTはッ」

           difficult デフェカウッ

法則5  「Oはア」

           coffee カーフィ

法則6  「Iはエ」 

           business ベゼネス 

法則7  「Tはラ行」

           capital ケアペロウ 

法則8  「USはエス」

           August オーゲスッ(t)

法則9  「アーはウオア」

           bird ブオアド

法則10 「最後のアーはオ」

           paper ペイポ

法則11 「NTのTは消える」

           twenty トゥウェニ

法則12 「wはダブルU」

           woman ウウォムン

法則13 「痰(たん)は鼻づまり」

           important エンポーゥン

 何となく英語の発音に近づいた感じだ。

文章を使った例は明日のブログで。

(1000円+税、2008年1月20日)

 

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2008年2月27日 (水曜日)

「カレイのロースト ブラックオリーブソース」と「ワタリガニのトマトクリームパスタ」

 昨夜はイタリア料理の講習会であった。

20数人が集まり、

近頃では盛況だった。

2皿とも魚料理で、

時間をかけずに作れたが、

美味だった。

先生から「皆めきめき腕をあげた」

とおほめの言葉をいただく。

P2260023

▽カレイのロースト ブラックオリーブソース([c]2007津波義弘)

●材料(4人分)

カラスカレイ         4切れ 
ブラックオリーブ     適宜 
ジャガイモ(サイの目) 2個 
トマト(サイの目)   1個 
小麦粉               適宜 
バジリコ(粗みじん) 1/5パック 
オリーブ油 大さじ    3 
塩、胡椒             適宜

P2260024

●作り方

1 ジャガイモは皮をむいてサイの目に切り、
  下ゆでしておく。
2  カラスカレイはペーパーで水分を拭き取り、
  軽く塩、胡椒し小麦粉をまぶす。
  フライパンにオリーブ油をひき、
  表面をこんがり焼く。
  白ワインを入れてふたをして蒸し焼きにする。
3  カラスカレイに火が通ったら、皿に取り出し、
  フライパンにジャガイモを入れ炒め、
  色づいたら、トマト、バジリコ、ブラックオリーブを入れて
  絡めるように炒める。
4 カレイのまわりに流しかけるように
  3の具材を盛り付けて完成。

      ※

▽ワタリガニのトマトクリームパスタ([c]2007津波義弘)

●材料(4人分)

ワタリガニ       200g 
リングイネ       240g 
生クリーム       1パック 
タマネギ(みじん切り) 1/4個 
ニンニク(みじん切り) 1/2片 
タカの爪        1/2本 
マッシュドトマト    300g 
ブランデー       1/4カップ 
パセリ(みじん切り)  少々 
塩、胡椒)       適宜 
オリーブ油       大さじ3

P2260025

●作り方

1  フライパンを熱しオリーブ油をひき、
  みじん切りのニンニク、タカの爪を入れて香りと辛みを引き出し、
  続けてタマネギも炒める。
2  水洗いしたワタリガニを入れて炒め
  殻の色が赤くなって来たらブランデーを入れてフランべし
  炎が消えたらマッシュドトマトを加ええ煮込む。
  2割くらいに詰まったら
  生クリームを加えてさらに煮込む。
3  鍋にお湯を沸かしリングイネをアルデンテにゆでる。
  フライパンからワタリガニを取り出し、
  リングイネを入れて絡め塩、胡椒で味を調える。
4  お皿に渦高く盛り付け、取り出したカニを飾り、
  刻んだパセリを散らして出来上がり。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火曜日)

モンパルナス in 富久町

 新宿には坂が多い。

富久町にも坂がある。

P2110006_2

この階段はおそらく富久町でも

一番長い階段だが、

わしはひそかに

「モンマルトルの階段」と呼んでいる。

夕刻などまさに

そんな感じがぴったりくる、

パリの裏道のような印象があるが、

賛同してくれる人はあまりいない。

 どうであろうか。

モンマルトルの階段・・・

ぴったりのネーミングだとおもうがなあ。

モンマルトルの階段・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月曜日)

新世界から

 2日続きの大風の中、

池袋の東京芸術劇場へ行った。

読売日本交響楽団の演奏会を

聞くためである。

指揮は8度目の来日という

マンフレッド・ホーネック。

「チェコ・プログラム」と題した演目は、

・スメタナ/〈我が生涯から〉(ホーネック版)第1、3楽章
・モーツァルト/交響曲第38番〈プラハ〉
・ ドヴォルザーク/交響曲第9番〈新世界から〉

である。

 ポピュラーな演目のためか、

客席は満席だ。

 中学生のときカラヤンの〈新世界から〉のLPを買ったのが

初めてのクラシック経験だが、

考えてみると、〈新世界から〉を生のオーケストラで

聞くのは初めてのような気がする。

 ホーネックの指揮は、

カラヤンに比べてスローテンポではあるが、

ダイナミックでスケールの大きな響きであった。

プログラムのプロフィール欄に、

ホーネックと金原亭馬生の共通点として、

「ここぞと思う聞かせどころで声量(音)を絞る」

ことをあげていた。

なるほど。

耳をそばだてて聞く、音楽のすごさ、か。

 大風の中、聞きに来てよかった。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008年2月24日 (日曜日)

志ら乃の落語

 春一番が吹いた昨日、

新宿で半年振りに

立川志ら乃さんの独演会を聞いた。

志らく師匠の弟子で、

「二つ目」ながら並の「真打ち」以上の実力派。

独演会も精力的に開いている。

 この独演会は、制限時間90分、

客がリストの中から演目を決めるという独特のもので、

以前は50席のうちから客が5つ選んでいた。

 今回から、1席ごとに候補のネタが2、3あり、

合計3つの噺を選ぶ方式に変更したようだ。

 くじで選ばれた客がリクエストしたのは

「鬼瓦」

「だくだく」

「木乃伊取り」

の3席。

「鬼瓦」は志ら乃さんのオリジナルで、

小話を膨らませた話。

おちは軽いが、噺はブラックユーモアが効き、

面白かった。

 以前この噺を高座にかけたところ、

客から「6代目小勝さんの新作に似ている」

という指摘があったそうだ。

 電車がストップするほどの強風で、

会場のビルもミシミシ大きな音を立てていたが、

志ら乃さんは、

「まだ屋根があるだけましですよ。

祭りに呼ばれた時は、

雨の中強行して、

係員が傘をさしてくれたのはいいが、

座布団がびしょびしょで、

あたしが球根だったら

根っこが生えている」

と笑いをとっていた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土曜日)

自分のウェブログの呼び方

 ブログ内で自分のブログを呼ぶとき

何と表記するのが良いのだろうか?

 わしは「拙ブログ」を使うことが多いが、

「拙者」などに使う「拙」の古めかしい感じが

「ブログ」という新しいツールに合わず、

どうにも落ち着きが悪い。

他のブログを見ると、

・ブログ名をそのまま書く

・「本ブログ」

・「当ブログ」

・「私(わし、あたしなどの一人称を含む)のブログ」

などが多いようだ。

どれもいまひとつという感じ。

 ブログが登場してまだ日が浅いだけに、

適当な名称が定着するまで

試行錯誤が続くのだろうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金曜日)

東京ハヤシライス倶楽部(赤坂9丁目)

 六本木の東京ミッドタウン地下にある

ハヤシライスの専門店。

スタンドに10人も入れば満員の狭い店だ。

 「黒ハヤシライス」が人気らしい。

甘味と辛味の2種類に加え両方が味わえる両味もあるが、

辛味を注文。

P2160003

いわゆる「洋食屋」のハヤシとは違った、

高級感のある、気取った味だ。

野菜や肉を時間をかけて煮込んで

いるのであろう。 

旨いと言えばうまいのだろうが、

950円の割には量は少なめだった。

     ※

港区赤坂9-7-1 

03-5413-3277

11:00~21:00(L.O. 20:30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木曜日)

本「柳家小三治の落語2」

 (小学館文庫、柳家小三治

       51b9p4esphl__aa240_

 小三治師匠がTBSの「落語研究会」で演じた

名演8席を収録した。

どれもおなじみの噺だが、

出だしが良い。

師匠の口調を想像しながら、

口に出してみる・・・・・・

      ◇

睨み返し

 ええ、すっかりおしつまりましてございいますが、

昔は江戸っ子の言葉に大変気楽な言葉がありまして、

これ、何かってぇと、「どうにかなるよ」てんですね。

「どうにかなるよ、おい」

「どうしたい」

「えぇ、どうにかなんだろう」

「何が」

「いや、何だかわかんねえけど、どうにかなるよ」

なんて。どうにかなっちゃうんだそうですね。

大変いい世の中です。

       ◇

長者番付

 ええ、だんだんとこの、これからは、

休日というものが、ますます多くなるようでございますね。

ま、よろしいんじゃないですかね。

 お休みの日になりますってぇと、

みんな競って外国のほうへ出かけるというのが

昨今の風潮のようでございます。

まあ、いいですよ、いま日本は、

一応お金がありますし、

ほんとに豊かじゃないってことはみんなわかってるわけで、

何となく、いくらか金持たされて、

あやされているわけですから、えぇ。

      ◇

粗忽の釘

 ええ、このそそっかしいというのは二通りあるって言いますね。

何かってぇと、一つはまめでそそっかしい。

もう一つはてぇと、不精でそそっかしい。

まめでそそっかしいてぇのは、

どういうのかてぇますと、

何か一つのことを口に出そうと思ってもまめですからね、

あれこれ、あれこれと思い浮かんだものを口に出しまして、

なかなかそのものにつきあたらないという・・・。

      ◇

子別れ・

 ええ、昔の川柳に「弔いが山谷と聞いて親父行き」

というのがありますね。

そのころのお弔いっていうのは、いまと大分違いまして、

いったんお弔いのお宅へ集まって、

それからお寺まで、ぞろぞろ、

ぞろぞろ歩いていきます。

近きゃいいんですが、

一時間かかっても、

二時間かかっても歩いてく。

      ◇

子別れ・

 「朝帰りだんだん家が近くなり」というのがあります。

「朝帰りだんだん家が近くなり」

 ま、一度でも朝帰りをなすったご経験のある方は、

身にしみる句でございますね、

「朝帰りだんだん家が近くなり」。

恐ろしい句でございます。

      ◇

子別れ・

 「親方いるかい。親方、いるかね」

 「へい。どちらさんで。おぅお、何ですね。

えぇ、どなたかと思ったら、お店(たな)の番頭さんじゃありませんか。

ええ、もしご用があるんだったら、

わざわざじかにおいでにならねえでも、

小僧さんでも使いによこしてくれりゃ、

すぐうかがったんですが。何かご用」

      ◇

お化け長屋

 えぇ、よく他人(ひと)様から、

「のんきな商売でいいねえ」

てなことを言われますが、どうでしょう、

そう見えるんでしょうか。

中には見える人もいるし、

見えない人もいるでしょうし、

えぇ、あたくしなんざ、ほんと困るのはね、

仲間うちから言われるってことがあって、

困るんですよ。

志ん朝さんなんてぇ人は、よくいいますよ。

「おれはね、もう。かぁぁあってんで、

こう段取りを決めて、もう一言も間違えないように、

ずぁあああってんでやんなくちゃいけないのに、

いいねぇ、そっちはのんきで」

 そう見えるんですかね、うぅん。

なかなか人の苦労はわかっていただけないようです。

      ◇

薮入り

 えぇ、昔は小学校を出ますってえと、

どんな子でもみんな奉公というものに出されたもんでございます。

もちろん、その上の高等小学校だ、やれ中学だ、

またその上、上と、

勉強し続けていく子供もあったわけですが、

いまとはまるっきり違って、

ほんとうに、もう、

小学校から高等小学校に上がるのでさえ、

相当優秀であれば、

というような、そういう世の中でしたね。

 (533円+税、2008年2月11日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水曜日)

映画「エリザベス:ゴールデン・エイジ」(2007、英)

      ★★★☆☆

 16世紀末ヨーロッパでイングランドを率い黄金時代を築いた

Queen Elizabeth Iの歴史絵巻。

9年前の「Elizabeth」(1998年)に続き

Cate BlanchettがElizabethを好演した。

原題は「Elizabeth: The Golden Age 」。

 カトリック教徒も多いイングランドで

プロテスタント信徒として

即位したElizabeth、

国内に反抗分子も多いうえ、

カトリックの大国スペインもイングランドを狙っていた。

Elizabeth暗殺未遂の罪で異母姉である親戚にあたる

カトリックのMary Queen of Scots (Samantha Morton)を

死刑にしたことに怒ったスペインは

1万人の無敵艦隊で

イングランドに攻撃を仕掛ける。

Elizabeth は兵士たちの陣頭に立ち

果敢に指揮をとる・・・ 

 かなわぬ恋の思いを断ち切り、

国に殉じることを誓ったElizabethの凛々しさが印象に残る。

 無敵艦隊とのスペクタクルシーンもさることながら、

豪華な衣装と歴史的建物での撮影の

絢爛豪華さに目を見張った。  

      Elizabeth

[監]シェカール・カプール
[総][脚]マイケル・ハースト
[出]ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、
 クライブ・オーウェン、リス・エバンス
[上映時間] 114分

| | コメント (4) | トラックバック (46)

2008年2月19日 (火曜日)

公衆トイレ繁盛記

17日行われた東京マラソン。

富久西交差点には仮設公衆トイレが設置された。

P2170011

 昨年の第1回大会の時は、

トイレの数が足りなくてランナーが往生したようだ。

JR新宿駅の大ガード下では、

スタート前にトイレに行けなかった男子ランナーが用を足し、

湯気がもうもうと立ち上がったと話に聞く。

 今年はトイレの数を増やし、

富久西交差点でも、

靖国通り北側の公園に加え、

南側のトヨタ販売店横の駐車場にも

仮設トイレが設置された。

 しかし、ご覧の通りトイレは長蛇の列。

P2170015

股間を押さえながら足踏みしている男性もいる。

15分くらいのロスタイムだ。

おそらくスタート地点から最初のトイレだろうが、

こんなに多くの人であふれかえるとは。

 ランナーの皆さん、

来年は走る前に水分を取るのを極力控えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月曜日)

東京マラソン

 昨日の東京マラソンは

スタート地点から2・5キロの

靖国通り「富久西交差点」で観戦した。

P2170013 

 スタートの9時10分から7分30秒後には

トップ集団がピューッと通過、

しばらくして市民ランナーが続々と駆けてきた。

 今年も仮装したランナーが多い。

目についただけでも

女装の男(なぜに走るのに女装する必要があるのか)、

ピカチュー、ウルトラマンなどのキャラクター、

スー族の酋長(アパッチ族かもしれない)、

助さん(格さんかもしれない)、

殿様、アヒル、サンタクロース、バレリーナ

など様々だ。

かぶり物だけの人では、

はげ頭、絵馬などがいた。

みんな走りにくいだろうなあ、

なぜにそのような格好をするのか。

 トップランナー通過から約40分、 

10時を回ってもまだランナーが後ろからくる。

30000人が走るとはすごいことだ。

きりがないので家に帰ってTV観戦した。

ビクトル・ロスリン選手(スイス)が2時間7分23秒で優勝、

藤原新選手(JR東日本)が2時間8分40秒で2位だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日曜日)

ロートレック展

 六本木のサントリー美術館で「ロートレック展」を見た。

P2160006

19世紀末のパリの歓楽街に暮らす人々を

描き続けたHenri de Toulouse-Lautrec。

キャバレーやカフェのリトグラフのポスターが有名だが、

案外大きいものなのですね、

大人の身長ぐらいある。

有名な「ディヴァン・ジャポネ」は、

ディヴァン・ジャポネ(日本の長椅子)という

演芸喫茶のポスターだ。

Img_large03

昔のパリの喫茶店にはコメディアンや音楽家が

芸を見せる形式の店があったらしい。

 Toulouse-Lautrecの絵には肖像画も多いが、

モデルを必要以上に写実的に描いたことから、

モデルになった女性から苦情が出たらしい。

会場に並べてあったモデルの写真と

Toulouse-Lautrecの絵を

見比べると、

「そりや苦情もでるわな」である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土曜日)

遊食菜彩いちにいさん

 ランチの黒豚の野菜蒸しセット(1050円)がうまい。

P2100001

かごしま黒豚のバラ肉を湯にくぐらせ

しゃぶしゃぶにしてポン酢で食べる。

蒸した野菜も同じようにポン酢で。

ちらし寿司と豚汁が付いてくる。

 この店は夜もお勧めだ。

「そばつゆ仕立て黒豚しゃぶ」やさつま揚げなど。

鹿児島の本格焼酎や地ビールもある。

鹿児島県のアンテナショップだけに、

良質のものが安く食べられる。

店員の応対も気持ち良い。

土日もやっている。

      ※

中央区銀座西3-1 銀座インズ1 B1

03-3535-1233

月~土 11:00~22:30
日・祝 11:00~21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金曜日)

ルーヴルのタペストリー

 先の3連休中、上野の森の都美術館で
「ルーヴル美術館展 フランス宮廷の美」を見た。

P2110005

 革命前のフランス王室の、
贅の限りを尽くした品々に圧倒された。

中でも目を引いたのがタピストリー。
4畳半ほどの大きさの「オペラ悲劇と喜劇の舞台」を表したものや、
なぜかドン・キホーテの図柄の連作(287×34センチ)もあった。

ドン・キホーテの図柄のものは、

1785-1787年、ルイ16世の時代に作られたもので、

1センチに付き10本くらいの糸が使われているという。

 「Wikipedia」によると、
装飾的なタペストリーが中世ヨーロッパで
隆盛を極めた一つの理由に、
ポータビリティがあげられる。
王たちや貴族たちは
屋敷や別荘や旅先へ
タペストリーを丸めて持ち運び、
到着すると壁に掛けて楽しんだ。

また冬の間、
防寒用として熱を逃がさないために
城の部屋の壁にタペストリーを
飾ることもあったという。

防寒用か。
フランスの城も寒そうだからなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木曜日)

本「時計じかけのハリウッド映画 脚本に隠された黄金法則を探る」

 (角川SSC選書、芦刈いづみ・飯富崇生

         ※

まえがき

1 ハリウッド映画のタイムテーブル

2 テーマとキャラクター設定

3 ハリウッド・スタイルの確立

4 日本映画はいかに翻訳されたか

5 傑作? 駄作? フォーマット崩しのリスク

6 映画産業とアカデミー賞

7 脚本家というアメリカンドリーム

あとがき

使用映画一覧

        41edjfzdabl__aa240_

 カリフォルニア州立大で学んだ著者らが

ハリウッド映画の脚本に共通の構成法を明らかにした。

どうもハリウッド映画には似たようなものが多いと思っていたら、

こんなフォーマットがあるとは。

  ◇

2時間のハリウッド映画は、

観客を物語に引き込む「アクト1」(30分)、

物語が動く「アクト2」(1時間)、

物語が解決する「アクト3」(30分)

に分けられる。

「アクト1」

・イントロダクション(0-30分)

  主役、映画のジャンル、ストーリー背景、映画の雰囲気を映像によって説明。

  主要登場人物が出てくる。

・インサイティング・インシデント(5-10分)

  日常から非日常へ、物語が一瞬で動き出す。

  主人公はこの変化にリアクションを起こす。

・ファースト・ターニング・ポイント(20-30分)

  主人公の立場が反転する。

  インサイティング・インシデントで悪い方向に進んでいた場合、

  助けが現れたり、解決策が見つかったり、状況が好転する。

「アクト2」

・ミッド・ポイント(60分)

  ストーリーが本題に入り加速する。

  引き返せない状況に追い込まれる。

  今まで他人ごとだと思っていたことが、自分のことになる。

・セカンド・ターニング・ポイント(90-100分)

  クライマックスへの突破口。主人公に不幸な現実が降りかかる。

  しかし、何かのきっかけで、その状況からの脱出方法を見つけることができる。

「アクト3」

・クライマックス(90-120分)

  物語は盛り上がる一方で、一気に問題が解決していく。

・エンディング(115-120分)

  ゴールに到達し、日常に戻っていく。

  冒険を終えた主人公の成長を見せる。

という具合である。

   ◇

キャラクター設定にも法則がある。

・主人公(プロタゴニスト)

  主人公には映画終了までに到達する目標点(ゴール)がある。

  ゴールを目指して、彼は常に自発的に、アクティブに行動する。

・敵役(アンタゴニスト)

  主人公同様ゴールがある。必ずしも悪者とは限らない。

・助言者(メンター)

  必ずしもいる必要はない。

  ◇

メインストーリとサブストーリーがあり、サブストーリーも「アクト1-3」も構成になっている。

(760円+税、2008年2月28日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水曜日)

コカレストラン

 昨夜日比谷の「コカラストラン」に行った。

タイスキはタイ王国の料理である。

P2120002

タイの人は「すき焼き」を
タイ風にアレンジした料理だと思っているらしいが、
「すき焼き」というよりは、
「しゃぶしゃぶ」に似た鍋料理である。
 エビなどの海鮮類や白菜などの野菜、
つみれなどをスープで煮て、
唐辛子の入った
すっぱ辛いたれにつけて食す。
最後にはご飯を入れておじやにしたり、
ラーメンを入れたりもする。
 シンガポールにいたころは、
「コカ レストラン」の支店が高島屋に入っていて、
時々行った。
 バンコクの本店にも出張のたびに行ったものだ。
暑い東南アジアで食べるタイスキもうまいが、
冬の日本で食べるタイスキも
なかなかなものである。
      ※
千代田区有楽町2-1-11

03-5251-4377

11:00~14:30
17:00~23:00(L.O.22:00)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月12日 (火曜日)

ヨドバシの新館

 JR新宿駅の東口で竣工以来

2年以上も空室が続いていた

ヨドバシカメラの9階建てビルが、

「ケータイ ワンセグ館」として

オープンした。

P2100003

 スペースが小さく、

適当なテナントが見当たらないのに加え、

駅前という立地条件の良さから、

ヨドバシ側も強気の家賃設定をしたのだろう。

テナントが見つからず、

最近は1階だけ携帯電話売り場にしていた。

 とうとう自社で使うことにしたわけで、

2階にソフトバンク、3階にNTTドコモ、4階にau、

5階にウィルコム、6階にイー・モバイルと、

階ごとにキャリアを分けたほか、

1階は携帯電話の展示コーナー、

地階はアクセサリー、電池売り場とした。

 まさに狭いながら携帯電話の殿堂だ。

 しかし、さすがに携帯電話だけでは全フロアは埋まらず、

7ー9階はガチャポンコーナーだ。

ケータイとガチャポン、

微妙な組み合わせではある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月曜日)

映画「ラスト、コーション」(2007年、中国・米)

  ★★★☆☆

 第2次大戦中の中国を舞台にした男女の悲恋。

原題(中国語)は「Lust, Caution (Se, jie 、色,戒)」。

 1938年、香港。

大学の演劇部の学生たちが、

親日色の強い特務機関の幹部

Mr. Yee (Tony Leung Chiu Wai)の暗殺を計画。

メンバーの女学生Wong Chia Chi(Wei Tang)は

Mr. Yeeに近づこうととする。

 しかし稚拙さから暗殺は失敗に終わる。

3年後、上海。Mr. Yee に偶然巡り合ったWongは、

かつての仲間から再び暗殺計画を持ちかけられる。

首尾よくMr. Yee と親密になったWongだが、

徐々に彼と付き合ううちに、愛が芽生える。

ダイヤの指輪をプレゼントされたとき、

Wongは思わず叫んでしまう。

「逃げて!」

そして・・・

 いい映画なのだろうが、

いまひとつWongが暗殺に参加する動機が弱く、

話に入り込めなかった。

 話題になった「アクロバチィックなベッドシーン」は、

上海雑技団ほど大げさでないので、

あまり期待しすぎないほうがよろしい。

 大戦中の香港、上海の街並みが

よく撮れており、重厚な音楽も印象に残った。

 「新宿バルト9」の3で。 

       Lustcaution_posterbig

[監][製]アン・リー
[原]アイリーン・チャン
[音]アレキサンドラ・デスプラ
[出]トニー・レオン、タン・ウェイ、
 ワン・リーホン、ジョアン・チェン
[上映時間] 158分・R-18

| | コメント (0) | トラックバック (25)

2008年2月10日 (日曜日)

映画「潜水服は蝶の夢を見る」(2007、仏・米)

    ★★★★☆

 病に倒れた仏ファッション誌「Elle」の編集長が、

不自由な体で自叙伝を綴った実話の映画化。

原題(英題)は「Le Scaphandre et le papillon(The Diving Bell and the Butterfly )」。

 42歳で人生の絶頂にいたJean-Dominique Bauby (Mathieu Amalric)は、

息子と新車でドライブ中、脳幹に梗塞を起こした。

3週間の昏睡状態の後、目覚めたのは病院のベッドの上。

医師が「ロックト・イン・シンドローム」と診断した彼の状態は、

全身麻痺だ。動くのは左目の瞼だけ。

絶望するBaubyだが、

理学療法士や言語療法士(両方とも女性で美人)の励ましで、

「ウイ」なら1回、「ノン」なら2回瞬きすることで、

会話ができるようになる。

やがてアルファベットも自在に伝えることができるようになったBaubyは、

自分の半生を記録に残そうと思いつく。

苦労の末、自伝は完成し、

その10日後、Baubyは永遠の眠りにつく。

 海中で潜水服を着ているように体は動かないが、

知能はしっかりしているBaubyの楽しみは、

過去の充実した記憶を思い出すことと、

蝶が飛び回るように自由に動く自分を想像することだ。

 冒頭から前半は、

病後昏睡から冷めたBaubyの目を通して描かれる。

 映画が始まってすぐと、

ラスト近くの脳梗塞の発作を起こしたときの回想時に

流れる名曲「ラ メール」が効果的だ。

(この曲は「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」=2007年、英=でも

効果的に使われてましたな)

 全身麻痺という大変な状態なのに、

美人の療法士にドキドキするのは、

フランス人らしい。

 病前、Baubyが飛行機の座席を譲ったために

ハイジャックに遭い、4年間もレバノンに監禁された男が、

Baubyの病気を知り、病院に会いに来るエピソードに

深いものを感じた。

 カトリック教会の巡礼地ルルドに愛人と行ったBaubyが、

愛人と別れることを決意したシーンも印象に残った。

 フランスが舞台のフランス語の映画だが、

製作、監督、撮影などは全部アメリカのスタッフだ。

「新宿バルト9の5」で。 

         Thedivingbellandthebutterfly_galler

[監]ジュリアン・シュナーベル
[原]ジャン=ドミニク・ボビー
[撮]ヤヌス・カミンスキー
[出]マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、
 マリ=ジョゼ・クローズ
[上映時間] 112分

| | コメント (7) | トラックバック (17)

2008年2月 9日 (土曜日)

パスタカフェ スパッソ

JR新宿駅西口駅前、

「ビックカメラ」が入っている小田急ハルクの

地下にある。

 ごく普通の軽食カフェだ。

 パスタが680円。

まあ、普通である。

 麺の量が2倍の「Lサイズ」も680円。

お得である。

 麺の量が3倍の「LLサイズ」も680円。

出血サービス!

 麺の量だけでが増え

ソースや具の量は変らないのであるが・・・

 観察すると、

男女ともおおむねLを頼む。

Mを注文すると、

何となく損した感じがするからか。

若い男はLLを頼む。

時折女でLLをオーダーしているのを見るが、

「ワァオ」という感じである。

     ※

新宿区西新宿1-5-1 小田急ハルクB1

03-3346-0644

10:00 - 20:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金曜日)

ご町内に駅ができる・・・か?

 どの鉄道駅からも距離があり

陸の孤島とも言われていた富久町に

駅ができるかも知れない。

近隣町内会が集まって

「都営新宿線富久町新駅誘致協議会」を結成した。

東京医科大や新宿厚生年金会館なども賛同している。

 西富久地区大プロジェクトの都市計画が決定すれば、

3500人ほど人口が増え、

外苑西通りも北へ延伸される。

 そこで、靖国通りと外苑西通りが交わる

「富久町西交差点」の地下に

都営新宿線「富久町駅」建設を請願しようというわけだ。

東京都や新宿区への陳情のための署名活動も始まった。

 しかし、冷静に考えると課題も多い。

まず、隣接駅の「新宿3丁目」、「曙橋」との

距離が近すぎやしないか。

 それに、人口が増えるといっても、

駅を作るほど利用者がいるのか。

一番の問題は巨額の費用。

だれが負担するのか。

 ご町内の駅実現の道のりは遠そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木曜日)

本「ジャズ喫茶四谷「いーぐる」の100枚」

     (集英社新書、後藤雅洋

         ※

はじめに

1 60年代ジャズ喫茶流行アルバム

2 開店当時の店のカラー

3 開店当時の新譜

4 新時代の予兆

5 時代の変わり目

6 ヨーロッパのジャズ

7 ハード・ばっぷ・リヴァイバルとベテラン

8 「いーぐる」の流行

9 他店を偵察、新発見、選曲テクニック

10 80年代以降のジャズシーン

あとがき

         41d9r6lee9l__aa240_

 ジャズ喫茶が全盛だったのは、

わしの一世代前のことで、

学生の時を含めてあまり足を踏み入れたことがない。

 著者は、現在は数少なくなった老舗ジャズ喫茶のマスターだ。

この「いーぐる」には 数回だけ言ったことがあるが、

「ジャズ喫茶は怖い」という一般のイメージとは異なり、

マスターは気さくなおっさんだ。

 この本は「いーぐる」の歴史ともいえる、

ジャズの名盤100枚を解説したものである。

 もちろんわしが聴いたことのない曲や

聞いたことのないプレーヤーも多いが、

一度は聞いてみたいという気にさせる。

「“ジャズがわかっていない”というのは、要するに

“ジャズが聴こえていない”ということなのですね。

なまじ音は誰にでも聴こえてしまうからカン違いするが、

同じアルバムを聴いていても、

耳のいい人はジャズ特有の美味しいところをちゃんと聴き取っている。

だが、慣れないとなかなかそこが掴めない

奥が深いのだ。

 (720円+税、2007年12月19日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水曜日)

天下の奇祭

 JR東日本が駅にポスターを掲示するのを

拒否したという騒動で、

岩手県奥州市で毎冬行われる

天下の奇祭「蘇民祭」のことを思い出した。

Photo_2

 

わしが奥州市(当時は水沢市といった)に住んでおったのは、

もう20年も昔のことだ。

 

 黒石寺という名刹で行われる蘇民祭は

五穀豊穣を願って、寒さの厳しい中、

荒くれ男たちが褌一枚の裸になり、

「ハァ・・揃うた揃うたよ 皆様揃うた

秋の出穂より なおよく揃うた

  ジョヤサ ジョヤサ 

ハァ・・場所だ場所だよ 山内場所だ

  上は妙見 その下薬師

 ジョヤサ ジョヤサ」

などと歌いながら、

ご神体を奪い合う祭りだ。

ねっ、奇妙な祭りでしょ。

 それを夜の10時ごろから未明にかけて行う。 

まあ、その手の祭りだけに見物客も

おかまの団体がバスでツアーに来るなど、にぎやかだ。

 褌をわざと外れるように、緩めにしている奴もいて、

何をやっているんだか。

しかし、奥州市が作った今年のポスター、

過激だなあ。

関心の向きは13日に現地へ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年2月 5日 (火曜日)

6月14日

 東京メトロ副都心線の開通日が

6月14日(土)に決まった。

東京の地下鉄では唯一

千代田、中央、港など都心の区を通らない路線だ。

池袋ー渋谷間11駅(8.9キロ)を、

8、10両編成で、

16分(急行は11分)で結ぶ。

新宿区内には

「西早稲田(にしわせだ)」(戸山3丁目)、

「東新宿(ひがししんじゅく)」(新宿7丁目)、

「新宿三丁目(しんじゅくさんちょうめ)」(新宿3丁目)

の3駅ができる。

 目下、明治通り地下では、

急ピッチで最後の仕上げが行われているようだ。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2008年2月 4日 (月曜日)

 昨日は、未明から降り始めた雪がほぼ1日続いた。

富久町も雪化粧だ。3センチくらい積った。

P2030002

東京でこんなに雪が降ったのは一昨年以来だ。

豪雪地帯からすれば小雪だろうが、

慣れない人が転んで、ケガ人続出だ。

若い頃は外に出て雪の感触を楽しんだりしたが、

年をとると、こんな日は自宅にこもっているに限る。

幸い昨日は日曜日だったので、

交通の混乱も最小限に抑えられた。

きょうは朝から晴れているが、

混乱はどの程度だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日曜日)

映画「アメリカン・ギャングスター」(2007年、米)

    ★★★★☆

 「プロヴァンスの贈りもの」(2006年、米)のRidley Scott監督と

Russell Croweのコンビに、

Denzel Washington が加わっての実録ギャングもの。

 ベトナム戦争が激しくなったジョンソン政権下の1970年代。

ニューヨークの黒人ボスの跡を継いだFrank Lucas (Denzel Washington)は、

ベトナムから純度の高いヘロインを軍用機で密輸し、

兄弟らを使って売りさばくことで、

莫大な財産を築いた。

Lucasという男、やっているこそ悪事だが、

性格は勤勉で正直、それに母親思いという、

いい奴だか悪い奴だか、よくわからぬキャラクターだ。

 一方、麻薬担当の刑事Richie Roberts(Russell Crowe)は、

悪に妥協しない正義漢だが、

ずぼらで、女にだらしなく、家庭を顧みない。

このRobertsが麻薬シンジケートの存在に気づき、

Lucasを追い詰めるストーリーだ。

 ところが、この2人、なかなか対面しない。

Robertsがボクシングの試合でLucasをカメラに収めるのが、

後半もだいぶ過ぎてから。

2人が対面するのは、勝負が完全についてからだ。

このシーンが実にいい。

死力を尽くして戦った

男と男がじっと言葉も交わさず

じっと見つめあう。

印象に残る名場面であった。

この場面の後のストーリーは付け足しにすぎない。

 いいセリフも満載だ。

「成功して敵を作るか、敗者となり友人を得るか、2つに1つだ」

「列に並べ。おれを殺したいやつはごまんといる」など。

長い映画だが、長さを感じさせなかった。

 「新宿バルト9」の5で。

    10m

[監][製]リドリー・スコット
[総][脚]スティーブン・ザイリアン
[製]ブライアン・グレイザー
[出]デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、
 キウェテル・イジョフォー、キューバ・グッディング・ジュニア
[上映時間] 157分・R-15

| | コメント (2) | トラックバック (50)

2008年2月 2日 (土曜日)

東と西を結ぶ道

 JR新宿駅の東口と西口の地下を結ぶ

東西自由通路が2016年度にも出来ることになった。

駅の東口から西口へ行く方法は地上地下含めて

いく通りかあるが、

いずれもJR駅の外側を回って行く道で、

ちょっと遠回りだ。

JR構内の通路を使うには、

入場券や定期券が必要だ。

 整備計画は、

駅構内の北地下通路(青梅通路)を

現行の幅15メートルから25メートルに広げ、

歩行者が自由に行き来できるようにする。

 これが完成したら東西の行き来は

便利になるだろう。

東口広場の再開発も進みそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金曜日)

本「H5N1型ウイルス襲来 新型インフルエンザから家族を守れ!」

      ※
はじめに
1 H5N1型新型ウイルスがやってくる・・・。
2 海外で新型インフルエンザ発生。
3 とうとう国内で新型インフルエンザ発生!
4 家族が新型インフルエンザにかかった・・・!?
5 大流行。そして・・・。
新型インフルエンザなんでもQ&A
おわりに
       82755013
 国立感染症研究所の研究員の著者が書いた
この本を読んで背筋が寒くなった。
危機は迫っているのだ。
 
 鳥インフルエンザのウイルスが変異して、
鳥から人、さらには人から人へ移ってしまう新型インフルエンザ。
 普通のインフルエンザと違い強毒性で、
全身に感染するのが特徴だ。
38度以上の高熱に襲われ、下痢、呼吸困難に襲われる。
 厚生省の予測では、日本で発生した場合、
国民の25%3200万人が罹り、死亡率は2%の64万人だという。
 怖いのは普通のインフルエンザと異なり、
抵抗力のある10、20代の若者の方が、
免疫系が過剰に反応し、死亡率が高いことだ。
 そんな恐ろしい病気が発生する危険度は、
厚生省のガイドライン6段階のうち、
すでに下から3番目のフェーズ3だそうだ。
ヒト型ウイルスの出現が確認されることを意味する
フェーズ4に限りなく近く、
フェーズ6のパンデミック(大流行)も目前だ。
 潜伏期間でもウイルスを振りまくことから、
海外で発生したら国内への進入を
とめることはまず不可能で、
飛まつ感染だけでなく、空気感染、接触感染もするから、
爆発的に広まる。
普通のインフルエンザのワクチンも効かない可能性が強い。
 病気そのものも怖いが、
社会的な混乱が恐ろしい。
なにしろいったん流行したら8週間は続き、
収束しても2波、3波が予想される。
 医療機関は患者であふれ、
食料などの物流はストップ、
公共交通機関の運行も制限される。
しかし、政府の対応といったらお寒い限りだ。
対策の切り札となるのはワクチン政策だが、
鳥インフルエンザウイルスから作る
「プレパンデミックワクチン」の
国家備蓄は1000万人分、
その摂取には国の決めた優先順位があり、
一般国民すべてにワクチンが回らない恐れがある。
 発生から半年後に出るとされる
「パンデミックワクチン」(ヒトインフルエンザウイルスから作る)
の供給数も摂取計画も明らかにされていない。
 自衛策として、
家庭では食料、日用品、医薬品を備蓄し、
いざとなったら篭城する覚悟で、
勤め先では通常の半分の人員でも
仕事ができるように段取りを考える必要があるだろう。
 あとは、手洗い、うがい、人ごみには行かない
などの注意をするしかなさそうだ。
(720円+税、2007年11月30日)
 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »