« 公衆トイレ繁盛記 | トップページ | 本「柳家小三治の落語2」 »

2008年2月20日 (水曜日)

映画「エリザベス:ゴールデン・エイジ」(2007、英)

      ★★★☆☆

 16世紀末ヨーロッパでイングランドを率い黄金時代を築いた

Queen Elizabeth Iの歴史絵巻。

9年前の「Elizabeth」(1998年)に続き

Cate BlanchettがElizabethを好演した。

原題は「Elizabeth: The Golden Age 」。

 カトリック教徒も多いイングランドで

プロテスタント信徒として

即位したElizabeth、

国内に反抗分子も多いうえ、

カトリックの大国スペインもイングランドを狙っていた。

Elizabeth暗殺未遂の罪で異母姉である親戚にあたる

カトリックのMary Queen of Scots (Samantha Morton)を

死刑にしたことに怒ったスペインは

1万人の無敵艦隊で

イングランドに攻撃を仕掛ける。

Elizabeth は兵士たちの陣頭に立ち

果敢に指揮をとる・・・ 

 かなわぬ恋の思いを断ち切り、

国に殉じることを誓ったElizabethの凛々しさが印象に残る。

 無敵艦隊とのスペクタクルシーンもさることながら、

豪華な衣装と歴史的建物での撮影の

絢爛豪華さに目を見張った。  

      Elizabeth

[監]シェカール・カプール
[総][脚]マイケル・ハースト
[出]ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、
 クライブ・オーウェン、リス・エバンス
[上映時間] 114分

|

« 公衆トイレ繁盛記 | トップページ | 本「柳家小三治の落語2」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。
絢爛豪華、も素敵でしたが、あの時代をよくあらわしてる、暗さも目を見張りました。
ちなみに、メアリ・ステュアートは、元スコットランド女王で、エリザベスから見ると、いとこの子です。
異母姉もメアリで、エリザベスの前の前のイギリス女王で、やはりカトリックですが、メアリがいっぱい出てくるので、こんがらがりやすいんですよ。

投稿: sakurai | 2008年2月20日 (水曜日) 08時26分

>sakuraiさま
 ゲッゲッ、メアリ・スチュアートはいとこの子でしたか。
さっそく訂正します。ご指摘ありがとうございました。

 今、山形は雪が積もっているのでしょうか?

投稿: 富久亭 | 2008年2月20日 (水曜日) 21時16分

こんにちは。
TBありがとうございます。
私もお返しさせていただきました。

>かなわぬ恋の思いを断ち切り、
国に殉じることを誓ったElizabethの凛々しさが印象に残る。

ちょっとカッコよすぎですけれど、
女王という宿命なのですね、運命を受け入れる潔さは、
なかなかマネができないものですね。

人ってそんな強くないから…って思ってしまいました。

投稿: moriyuh | 2008年2月22日 (金曜日) 11時56分

>moriyuh様
 女王に生まれた宿命を受け入れて
成長していく。
ラストシーンのElizabethには、
強い自信がみなぎっていました。

投稿: 富久亭 | 2008年2月24日 (日曜日) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/40169283

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「エリザベス:ゴールデン・エイジ」(2007、英):

» エリザベス ゴールデン・エイジ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『敵は、外にも中にも── そして私の心にも。』  コチラの「エリザベス ゴールデン・エイジ」は、2/16公開となった16世紀の英国を治めたヴァージン・クィーンことエリザベス女王1世の人生を描く歴史映画の10年ぶりの続編なんですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪ ....... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 07時24分

» エリザベス/ゴールデン・エイジ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
前作の『エリザベス』(1988年)は当時鑑賞している。10年経って制作された本作の予告編を観るだけで、ケイト・ブランシェットの迫力に圧倒され涙が滲むほどだったので・・・公開を楽しみにしていた―【story】1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)は、プロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に、新世界から戻ったばかりの冒険家ローリー卿(クライヴ・オーウ... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 07時50分

» エリザベス ゴールデン・エイジ [迷宮映画館]
とにかく、ケイト・ブランシェットに尽きる。すごい。素晴らしい! [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 08時21分

» 感想/エリザベス:ゴールデン・エイジ(試写) [EDITOREAL]
なぜだろう、物足りないのは。『エリザベス:ゴールデン・エイジ』2月16日公開。1558年の即位から30年近くの年月が流れたエリザベス1世。彼女の前に現れた航海士のローリーは、「ヴァージン・クイーン」の誓いを立てたエリザベスの女としての一面を刺激。他方では彼女の命を狙う存在に脅かされ、さらにはスペイン無敵艦隊との戦いまで始まろうとしていた、エリザベス王朝の黄金時代を描く。 エリザベス:ゴールデン・エイジ2008年2月16日(土)日比谷スカラ座他全国ロードショー とてもゴージャスでエレガント。ケ... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 08時26分

» 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 [Sweet*Days**]
監督:シェカール・カプール CAST:ケイト・ブランシェット、クライヴ・オーウェン、ジェフリー・ラッシュ 他 1585年、エリザベス1世... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 08時37分

» 映画レビュー「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
◆プチレビュー◆エリザベス1世の心の葛藤を描く華麗な歴史劇。存在感のある演技を披露するブランシェットが魅力的だ。 【75点】  16世紀末の英国。プロテスタントの女王エリザベス1世は、カトリックの強国スペインとの勢力争いの渦中にいた。国内外の陰謀が渦巻く中、...... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 09時10分

» エリザベス ゴールデン・エイジ [花ごよみ]
監督はシェカール・カプール。  主演はケイト・ブランシェット。 98年の映画『エリザベス』の続編。 前作同様の監督・主演女優ということです。 ジェフリー・ラッシュ、 クライブ・オーウェン等が出演。 プロテスタント、カトリック、 宗教の対立が女王の周りを騒がしくする中、 イングランド女王エリザベス (ケイト・ブランシェット)は 冒険家で航海士のウォルター・ローリー (クライヴ・オーウェン)に惹かれていく。 女王であるがゆえに、 女性を封印して国を思う。 愛より国、 国民と結婚したといわれ... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 09時50分

» エリザベス:ゴールデンエイジ [Akira's VOICE]
二人のベスのファションショー。 [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 10時26分

» 劇場鑑賞「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 [日々“是”精進!]
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」を鑑賞してきました主演のケイト・ブランシェットを一躍スターに押し上げた1998年の歴史ドラマ「エリザベス」。そのラストで戴冠式に臨んだエリザベスが、その後に迎える黄金時代の幕開けを描いた続編。本作では、イングランドが当...... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 11時41分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [映画鑑賞★日記・・・]
【ELIZABETH: THE GOLDEN AGE】2008/02/16年公開(02/16鑑賞)製作国:イギリス/フランス 監督:シェカール・カプール出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、リス・エヴァンス、ジョルディ・モリャ、アビー・コーニッシュ、サマンサ....... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 11時49分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ 47点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
もうひとりは美ぼうの23歳 メアリー・スチュアート! 公式サイト 大英帝国の権勢を築いた女王・エリザベス1世の若き日を描いた、1998年の英映画『エリザベス』から約9年ぶりに、スタッフ・キャストをほぼそのまま引き継いだ続編として、前作から30年後の1580年代後半を....... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 11時52分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [めでぃあみっくす]
前作から実に9年ぶりとなる続編の公開、しかも監督や主要キャストは同じ。見る前は何かと心配要素も多かったのですが、実際に見てみるとそんなちゃちい心配などどこ吹く風の如く、前作以上に内容の詰まった作品でした。9年前は惜しくも『恋におちたシェイクスピア』のグウ....... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 12時44分

» 「エリザベス ゴールデン・エイジ」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画 豪華絢爛の衣装デザインと背景や小道具。 そしてケイト・ブランシェットの堂々たる存在感。 見応えという点では充分でしたが、ストーリーはいまひとつ…。 ラブストーリー面が強調されすぎていた感があり 前作と比べるとやや軽い気がしました。 出演者や演出が重厚だっただけに、 一人の女性としてのエリザベスではなく 「クイーン」としてのエリザベスの部分を強調した展開を期待していたのですが…。 とは言っても、ケイト・ブランシェットは素晴らしかったし 侍女のベス... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 13時19分

» *エリザベス:ゴールデン・エイジ* [Cartouche]
{{{   ***STORY*** 25歳でイングランド女王に即位したエリザベス。父王ヘンリー8世の遺志を継ぎプロテスタントの女王として即位したが、国内にはカトリック信者が大勢おり、不安と憎悪が渦巻いていた。その頃、ヨーロッパ列強はイングランドを占領すべく狙っており、スペイン国王フェリペ2世はことあるごとに圧力をかけてきた。さらにカトリック派のスコットランド女王メアリー・スチュアートの存在も火種となっていた。                                     gooより..... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 13時26分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [そーれりぽーと]
ケイト・ブランシェットのはまり役は、どうもエリザベス1世らしい。 アカデミー主演女優賞、ゴールングローブ賞主演女優賞にノミネートの『エリザベス』から10年経ち、今回、続編の『エリザベス:ゴールデン・エイジ』で、また両方にノミネートの快挙! 実は主演女優賞だけでなく、別の映画でアカデミー助演女優賞にもノミネートされている最も旬な女優。 アカデミー賞の結果発表を来週に控え、これはチェックしておかなければなりません。 と言うわけで、前作は未チェックですが、『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を観てきました。... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 13時29分

» 「エリザベス ゴールデン・エイジ」みた。 [たいむのひとりごと]
前作『エリザベス』は未見。そのままスルーするつもりで公開記念ナビ番組を見たら、本編が見たくなってしまい鑑賞(実際、相関関係など、ネタバレというよりは”予備知識”として役立ったナビ番組だった)。やはり、... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 17時28分

» 「エリザベス ゴールデン・エイジ」 [首都クロム]
 毅然と。燦然と。しかし、心の奥には不安という密偵と、女という強敵が隠れ潜んでいて、目に見える敵以上に懸念せざるを得ないものだったのかも知れない。そう思ったら、人の上に立ち・彼らを制し・君臨し続けることはどんなに孤独なことだろうと切なくなってきます。英国の歴史を語る中で、女王の内面を精緻に描いた壮大な絵巻になっているのが素晴らしい。前作は観ていませんが、どうも自らヴァージン・クイーンになる道を選んだようなので、愛する人が居ても侍女に自分を投影するしか出来ず、自分が動くか頼まない限りくちづけさえ得られ... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 18時01分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [映画のメモ帳+α]
エリザベス:ゴールデン・エイジ (2007 イギリス・フランス) 原題   ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 監督   シェカール・カプール    脚本   ウィリアム・ニコルソン マイケル・ハースト       撮影   レミ・アデファラシン                  音楽   クレイグ・アームストロング アル・ラーマン               出演   ケイト・ブランシェット  ジェフリー・ラッシュ       クライヴ・オーウェン リス・エヴァ... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 19時02分

» エリザベス ゴールデン・エイジ [映画] [mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々]
★★★★★★★★★★★ http://www.elizabeth-goldena [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 20時28分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [とんとん亭]
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 2008年 英/仏 ★★★★★ 来週から毎週と言っていい程、観たい映画が続々と来るので、昨日の夜大慌てで観て きました。 いや~、ケイト・ブランシェットの凄みのあるクイーンっぷりに圧倒されますね。 女として...... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 20時34分

» 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 [purebreath★マリーの映画館]
               スペイン無敵艦隊の襲撃、暗殺計画、禁断の愛             闘う女王は、いかにして黄金時代を築いたのか・・・『エリザベス:ゴールデン・エイジ』監督・・・シェカール・カプール出演・・・ケイト・ブランシェット、ジェフリ...... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 21時07分

» [Review] エリザベス:ゴールデン・エイジ [Diary of Cyber]
冷たく無機質な石の鳥籠。そこが女王の住まう城。 大きく広げる翼があるのに、どこまでの飛べる翼があるのに、決してその鳥籠を出ることは出来ない。すぐそこに、見果てぬ世界がある。女王が焦がれて止まない、広い世界。しかし、求めようと手を伸ばしても、時代がそれを許さない。迫り来るのは、国を脅かす敵。「自分たちが正義」と信じて疑わず、自分たちの『正義』の名の下に、他者を圧し、平伏させる、当時のヨーロッパ最強の敵。 でも、怯えて逃げるわけにはいかない。国を統べる、女王なのだから。 そして、敵は外側からだ... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 21時18分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [とりあえず、コメントです]
16世紀の英国を舞台にエリザベス女王の苦悩と戦いを描いた作品です。 前作に引き続き、ケイト・ブランシェットは圧巻でした(^^) 16世紀後半。ヨーロッパではスペインが宗教戦争をしかけて勢力を伸ばしており、 その矛先は英国にも伸びようとしていた。 一方、英国ではイングランド女王のエリザベスによって落ち着きを取り戻しつつあった。 だが、幽閉中のスコットランド女王のメアリー・スチュアートに加えてスペインの問題も浮上し、 宰相ウォルシンガム卿(ジェフリー・ラッシュ)をはじめとする側近たちは頭を悩ませて... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 22時40分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [虎猫の気まぐれシネマ日記]
『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、今回は女王の“黄金時代”を描いた歴史大作。主演はもちろん前作に続いて、エリザベス一世を演じるために生まれてきたかのようなケイト・ブランシェット。その他にジェフリー・ラッシュやアビー・コーニッシュ、クライヴ・オーウェン、サマンサ・モートン、リス・エヴァンス・... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 22時46分

» 映画 【エリザベス ゴールデン・エイジ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「エリザベス ゴールデン・エイジ」 1998年の映画『エリザベス』の続編。 おはなし:1585年、イングランド女王エリザベス(ケイト・ブランシェット)は、いまだ気の休められぬ日々を送っていた。国内にはカトリックの強大な勢力があり、国外にはスペインをはじめとして列強が虎視眈々とこの国を狙っていた。そんなときエリザベスは、野性味あふれる探険家で詩人のウォルター・ローリー(クライヴ・オーウェン)と出会う。 歴史上の同一人物を描く続編というのは珍しいのではないでしょうか。しかも同じ監督、同... [続きを読む]

受信: 2008年2月20日 (水曜日) 22時48分

» 映画『ELIZABETH:The Golden Age』劇場鑑賞 [蛇足帳~blogばん~]
“ヴァージン・クウィーン”と言われたElizabeth一世の女王即位までの物語を描いた映画作品『ELIZABETH』の続編で、約9年ぶりに同じShekhar Kapur監督と主演Cate Blanchettで製作された『ELIZABETH:The Golden Age』を観て来ました。 Cate Blanchettは9年前にこの役柄でア..... [続きを読む]

受信: 2008年2月21日 (木曜日) 00時39分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [利用価値のない日々の雑学]
英国史の中で、彼女ほど、絵にも物語にもなる人物というのはそんなに沢山いないであろう。わが国でいえば、信長、秀吉、家康といったところであろうか。不思議と年代的にも似通っているから不思議である。最近思うに、やはり世界的に色々なことが起こる潮流というのはどこかに存在していてこれは単なる偶然ではない、バタフライ・エフェクトだったり、別の言い方をすれば「神の意思」だったりするのであろう。そして、日本での織豊時代の英雄と同じく、後世にも物語になりやすいのが、このエリザベス1世であり、彼女の生きた時代である。しか... [続きを読む]

受信: 2008年2月21日 (木曜日) 01時13分

» 映画 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、再びケイト・ブランシェットを主演に迎え、エリザベス女王の“黄金時代”に焦点当てた歴史大作。当時ヨーロッパの最強国だったスペインとの宗教対立を軸に、君主として生きる女性の苦悩を画面に焼き付ける。1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)はプロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に、新世界から戻... [続きを読む]

受信: 2008年2月21日 (木曜日) 06時23分

» ケイトの黄金時代〜『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 [真紅のthinkingdays]
 ELIZABETH:THE GOLDEN AGE  16世紀後半のイングランド。プロテスタントの「ヴァージン・クィーン」として国 を統治するエリザベス(ケイト・... [続きを読む]

受信: 2008年2月21日 (木曜日) 10時04分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ♪ [Salon de Piano]
ブログネタ:アカデミー賞ノミネート★『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を語ろう♪ 参加中 16日公開の「エリザベス:ゴールデン・エイジ」を見てまいりました。           HP→☆☆☆ 前作の「エリザベス」から長年の歳月が経ち「エリザベス:ゴー... [続きを読む]

受信: 2008年2月21日 (木曜日) 14時15分

» 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「エリザベス:ゴールデン・エイジ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、アビー・コーニッシュ、トム・ホランダー、エディ・レッドメイン、ジョルディ・モリャ、サマン..... [続きを読む]

受信: 2008年2月21日 (木曜日) 16時56分

» 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Elizabeth: The Golden Age」2007 UK/フランス/ドイツ エリザベス1世に「エリザベス/1998」「あるスキャンダルの覚え書き/2006」「バベル/2006」のケイト・ブランシェット。 「エリザベス」でもエリザベスの側近フランシス・ウォルシンガムを演じた「ミュンヘン/2005」「キャンディ/2006」のジェフリー・ラッシュが老境に達したウォルシンガムを演じている。 後にエリザベスから“Sir”の称号をもらう航海士ウォルター・ローリーに「インサイドマン/2006」の... [続きを読む]

受信: 2008年2月21日 (木曜日) 21時12分

» 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 鑑賞 [猫とHidamariで]
敵は、外にも中にも――――そして私の中にも。“わが呼び名はヴァージン・クイーン   妻ならぬゆえ、主人は持たず  母ならぬゆえ、わが民の母なり神よ、この大いなる重荷を担う力をわれに与えたまえ“                      ――クイーン・エ...... [続きを読む]

受信: 2008年2月22日 (金曜日) 01時24分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ を観ました。 [My Favorite Things]
今日公開作品は観たいものがイロイロあり、悩んだ結果… [続きを読む]

受信: 2008年2月22日 (金曜日) 11時54分

» 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」:大塚二丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}ここが女子大の中でも最難関とされるお茶の水女子大よ。 {/kaeru_en4/}あんな真正面に警備員がいちゃあ、男は入りづらい。最難関て言われるのもわかる気がするな。 {/hiyo_en2/}いえ、そういう意味じゃないんだけど。 {/kaeru_en4/}しかし、男を寄せつけない雰囲気はある。 {/hiyo_en2/}あなたみたいな怪し気な男は寄せつけないかもね。 {/kaeru_en4/}ここの卒業生は、一生男とは縁のない生活を送るんじゃないのか。 {/hiyo_en2/... [続きを読む]

受信: 2008年2月22日 (金曜日) 22時03分

» 【試写会】 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 (2007) / イ... [NiceOne!!]
原題:ELIZABETH:THEGOLDENAGE監督:シェカール・カプール出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、アビー・コーニッシュ、サマンサ・モートン公式サイトはこちら。<Story>25歳でイングランド女王に即位したエリザベス(ケイト...... [続きを読む]

受信: 2008年2月23日 (土曜日) 05時01分

» 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』:英国大河ドラマのハイライト篇:Myムービー掲載 [りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど]
ケイト・ブランシェットの出世作『エリザベス』の続編。さすがに彼女の当たり役なので熱演熱演大熱演です。 [続きを読む]

受信: 2008年2月23日 (土曜日) 15時17分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [future world]
前作「エリザベス」の続編、再びケイト・ブランシェット主演ということで期待の一作。 時代は16世紀後半、エリザベス1世がイギリス女王の座に〜 側近から持ち込まれる結婚話を交わす日常、カトリック対プロテスタントなる宗教問題、スコットランドに幽閉されてる女王....... [続きを読む]

受信: 2008年2月24日 (日曜日) 00時17分

» 夏が来る。『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 [水曜日のシネマ日記]
エリザベス1世の黄金時代を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2008年2月24日 (日曜日) 11時42分

» エリザベス ゴールデンエイジ [eclipse的な独り言 ]
 映画好きの方も、当ブログの「80年代ロック・アルバム・ベスト・セレクション」に [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月曜日) 07時36分

» エリザベス:ゴールデンエイジ [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  これぞ神の領域・エリザベス   [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月曜日) 21時40分

» エリザベス・ゴールデン・エイジ [★Shaberiba ★]
永遠の伝説になった女エリザベス。女王としての孤独が胸に突き刺さる。 [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月曜日) 22時13分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ−(映画:2008年20本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:シェカール・カプール 出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、アビー・コーニッシュ、サマンサ・モートン 評価:75点 公式サイト (ネタバレあります) ケイト・ブランシェットの存在感や演技力ばかりが目に付いた....... [続きを読む]

受信: 2008年2月29日 (金曜日) 23時41分

» 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』2008・2・24に観ました [映画と秋葉原と日記]
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)(生まれ1533年・在位:1558年~1603年)は反カトリック立場でイングランド国教会と国王の至上主義の女王としてイギリスを統治し... [続きを読む]

受信: 2008年3月 5日 (水曜日) 13時14分

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [マイシネマ日記]
原題: ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 2007年 イギリス 出演: ケイト・ブランシェット/ジェフリー・ラッシュ/クライヴ・オーウェン/アビー・コーニッシュ/サマンサ・モートン *************************************************************************************..... [続きを読む]

受信: 2008年3月 7日 (金曜日) 23時04分

» 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 [cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー]
もう1本観たのが、ケイト・ブランシェット主演の『エリザベス:ゴールデン・エイジ』。もう、この映画の世界観を存分に楽しんできました。イングランドをその威厳で統治を続けるエリザベス1世だが、無敵艦隊を擁するスペインや王位継承権を主張するスコットランド女王のメ...... [続きを読む]

受信: 2008年3月 9日 (日曜日) 23時50分

« 公衆トイレ繁盛記 | トップページ | 本「柳家小三治の落語2」 »