« 遊食菜彩いちにいさん | トップページ | 東京マラソン »

2008年2月17日 (日曜日)

ロートレック展

 六本木のサントリー美術館で「ロートレック展」を見た。

P2160006

19世紀末のパリの歓楽街に暮らす人々を

描き続けたHenri de Toulouse-Lautrec。

キャバレーやカフェのリトグラフのポスターが有名だが、

案外大きいものなのですね、

大人の身長ぐらいある。

有名な「ディヴァン・ジャポネ」は、

ディヴァン・ジャポネ(日本の長椅子)という

演芸喫茶のポスターだ。

Img_large03

昔のパリの喫茶店にはコメディアンや音楽家が

芸を見せる形式の店があったらしい。

 Toulouse-Lautrecの絵には肖像画も多いが、

モデルを必要以上に写実的に描いたことから、

モデルになった女性から苦情が出たらしい。

会場に並べてあったモデルの写真と

Toulouse-Lautrecの絵を

見比べると、

「そりや苦情もでるわな」である。

|

« 遊食菜彩いちにいさん | トップページ | 東京マラソン »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/40144448

この記事へのトラックバック一覧です: ロートレック展:

« 遊食菜彩いちにいさん | トップページ | 東京マラソン »