« 映画「潜水服は蝶の夢を見る」(2007、仏・米) | トップページ | ヨドバシの新館 »

2008年2月11日 (月曜日)

映画「ラスト、コーション」(2007年、中国・米)

  ★★★☆☆

 第2次大戦中の中国を舞台にした男女の悲恋。

原題(中国語)は「Lust, Caution (Se, jie 、色,戒)」。

 1938年、香港。

大学の演劇部の学生たちが、

親日色の強い特務機関の幹部

Mr. Yee (Tony Leung Chiu Wai)の暗殺を計画。

メンバーの女学生Wong Chia Chi(Wei Tang)は

Mr. Yeeに近づこうととする。

 しかし稚拙さから暗殺は失敗に終わる。

3年後、上海。Mr. Yee に偶然巡り合ったWongは、

かつての仲間から再び暗殺計画を持ちかけられる。

首尾よくMr. Yee と親密になったWongだが、

徐々に彼と付き合ううちに、愛が芽生える。

ダイヤの指輪をプレゼントされたとき、

Wongは思わず叫んでしまう。

「逃げて!」

そして・・・

 いい映画なのだろうが、

いまひとつWongが暗殺に参加する動機が弱く、

話に入り込めなかった。

 話題になった「アクロバチィックなベッドシーン」は、

上海雑技団ほど大げさでないので、

あまり期待しすぎないほうがよろしい。

 大戦中の香港、上海の街並みが

よく撮れており、重厚な音楽も印象に残った。

 「新宿バルト9」の3で。 

       Lustcaution_posterbig

[監][製]アン・リー
[原]アイリーン・チャン
[音]アレキサンドラ・デスプラ
[出]トニー・レオン、タン・ウェイ、
 ワン・リーホン、ジョアン・チェン
[上映時間] 158分・R-18

|

« 映画「潜水服は蝶の夢を見る」(2007、仏・米) | トップページ | ヨドバシの新館 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/40066062

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ラスト、コーション」(2007年、中国・米):

» ラスト、コーション [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年2月2日 公開 ダイヤモンドは永遠のしるしです! これ、いろんな意味ですごいね(つぶやきシローで) あっぱれだね(つぶやきシローで) 過激な性描写があるとは聞いてましたが。 アメリカではNC−17だそうですが、日本ではR−18です。 思いっきりボカシ入ってました。 もちろん、そこだけに圧倒されたわけじゃないのです。 このねぇ、なんと申しますか、男と女... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月曜日) 09時46分

» ラスト、コーション 55点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
SMぽいの好き 公式サイト 日中戦争期の上海を舞台に一人の女性の運命が描かれる、チャン・アイリンの自伝的小説『色|戒』を原作に、『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督により映画化。 エモーションに重点を置いた丹念な人間描写と、即物的な視覚娯楽性....... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月曜日) 10時51分

» ラスト、コーション [★YUKAの気ままな有閑日記★]
予告で観る限り、、、性描写がキツイっぽい? R-18だしムフッ【story】1940年前後、日本軍占領下の上海。ワン(タン・ウェイ)は、女スパイとしてイー(トニー・レオン)のもとへ送られる。しかし、大臣暗殺を企てる抗日青年クァン(ワン・リーホン)との間で心が揺れ動くワンは―   監督 : アン・リー  『ブロークバック・マウンテン』 『いつか晴れた日に』 原作 : アイリーン・チャン 『ラスト、コーション』(色、戒)〜2007年ヴェネチア国際映画祭金獅... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月曜日) 10時58分

» *ラスト、コーション* [Cartouche]
{{{   ***STORY***              2007年 アメリカ=中国=台湾=香港 日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のスパイのトップであるイーは、かつて香港で出会った女性ワンと再会する。数年前、香港大学の学生だったワンは、抗日に燃える演劇仲間たちとイーの暗殺計画に加わっていた。その時、イーが突然上海に帰ったことで計画は流れたが、レジスタンス活動を行う組織は、上海に戻っていたワンに再びイーの暗殺計画への協力を求める。ワンはイーに近づき、彼の愛人になることに成功。やがて二..... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月曜日) 11時05分

» ラスト、コーション 色・戒/トニー・レオン [カノンな日々]
「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督の最新作はトニー・レオン主演映画。敵同士であるはずの男女の激しい愛のドラマを描く官能スパイ映画。予告編はかなり色っぽかったので、そういうのを期待して観に行きました(笑)。 出演はその他に、タン・ウェイ、ワン・....... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月曜日) 11時08分

» 『ラスト、コーション』 [めでぃあみっくす]
ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞しながらもアカデミー外国語映画賞には諸事情でノミネートされなかったこの作品。過激な性愛描写が物議を醸したそうですが、実際に見てみるとR-18指定でも不十分ではないかと思うくらいにかなりハードなシーンでした。そんなハードなシ....... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月曜日) 14時21分

» アメリカン・ギャングスター [eclipse的な独り言 ]
 今日から死ぬほど映画見まくります。(馬鹿)さて、この映画、どちらが主演なのでし [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月曜日) 14時33分

» ラスト、コーション [eclipse的な独り言 ]
 あんまり、男を印象付けて記事を書くことはないのですが・・・でもこれは、男性全開 [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月曜日) 14時36分

» 「ラスト、コーション」 [てんびんthe LIFE]
「ラスト、コーション」シャンテシネで鑑賞 初日1回目でみるのはひさしぶり、でも2時間半の時間はなかなかつくれないからこの時間しかだめなのです。 そんなこんな、すべてに濃厚、朝一にみるべき作品ではないと思うけど、朝だからすっきりみられたかも知れません。 アン・リーは愛情表現がうめいというか、みている側の隙を突っ込んでくるのが上手ですね。 そこまでは無いだろうと思わせるのをはるかに裏切る演出。 トニーもタン・ウェイもほぼ顔だけの演技じゃないですか! ほぼ全編にわたる表情の豊かさと繊細さ。... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月曜日) 17時26分

» ラスト、コーション [Big Screen]
○ラスト、コーション(2007)/LUST, CAUTION/色・戒 ○2007年/中国・アメリカ/158min/公開2008.02.02(ワイズポリシー) ○ロマンス・サスペンス・戦争/映倫 R-18[◆◆◆◆◆◇]5/6 アン・リー監督自信が、「ブロークバック・マウンテン」の姉妹作と位置づけている作品で、いわゆる”許されない愛”を描いたもの。日中戦争最中の上海傀儡政権の実力者イー(トニー・レオン)と、彼の暗殺のために送られた女性ワン(タン・ウェイ)の性愛の物語。題名は原題のまま、 LU... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月曜日) 20時12分

» 「ラスト、コーション」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Lust, Caution」...aka「Se jie」「色・戒」2007 中国/台湾/香港/USA 女工作員と、彼女のターゲットとなる重要なる人物の男。二人が織りなす官能サスペンス・ドラマ。 主演の女工作員ワン・チアチー(マイ夫人)にタン・ウェイ。 ミスター・イーに「花様年華/2000」「インファナル・アフェアー/2002」のトニー・レオン。クァン・ユイミンにワン・リーホン。ミセス・イーに「ツイン・ピークス/TVドラマ」のジョアン・チェン。 監督は「ブロークバック・マウンテン/2006」... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月曜日) 20時57分

» ラスト、コーション 色・戒 (2007) 158分 [極私的映画論+α]
 いやぁ・・・やっぱR18でした(爆) [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月曜日) 21時09分

» 「ラスト、コーション」 LUST, CAUTION 色・戒 [俺の明日はどっちだ]
舞台は1942年、日本占領下の上海。それまで普通に生活を送っていた女子大生が、「演じることの喜び」を知り、ちょっとした恋心をきっかけとして過激な抗日運動に身を投じていき、そこにはやがて思いも寄らぬ展開が待っているという、エスピオナージュ的サスペンス要素も盛り込まれた、アン・リー監督が描く男と女の物語。 とにかく、いろんな意味でとてもとても濃密な映画。 2時間半という長尺ながら決して緊張感は途切れることがなく、「アメリカン・ギャングスター」とはまた違った意味で時間を感じさせなかった。 麻雀に興... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月曜日) 21時45分

» 映画「ラスト コーション」 [Serendipity !]
 台湾駐在の友人のお薦めの映画「ラスト コーション(戒・色)」がやっと日本公開さ [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月曜日) 22時42分

» 映画 『ラスト、コーション』 [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆日本軍占領下の上海、そして香港を舞台にチャン・アイリンの自伝的短編を『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が映画化したサスペンス・ドラマ。1942年、日本占領下の上海。抗日運動に身を投じる美しき女スパイ、ワン(タン・ウェイ)は、敵対する特務機関のリーダー、イー(トニー・レオン)暗殺の命を受ける。やがてその魅力でイーを誘惑することに成功したワンは、彼と危険な逢瀬を重ねることに。死と隣り合わせの日常から逃れるように、暴力的なまでに激しく互いを求め合う二人。しかし、運命の時は刻々... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月曜日) 23時29分

» ラスト、コーション [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
禁断の、そして極限の愛の場面にヴェネツィア騒然!「ブロークバック・マウンテン」からわずか2年、アン・リー監督が、再び全世界を衝撃の渦に巻き込んだ愛の問題作だった。 時は1942年。日本占領下の上海で、傀儡政権特務機関の顔役イーの懐に飛び込み、命を狙う女スパ...... [続きを読む]

受信: 2008年2月12日 (火曜日) 00時14分

» 『ラスト、コーション』 [はなことば]
2007年。製作国・地域:アメリカ・中国。監督:アン・リー。 見てまいりました。トニー見たさに行ってまいりました、『ラスト、コーション』。 疲れた、見るのにめちゃくちゃ体力を消耗した。でも良作、かなりの佳作。ヴェネチアで金獅子ということだそうですが、賞とるに値..... [続きを読む]

受信: 2008年2月12日 (火曜日) 17時44分

» 映画 【ラスト、コーション】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ラスト、コーション」 アイリーン・チャンの自伝的短編を『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が映画化。 おはなし:1942年、日本占領下の上海。女子学生ワン・チアチー(タン・ウェイ)は、演劇部の仲間クァン(ワン・リーホン)に感化され、過激な抗日運動に身を投じていく。やがて彼女は日本軍と通じる特務機関長、イー(トニー・レオン)のもとへスパイとして送られる。 1940年前後の中国というものを予習しておくことが重要だなと思いました。当時、重慶に蒋介石の国民党政府があったのに、日... [続きを読む]

受信: 2008年2月12日 (火曜日) 22時05分

» ●ラスト、コーション(17) [映画とワンピースのこでまり日記]
トニーのヘッドスライディング姿が見られるとはっ! [続きを読む]

受信: 2008年2月12日 (火曜日) 22時45分

» ラスト、コーション [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  幾多もの偽り、一糸まとわぬ唯一のリアル   [続きを読む]

受信: 2008年2月14日 (木曜日) 20時38分

» 『ラスト、コーション 色/戒』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ラスト、コーション 色/戒」□監督 アン・リー□原作 アイリーン・チャン□キャスト トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン ■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 日本占領下のでの中国。 実際にはもっと悲惨な描写も盛り込まれているのかと思ったけど、相変わらずの「これのどこが日本なんだ〜、あーん〜」、なんて口には出さずとも心で叫んで(笑) ほぼ隣国やないの〜(爆)  叫んでと... [続きを読む]

受信: 2008年2月17日 (日曜日) 22時29分

» ラスト、コーション [C note]
アン・リー監督と言えば『ブロークバック・マウンテン』。 ヒース・レジャーの突然の [続きを読む]

受信: 2008年2月19日 (火曜日) 18時51分

» アン・リー監督の「ラスト、コーション 色―戒」を観た! [とんとん・にっき]
1942年、日本占領下の上海。 人々に恐れられた、傀儡政権下特務機関の顔役 イー。 イー暗殺の命を受け、彼の元へと忍び寄る女スパイ ワン。 ワンはイーを誘惑し、やがてその魅力で彼を堕とすことに成功する。 人目をはばかる危険で激しい逢瀬を重ねるふたり・・・。... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 11時10分

» 「ラスト、コーション」情熱をもって生きるとは、陳腐なことなのだ。 [soramove]
「ラスト、コーション」★★★★ トニー・レオン、タン・ウェィ主演 アン・リー監督、アメリカ 中国 、2007年、158分 日本軍占領下の1942年の上海、 大学生だった主人公は、演劇仲間と抗日運動に 加わり、ある男の暗殺計画に強力する。 トニー・レオンに冷...... [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月曜日) 00時34分

» ★「ラスト、コーション」 [ひらりん的映画ブログ]
「ブロークバック・マウンテン」でオスカーを受賞したアン・リー監督の最新作。 「映倫 R-18」指定で、過激な性描写が話題の本作。 原題は「色・戒」、英題は「LUST, CAUTION」。 LUSTは「肉欲(を抱く); 渇望(する)」・・・の意味。 CAUTIONは「用心(深さ), 慎重さ, 注意(すること); 警戒, 警告」・・・の意味。... [続きを読む]

受信: 2008年2月28日 (木曜日) 02時26分

« 映画「潜水服は蝶の夢を見る」(2007、仏・米) | トップページ | ヨドバシの新館 »