« 「ペンネのゴルゴンゾーラクリーム」と「鶏肉の田舎煮南イタリア風」 | トップページ | 東と西を結ぶ道 »

2008年2月 1日 (金曜日)

本「H5N1型ウイルス襲来 新型インフルエンザから家族を守れ!」

      ※
はじめに
1 H5N1型新型ウイルスがやってくる・・・。
2 海外で新型インフルエンザ発生。
3 とうとう国内で新型インフルエンザ発生!
4 家族が新型インフルエンザにかかった・・・!?
5 大流行。そして・・・。
新型インフルエンザなんでもQ&A
おわりに
       82755013
 国立感染症研究所の研究員の著者が書いた
この本を読んで背筋が寒くなった。
危機は迫っているのだ。
 
 鳥インフルエンザのウイルスが変異して、
鳥から人、さらには人から人へ移ってしまう新型インフルエンザ。
 普通のインフルエンザと違い強毒性で、
全身に感染するのが特徴だ。
38度以上の高熱に襲われ、下痢、呼吸困難に襲われる。
 厚生省の予測では、日本で発生した場合、
国民の25%3200万人が罹り、死亡率は2%の64万人だという。
 怖いのは普通のインフルエンザと異なり、
抵抗力のある10、20代の若者の方が、
免疫系が過剰に反応し、死亡率が高いことだ。
 そんな恐ろしい病気が発生する危険度は、
厚生省のガイドライン6段階のうち、
すでに下から3番目のフェーズ3だそうだ。
ヒト型ウイルスの出現が確認されることを意味する
フェーズ4に限りなく近く、
フェーズ6のパンデミック(大流行)も目前だ。
 潜伏期間でもウイルスを振りまくことから、
海外で発生したら国内への進入を
とめることはまず不可能で、
飛まつ感染だけでなく、空気感染、接触感染もするから、
爆発的に広まる。
普通のインフルエンザのワクチンも効かない可能性が強い。
 病気そのものも怖いが、
社会的な混乱が恐ろしい。
なにしろいったん流行したら8週間は続き、
収束しても2波、3波が予想される。
 医療機関は患者であふれ、
食料などの物流はストップ、
公共交通機関の運行も制限される。
しかし、政府の対応といったらお寒い限りだ。
対策の切り札となるのはワクチン政策だが、
鳥インフルエンザウイルスから作る
「プレパンデミックワクチン」の
国家備蓄は1000万人分、
その摂取には国の決めた優先順位があり、
一般国民すべてにワクチンが回らない恐れがある。
 発生から半年後に出るとされる
「パンデミックワクチン」(ヒトインフルエンザウイルスから作る)
の供給数も摂取計画も明らかにされていない。
 自衛策として、
家庭では食料、日用品、医薬品を備蓄し、
いざとなったら篭城する覚悟で、
勤め先では通常の半分の人員でも
仕事ができるように段取りを考える必要があるだろう。
 あとは、手洗い、うがい、人ごみには行かない
などの注意をするしかなさそうだ。
(720円+税、2007年11月30日)
 

|

« 「ペンネのゴルゴンゾーラクリーム」と「鶏肉の田舎煮南イタリア風」 | トップページ | 東と西を結ぶ道 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/17908077

この記事へのトラックバック一覧です: 本「H5N1型ウイルス襲来 新型インフルエンザから家族を守れ!」:

» インフルエンザ潜伏期間 [インフルエンザ潜伏期間―通販情報ホームページ]
インフルエンザ潜伏期間の前後にできるインフルエンザ対策を紹介。家族がかかった方はお見逃しなく! [続きを読む]

受信: 2008年2月 9日 (土曜日) 16時36分

» ■【書評】『H5N1型ウイルス襲来』新型インフルエンザから家族を守れ!岡田 晴恵。今できることは何か。 [そこに魂はあるのか?]
【新型インフルエンザ】というものについて、分かっているようでいてまったく理解でき [続きを読む]

受信: 2008年2月19日 (火曜日) 07時17分

« 「ペンネのゴルゴンゾーラクリーム」と「鶏肉の田舎煮南イタリア風」 | トップページ | 東と西を結ぶ道 »