« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の31件の記事

2008年3月31日 (月曜日)

四谷の桜

 花冷えの昨日、

四谷に花見に行った。

赤坂見附から紀尾井ホールの前を抜け、

「ソフィア通り」の前の土手に上がる。

P3300018

桜は満開、

御座を敷いて宴会をしている人たちも目立つ。

気温11度と、

ここ数日の間では寒かったためか、

コンロで鍋を作っているグループもあった。

新宿御苑のように大混雑しているというほどではなく、

ここは花見の穴場かも。

土手の終端である「新宿通り」に着いた時、

ちょうど上智大学の教会の鐘がなった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年3月30日 (日曜日)

本「老いて賢くなる脳」

NHK出版、エルコノン・ゴールドバーグ、藤井留美(訳)
はじめに
1 あなたの脳の一日
2 脳の四季
3 脳は老いてこそますます盛んになる
4 知恵は国境を越える
5 パターン・パワー
6 メモリーレーンの冒険
7 いつまでも消えない記憶
8 知恵を生みだすからくり
9 意思決定の最前線
10 未知のこと、旧知のことーー脳の右と左
11 脳の重心移動
12 プロザック号のマゼラン
13 夏の盛り
14 脳は使えば使うほど元気になる
15 パターンを増やすドリル
エピローグ 知恵というごほうび

      51dba80h41l__ss500_

著者は、

旧ソ連出身の認知神経学者で、

ニューヨーク大学医学部の教授だ。

 「老いていく脳は、まず全体的に小さくなる。

重量と体積が、10年でおよそ2%減っていくのである

さらに、ニューロンどうしの接続が切れてまばらになり、

シナプスの密度も低くなる。

脳に流れ込む血液が少なくなるので、酸素も減ってくる

白質、灰白質はどちらも加齢の影響を受ける

 年をとることは 脳にとって良くないことばかりなのか。

だが、著者によると希望はあるようだ。

それは、

頭脳を酷使して、知的活動を精力的に

行ってきた人は、脳が『頑丈なよろい』で

武装しているようなもので、

神経の衰退を寄せつけない

「(よろいは)老人になったら自然に身につくような

ものではない。

若いときにいろいろなことを経験し、

問題に直面するたびに頭を使って乗り越えてきた人、

積極的に知力を鍛えてきた人だけに

与えられるごほうびである

頭を使うことが、

脳を痴呆から守ってくれる可能性があるのだ。

希望が沸いてきた。

 興味深かったのは

左脳は、認知活動によって強化されるため、

(右脳より)老化の影響を受けにくい

ということだ。

(2000円+税、2006年10月25日)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月29日 (土曜日)

副都心線のダイヤ

  6月14日に開業する東京メトロ「副都心線」の

ダイヤが決まった。

東京メトロでは初となる「急行」を利用すると

和光市ー渋谷間が25分で結ばれる。

 急行が停車するのは、

和光市、小竹向原、池袋、新宿3丁目、渋谷だ。

新宿区内では、西早稲田、東新宿は通過駅となり、

「急行」の追い抜きは東新宿で行われる。

 平日昼や土日・祭日は5分間隔で運行する。

各駅停車と「急行」の割合は2対1となる。

 新宿3丁目からの所要時間は各駅停車で

北参道2分、明治神宮前4分、渋谷7分、

東新宿2分、西早稲田4分、雑司が谷6分、池袋9分だ。

急行は渋谷5分、池袋6分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金曜日)

小学校の桜

 ぽかぽか陽気が続いている。

朝の通勤路の途中にある

区立花園小学校横の公園の桜も

昨朝の時点で満開に近かった。

P3270003

今朝のNHKニュースで、

東京では過去3番目に早い満開だといっていた。

 わしの通った小学校にも桜の木があった。

確か入学式のころ

花を咲かせていたような記憶がある。

桜と小学校、

おさまり具合の良い風景だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木曜日)

「菜の花と春キャベツのリゾット」と「豚ロースのカツレツ ミラノ風」

今月のイタリア料理講習会は

ボリュームのある2品であった。

とはいえ、豚ロースは、

さほど油っこさを感じさせなかった。

肉をたたいて伸ばすのが、

大変といえば大変か。

リゾットは春の香りがしておいしかった。

P3250003

▽菜の花と春キャベツのリゾット   ([c]2007津波義弘)

●材料(4人分)

      菜の花                      1/2束
      キャベツ         適宜
      米             240g
      タマネギ(みじん切り)  1/4個
      ニンニク          1片
      ブイヨン          800cc
      パルメザンチーズ    60g
      オリーブ油        適宜
      塩、胡椒         適宜
      無塩バター        10g

P3250005

●作り方

1 菜の花は軽く下ゆでし、一口大に切っておく。
キャベツも一口だいに切っておく。

2 タマネギをみじん切りにし、
  米を加えて油がまわるくらいに炒め
  白ワインで蒸す。

3 炒めた米にブイヨンを3、4回にわけて入れ、
  米がアルデンテになるまで煮込む。

4 別の鍋でニンニクを香りを引き出しながらローストし、
  キャベツ、菜の花の順に炒めて、
  軽く塩、胡椒してニンニクは取り出す。

5 3の米17分くらい煮て、アルデンテになったら、火を止め、
  バター、パルメジャーのチーズを加えて、
  4の菜の花、キャベツを入れてよく混ぜ
   塩、胡椒で味を調えて出来上がり。

          ※

▽豚ロースのカツレツ ミラノ風 ([c]2007津波義弘)

●材料(4人分)

      豚ロース       4枚
      トマト(サイの目)  1個
      ルッコラ        1パック
      卵           2個
      小麦粉        適宜
      パン粉        適宜
      塩、胡椒       適宜
      オリーブ油      大さじ5
      無塩バター      20g
      パルメザンチーズ  適宜
      レモン         1個

P3250004

●作り方

1 豚ロースは叩いて薄くのばし、
  塩、胡椒して小麦粉、卵にくぐらせて
  パン粉をつける。

2 トマトをサイの目に切り、
  ざっくり刻んだルッコラとボールで和えて
  塩、胡椒、オリーブ油で味を調えます。

3 フライパンにオリーブ油を熱し、
  1の豚ロースカツを焼き色をつける。
  表裏焼いたら、バターを入れ香りをつけ、
  パルメザンチーズをふり、
  クッキングシートをひいた天板にのせ、
  オーブンでチーズを溶かす。(200℃)

4 チーズが色づいたら一口大に切り
 皿に盛り2のトマトとルッコラをのせ、
 1/4に切ったレモンを添えて出来上がり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水曜日)

公示地価

2008年1月1日現在の

公示地価が発表された。

都心部は伸び率が鈍化して

「ミニバブル一服感」がある中、

新宿区は商業地が前年比22・8%

(昨年11・0%)と高い伸びを示した。

ここ数年地価が急上昇してきた

千代田、港、中央の都心3区と異なり、

新宿区はこれまで目立った上昇を

していなかったこともあるが、

今回高い伸びを見せたのは

なんといっても、

6月に開業を控えた東京メトロ「副都心線効果」だろう。

 富久町の調査地点である「富久町34-20」は、

昨年の587万円から665万円へと

13.3%の伸びだった。

公示価格と実勢価格の乖離が指摘されているが、

新宿でも公示価格の伸び率は実勢に比べて

高すぎるように思う。

東京メトロ「新宿御苑前」駅周辺にも

売れないまま空き地になっている土地や

テナントが入らない雑居ビルが

ちらほら見られる。                                

地価は値下がりに転じて

いるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月25日 (火曜日)

ヤマダ電機が新宿に2店!?

 ヤマダ電機がヨドバシカメラ

本店近くに進出するらしい。

 日本経済新聞によると、

ヤマダ電機は、

JR新宿駅南口から徒歩5分の

「新宿スカイビル」(10階建て)を取得、

店舗を建設する。

売り場面積は1万平方メートルで、

2010年にも開業する見通しだという。

 ヤマダ電機といえば、

JR新宿駅東口の大ガード近くの

新築ビルにも入居することが、

2007年に明らかになったが、

こちらの方はどうなるのだろうか。

 東西両方にヤマダ電機が

進出するとなると、

ヨドバシカメラやビックカメラなどが

ひしめく新宿の家電地図が

塗り変わることになる。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年3月24日 (月曜日)

雪の下人参

 「雪の下ニンジン」をいただいた。

P3210002a_3

豪雪地帯の新潟県津南町で

栽培されているニンジンである。

本来は秋に収穫するものを

4 メートル位積もった雪の下で越冬させ、

3月中旬から4月ごろ収穫する。

地中の温度は一定のため、

ニンジンは凍らずに休眠状態になるという。

そして、寒さから身を守るため、

「甘み」の成分である

アミノ酸を多く作る。

 手にとって顔に近づけると

ほんわり甘い香りがして

いい感じだ。

色も鮮やか。

スティック状に切って

生のまま食べた。

シャッキと歯切れのよい食感で、

しかもみずみずしい。

口の中に甘味が広がり、

幸せな気分だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月23日 (日曜日)

映画「ノーカントリー」(2007年、米)

     ★★★★☆

 1980年代のテキサスを舞台に

不気味な殺人鬼を描いたCoen兄弟監督のサスペンス。

2008年アカデミー賞の

作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞をとった。

原題は「No Country for Old Men 」。

 テキサス州西部の荒野で、

麻薬取引のこじれから

ギャングが撃ち合いの末全滅する。

偶然通りかかったLlewelyn Moss (Josh Brolin)は、

現場から大金をねこばばしてしまう。

金の入ったカバンには発信機がつけられており、

Mossは、70年代風のマッシュルームカットの

殺し屋Anton Chigurh (Javier Bardem)

に執拗に追われることになる。

捜査を開始した保安官Ed Tom Bell (Tommy Lee Jones)が

無力感に襲われる中、

Mossとその妻Carla Jean Moss (Kelly Macdonald )は

無事逃げ切れるのか・・・。

 何といっても稀代のシリアルキラーである

Anton Chigurh が不気味だ。

酸素ボンベにホースをつけた空気銃のようなもので、

敵対する者はもちろん、

通りがかりの人や保安官補などを

殺しまくる。

彼なりに殺すか殺さないかのルールは

あるようなのだが、

普通の感覚では理解できないだけに恐ろしい。

が、とぼけたユーモアもところどころに

ちりばめられている。

見終わったあと、どっと疲れた。

「日比谷スカラ座」で。

        Nocountryforoldmen_bigposter

[監][製][脚]ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
[出]トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、
 ジョシュ・ブローリン
[上映時間] 122分・R-15

| | コメント (2) | トラックバック (44)

2008年3月22日 (土曜日)

ヴェトナム・アリス(銀座2丁目)

 「プランタン銀座」にあったベトナム料理店が

隣の「マロニエゲート」に越してきた。

この店はやけに女性の比率が高い。

「マロニエゲート」だからであろうか、

それともベトナム料理が女性の間で

ブームなのか?

 料理は女性を意識してか、

上品なものが多い。

例えば、パパイヤをくりぬいたサラダ。

ミニチュアのパラソルがついているのが

愛嬌か。

P3210001_2

定番のフォーもありました。

P3210004

 やっぱりこれがなくてはネ。   

         ※

中央区銀座2-2-14 マロニエゲート11F

03-5250-0801

11:00~16:00

16:00~23:00(LO22:00)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金曜日)

素早い判断

 一昨日の表参道「ペローラ アトランチカ」での会合は、

ある男を励ますためのものであった。

詳細は書けないのだが、

その男は事情があってあることから、

撤退したのだった。

撤退の判断で最も重要なのはスピードだ。

彼は、傷口が広がる前に迅速に退くことを

決めたため、

良い結果になった、と思う。

人間、引き際が肝心だ。

 次世代DVDの規格争いで、

ソニー陣営に敗れた東芝だが、

撤退の時期を的確に判断したため、

経営陣はむしろ評価された。

 君がこの撤退により失ったものは何もない。

むしろ、人生における経験と、

白いタキシードという

得難いものを得たのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木曜日)

ペローラ アトランチカ(神宮前5)

「表参道ヒルズ」向かいのファッションビルに

あるレストラン。

店名は、マデイラ島の愛称からとったという。

マデイラ島とはどこか?

アフリカ、南米とヨーロッパ大陸の中間に位置する島で、

ポルトガル領だそうだ。

 マデイラ島の料理といっても、

他のヨーロッパの国の料理と比べて、

特に変わっているものはないようだが、

次の2つは目を引いた。

エスペターダ」(100グラム1700円から)

P3190011

月桂樹で風味付けしながら焼き上げた

マデイラ島名物の串焼き料理で、

テーブルの上に立てた串にさし、

その後取り分けてくれる。

P3190013

生焼け パオン デ ロー ~オヴァール風~」(2人分1000円)

P3190014

デザート。ケーキで、表面は堅いが、

中はクリーミーだ。

熱いうちに食べるとおいしい。

 7人で食べて飲んで、1人7000円。

         ※

渋谷区神宮前5-10-1 GYRE4F

03-5468-0865

LUNCH   11:00~15:00(L.O.14:00)
TEA TIME 14:00~18:00(L.O.17:30)
DINNER  18:00~23:00(L.O.22:00)
BAR     18:00~24:00(L.O.23:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水曜日)

本「使ってみたい武士の日本語」

 草思社、野火迅

1 武士の決まり文句

2 春夏秋冬が薫る言葉

3 武家社会の言葉ー切腹という「しきたり」

4 武家社会の言葉ー敵討ちという「義務」

5 剣術の醍醐味を伝える言葉

6 行動・しぐさを表す言葉

7 人物を評する言葉

8 酒と色を語る言葉

      41lihxhqjtl__ss500_ 

卒爾ながら

この本を読んで、

武士の言葉を使ってみたくなったでござる。

「何をちょこざいな。やくたいもないことを。肩腹痛いわ」などといわず、

「それは重畳」と言ってください。

(言葉の使い方が間違っていたら

平にお許しくだされ)

      ※

大儀である (ご苦労さん)

罷り越す (突然失礼いたしします)

やくたいもない (役にも立たない)

ちょこざいなり! (なまいきな!)

ぜひもない (やむをえない)

慮外なことを (思いもかけないことを)

曲げて (何が何でも)

一つまいろう (まずは一杯)

すごされよ (パーッといきましょう)

手もと不如意 (ちょっと当座の持ち合わせが・・・)

片腹痛い (はたで観ていても苦々しい)

異なこと (また妙なことを)

これはしたり (これは驚いた)

卒爾ながら (突然のことで失礼ですが)

それは重畳 (大変結構なことだ)

(1365円、2007年9月28日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火曜日)

本「キューポラのある街」

早船ちよ著、けやき書房

41v049vtqkl_aa240_

 「キューポラ」というのは、

 鉄を溶かし鋳物をつくるための溶解炉のことだ。

 物語の舞台となる埼玉県川口市には、

 かつて鋳物の町工場がたくさんあった。

 時は1950年代後半。

 戦後の混乱を何とかしのぎ、

 高度成長時代に向けた助走を始めた、

 そんな時代である。

 今でこそ超高層マンションが林立する川口市だが、

その当時は時代から半歩遅れた下町色の濃い地域だった。

この物語は街に何百人もいたであろう

底辺の職人一家の日常を描いている。

父親辰五郎は「俺あ根っからの炭炊きだ」

という頑固な昔かたぎの職人で、

母親のトミは「とうちやんはちっともアテになりゃしない」と

酒飲みの夫に愚痴をこぼしながらも、

一家の生活をやりくりしている。

中学3年生の長女ジュンは聡明な女の子で、

高校へ進学して良い会社に就職し、

父母に楽をさせたいと思っている。

<ひねくれ者のジロー>とあだ名される弟のタカユキは、

不良気はあるが、

鳩を育てている心優しい小学5年生だ。

物語はジュンの心と体の成長を軸に展開する。

その間、一家の生活に様々な事件――おばの出産、

鳩をめぐる不良とのトラブル、

父親の失業、――が起こるが、

各人各様のやり方で解決する。

特にジュンは進学か就職か悩みに悩むが、

最後に強い決意で進路を選ぶ。

半世紀前、市井の人々の暮らしは、

こんなだったのだ。

生活水準は激変したものの、

姉弟の考え方や行動には、

時代を超えて共感を覚える。

(2100円、2006年3月)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月17日 (月曜日)

フィガロの結婚

  昨日、初台の新国立劇場中劇場で行われていた

オペラ「フィガロの結婚」の最終日を観た。

同劇場オペラ研修所の公演で、

出演者は研修生と修了生だ。

研修生の舞台といっても、

指揮、音楽指導はニューヨーク・シティ・オペラなどで

活躍するアル・ベルト氏が担当し、

舞台装置、衣裳なども本格的だ。

それでS席が5000円とオペラとしては

かなり割安だ。

 同研修所長の海老澤敏さんがこの公演の

パンフレットに書いているように、

 「多様な人間感情のドラマが、

一つの劇作品の中で、

見事な音楽表現にもたらされた

オペラ史上空前にして絶後の

記念碑的最高峰の創造」に、

このような環境の中で

チャレンジできる若き芸術家は幸せだ。

若いのびのびした歌声を堪能し、

帰り道はいい気持ちだった。

            Ko_20000693_chirashi

原作           P. A. ボーマルシェ
             『狂おしい一日、もしくはフィガロの結婚』
台本          ロレンツォ・ダ・ポンテ
作曲          W. A. モーツァルト
指揮・音楽指導    アリ・ペルト
演出・演技指導    飯塚 励生
ヘッド・コーチ       ブライアン・マスダ
管弦楽          トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ
合唱            二期会合唱団
アルマヴィーヴァ伯爵 近藤 圭(第9期生)
伯爵夫人         高橋 絵理(第10期生)
フィガロ          高田 智士(第8期生)
スザンナ          田島 千愛(第8期生)
ケルビーノ         東田 枝穂子(第9期生)
マルチェッリーナ    渡辺 敦子(第2期生・賛助出演)
バルトロ         町 英和(第6期生・賛助出演)
バジリオ         城 宏憲(第10期生)
ドン・クルツィオ     中川 正崇(第8期生)
アントーニオ       能勢 健司(第9期生)
バルバリーナ      前嶋 のぞみ(第8期生)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日曜日)

映画「バンテージ・ポイント」(2008年、米)

          ★★★★★

 米大統領暗殺をめぐるテロリストとシークレットサービスの攻防を描いた

サスペンス・アクションの傑作だ。

 原題は「VANTAGE POINT」は「見晴らしの良い場所」の意。

 首脳会議出席のためスペインを訪れた米大統領Ashton(William Hurt) は

広場での演説の最中狙撃され、その後広場で爆発が起きる。

米側は暗殺計画を事前に察知しており、

狙撃された大統領は替え玉だった。

しかし、本物の大統領もテロ組織に誘拐され、

テロリストとシークレットサービスThomas Barnes(Dennis Quaid)

との手に汗握る戦いが始まる・・・・

 大統領が狙撃され、爆発が起こった後、

映画は23分前の正午に遡る。

そして、異なる視点からのエピソードが語られる。

この23分+αを繰り返していくうちに、

次第に陰謀の全貌が明らかになり、

意外な人物がカギを握っていることがわかってくる。

冒頭のテレビの中継車でのやり取りから、

最後のカーチェイスまで、

息をつかせぬ90分。

ご都合主義の部分もあったが、

ハイテンポで物語が展開するため、

あまり気にならなかった。

 「ハピネス道」さんのブログでこの映画を教えられた。

事前の評判はあまり聞かなかったが、

Clint Eastwood主演の「ザ・シークレット・サービス」(IN THE LINE OF FIRE、

1993年、米)と並ぶ傑作だ。

     10007637

[監]ピート・トラビス
[出]デニス・クエイド、マシュー・フォックス、
 フォレスト・ウィテカー、ウィリアム・ハート
 シガーニー・ウィーバー、エドゥアルド・ノリエガ
[上映時間] 90分

| | コメント (2) | トラックバック (51)

2008年3月15日 (土曜日)

本「ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!」

 文芸春秋、梅田望夫

まえがき――私の勉強法第1定理 アントレナーシップ

第2定理 チーム力

第3定理 技術者の眼

第4定理 グーグリネス

第5定理 大人の流儀

あとがき――私の最終定理

        41cvy7keoul_aa240_

 「ウェブ進化論」の著者でシリコンバレーで

経営コンサルタントをしている

梅田望夫さんの近刊。 

アメリカにやってきたばかりの私は、

『ある種の人々』が英語で発する切れ味の良い言葉を読み、

その言葉の背景にある思考や発想に寄り添って深く考えることで、

それができるのだ、という発見をしました

梅田さんがそのような思いで集めた

スティーブン・ジョブズやエリック・シュミットら

最先端のビジョナリーの言葉を読んでいると、

変化の本質を見極める目が養われてくる気がする。

若い人に読んでもらいたい本だ。

(1300円+税、2008年3月1日)

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年3月14日 (金曜日)

本「パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本」

アスキー新書54、海部美知

第1章 「」の衝撃

 I 失われゆく「海外」の輝き

 II 「HEROES/ヒーローズ」に見る日本人

 III パラダイス鎖国・産業編

第2章 閉じていく日本

 I 輸出は「悪」か?

 II 閉じていく日本のカタチ

 III パラダイス鎖国という現実

第3章 日本の選択肢

 I 日本の選択肢

 II 「豊かさ」の戦略

 III アメリカに何を学ぶか

 IV 多様性の国を目指して

第4章 日本人と「パラダイス鎖国」

 I モーレツ社員でもなく、引きこもりでもなく

 II 雇用慣行が日本人を変える

 III 「脱・鎖国」の日本人

解説:梅田望夫

       41lqoyzvel_aa240__2      

 パラダイス鎖国とはなにか。

「日本が豊かで、そこそこ市場が大きい」ため、

企業の海外活動の縮小が起こっていることだという。

例として、携帯電話の端末が挙げられる。

「そこそこ大きい」国内市場を勝ち抜くために、

人も資金も国内に投入し、

せっかくリードしていた海外市場も失ってしまった。

ようするに「内弁慶ビジネス」のことである。

 このような状況から脱却するにはどうしたらよいか。

国を挙げて、決まりきった『有望産業』に

傾斜的に資源をつぎ込む必要はない。

その『規模』のメリットを、

異質なものや対立するものまでも含め、

多様なものが共存するための

広い場所として利用するのである

 新しい種類のビジネス「内なる黒船」を

どれだけ育てていけるかが、

「開国」できるかどうかの分かれ目だろう。

(760円、2008年3月25日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木曜日)

「ぶるぶる屋」閉店

「花園町親交会通り」の

ぶるぶる屋」が

4月10日で閉店するそうだ。

「文明堂」跡にこの店が開店して

1年強での撤退だ。

P6190012

 当初は目新しさもあって

にぎわっていたようだが、

飽きられたのだろうか。

 香水の販売など多角化に乗り出したが、

力尽きたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水曜日)

中央公論4月号の特集<落語の「通」になりたい>

  中央公論の4月号が落語の特集を組んでいる。

落語評論家の京須偕充さんは

「名人不在の落語界に未来はあるか」の中で、

現在の落語界に名人はただの一人も

いないと断言する。

近い将来に名人が現れる可能性もないと

予言しておく

といっている。

 だがそれは悲観論ではなく、

落語発展の新たなカギを

名人不在に期待しているからだという。

古今亭志ん生の孫で金原亭馬生の娘、

池波志乃さんのエッセイ

「落語家の食卓」は、

名人の家庭の暮らしぶりがわかって貴重だ。

 ドイツ文学者の池内紀さんの

「吉原いきつもどりつ」も楽しい読み物だ。

 「『明烏』は桂文楽でたのしみ、

『付き馬』は古今亭志ん生で親しんだ

なるほど。

 落語評論家、長井好弘さんの「CD&DVD特選30」はためになる。

柳家喬太郎さんはインタビュー「三遊亭園朝だって新作落語家なんですよ」で、

「『新作のどこが悪いんだ、このやろう』

という気持ちもある反面、『古典落語はさ、もう終わりだよね』

というのにも抵抗があるんです

と語っている。

 落語とは関係ないが、

特集「いま隣にある貧困」の

佐藤優さんと雨宮処凛さんの対談で

難民化する若者、日雇い派遣の闇など、

日本の深刻な状況が怖いほどよくわかった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年3月11日 (火曜日)

映画「魔法にかけられて」(2007年、米)

        ★★★☆☆

 アニメーションと実写をミックスしたDisneyのおとぎ話。 

原題は「Enchanted」。

 Giselle(Amy Adams )とEdward王子(James Marsden )との結婚で

王位を奪われるのではないかと危惧した

Narissa女王(Susan Sarandon)は、

Giselleをアニメのおとぎの国から

現実世界のニューヨークに追放する。

EdwardもGiselleを救うため後を追うが、

2人ともおとぎの国の住人だけに、

どこへ行っても周囲の人間とトラブルばかり。

苦労の末Giselleを見つけたEdwardだが、

女王も自ら2人の仲を裂きにやってきた・・・

 結局「いつまでも幸せに暮らしました」という

ハッピーエンドでは終わるのだが、

GiselleとEdwardが結ばれるという単純な結末ではなく、

ちょっとひねってあるのがミソか。

 ニューヨークでもリスや鳩など小動物が活躍するが、

ゴキブリの大群には目を剥いた。

 Julie Andrewsがナレータを務めている。

 「新宿バルト9」の2で。

       Enchanted_bigposter

[監]ケビン・リマ
[脚]ビル・ケリー
[音]アラン・メンケン
[出]エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、
 ジェームズ・マースデン、スーザン・サランドン
[上映時間] 107分

| | コメント (2) | トラックバック (41)

2008年3月10日 (月曜日)

続・梅は咲いたか

 前週に続き昨日も新宿御苑に行った。

1週間前はまだ3分咲きだったレストラン「ゆりのき」前の

梅は満開だ。

梅の香りが漂ってくる。

 茶室「楽羽亭」の庭の梅林も今が見ごろだ。

P3090008

 この梅林は絵になりますなあ。

一句ひねりたくなるぐらいだ。

 日本庭園前のハクモクセイはまだつぼみだった。

午後訪れたため、

午前に行った前週よりは人出が多かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日曜日)

映画「スルース」(2007年、米)

     ★★★☆☆

 三角関係をめぐる2人の男の心理劇、

「探偵スル-ス(1972年、英国)のリメイク。

原題は「Sleuth」。

 老年の推理小説作家Andrew Wyke (Michael Caine )の邸宅へ、

若い美容師のMilo Tindle (Jude Law)が訪れる。

Wykeの妻と不倫している Tindle は

Wykeに妻と別れるように迫る。

Wykeは自分の宝石を盗んだように見せかけ、

保険金をだまし取ろうと提案して、

2人の騙しあいが始まる・・・

1972年の作品では若い方の男を演じた

Michael Caine が本作では妻を寝取られる側を演じた。

前作では、いかにもイギリスの古城といった邸宅が、

近代的なデザインでハイテク監視装置付きに

変わっている。

わしとしては迷路のような庭園での追いかけっこが

もう一度みたかったな。

終盤近く、2人のホモセクシャルの演技には

爆笑した。

「新宿バルト9」の3で。

        Sleuth_posterbig

[監][製]ケネス・ブラナー
[原]アンソニー・シェーファー
[製]ジュード・ロウ
[脚]ハロルド・ピンター
[音]パトリック・ドイル
[出]マイケル・ケイン、ジュード・ロウ
[上映時間] 89分・PG-12

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2008年3月 8日 (土曜日)

地震の危険度

 約5年ごとに東京都が実施している

地震に関する地域危険度測定調査(第6回)」

が発表された。

 建物倒壊、火災、総合の3つの危険度を

都内5,099町丁目ごとに測定し、

5段階にランク分け(「1」が最も安全)したものだ。

 富久町は、

建物倒壊危険度が「ランク2」(順位1726位)、

火災危険度が「ランク3」(順位569位)、

総合危険度が「ランク3」(順位965位)

であった。

 地盤は硬いが木造住宅が密集しているからだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金曜日)

本「生き物を飼うということ クワガタムシからニシキヘビまで」

ちくま文庫、木村義志

鳩山邦夫氏が「友人の友人がアルカイダ」と発言して物議をかもした時、

世間には「蝶のコレクターなら常識外れの発言もしょうがない」

という雰囲気があった。

この本の著者は、鳩山氏よりもディープな生物採集・飼育マニアだ。

 物心がついたころから昆虫、犬猫は言うに及ばず、

魚類、爬虫類、果ては「廃油ボール」に付着した生物まで、

そんなものを飼ってどこが面白いのか、

というものも飼育してきたのである。

しかも、普通の子どもは「生き物遊びを卒業して大人になっていく」が、

著者はそれを書くことを仕事にして現在に至っているのだ。

 常識はずれの人が書いたオタク本と一蹴したくもなるが、

一読してみると、

なにかこう人生の機微に触れるような感じもする。

著者はまず「生き物が好きな人」と

「生き物を飼うことが好きな人」を区別して、

「飼うことが好きな人」の本質は、

ほかではちょっと得がたい人生の快楽を、

多少のリスクは承知のうえで、

当事者として体験したい人だと断言する。

そして、「飼う楽しみの本質は、

生き物のめずらしさや見た目の美しさだけではない」という。

言っていることがよく分からなくても、

幼少から学生時代にかけての著者の飼育体験を読んでいるうちに、

「ああ、そういうことか」と分かってくる。

 もちろん、少年向けの動物飼育法を何冊も書いている著者だけに、

「あまり大きな場所を必要としない小動物」飼育の

実践的なテクニックも図解入りで詳細に解説している。

 実用書であり、

ファーブル昆虫記にも引けを取らないエッセーであり、

生命の本質に迫る哲学書でもある、

といったらほめすぎか。

 本書はちくま文庫に入る前、

草思社から出版された。

こんな良書を出す会社も民事再生法を申請する世の中だ。

生物も昔より飼いにくくなっているに違いない。

(800円+税、2005年7月10日)

41b6q3gn0ml__ss500_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木曜日)

本:もしあなたが猫だったら? 「思考実験」が判断力をみがく

中公新書1924、竹内薫

まえがき 思考実験って何なの?

1 もしもあなたが猫だったら?

2 もしも重力がちょうっぴりだけ強かったら

3 もしもプラトンが正しかったら

4 もしもテレポーテーションされてしまったら

5 もしも仮面をつけることができたら

6 もしも小悪魔がいたならば

7 もしもアインシュタインが正しかったならば

あとがき リアルな世界脆弱さ

               41yp0ybyz6l__ss500_

 現実にはありえないようなことをあると考え、

その場合どういうことが起こるかを

あれこれ考えるのが思考実験だ。

 著者はいろいろな面白い例を出してくるのだが、

その中でも、

「二次元の動物はありえない」

というのには笑ってしまった。

紙になんでもいいから動物の絵を描いてみる。

動物だから消化管があるだろう、

と消化管も描く。

消化管は、口から肛門までひとつながりだから、

動物は消化管を境に真っ二つだ。

消化管を持っていない動物はありえないだろうから、

結局二次元の動物はないということになる。

(720円+税、2007年12月20日) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水曜日)

線路の上に180Mの超高層ビル

 JR東日本は、

人工基盤の上に建っている

新宿駅・新南口を解体し、

地下2階地上33階建ての

超高層ビルを建設する。

Pb180005

甲州街道の拡幅に合わせ整備中の

人工基盤の上には、

交通ターミナルが作られているが、

超高層ビルはこれに隣接する形で、

建設される。 

2016年に完成の見通し。

超高層ビルは、

地下部分を駐車場、

地上1-4階をショッピングゾーン、

5階以をオフィスにする計画だという。

 一方、交通ターミナルは、

1階がホーム、

2階が歩行者空間やコンコース、

3階が一般車、タクシー乗降場、

4階が高速バスターミナルとなる。

屋上は、「地域うるおいゾーン」として、

美術展や演劇などを開く多目的ホールや

緑地広場、保育所などの整備を検討している。

 しかし、いくら頑丈に出来ているとはいえ、

地面ではなく人工基盤の上に

こんなビルディングなど作って大丈夫であろうか?

 ちなみに、この人工基盤の住所は

新宿区ではなく、

渋谷区千駄ヶ谷になるのだそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火曜日)

梅は咲いたか

 日曜日の午前中、新宿御苑に行った。

大木戸門から入ってすぐの売店の近くで

紅白の梅が満開だ。

P3020002

P3020003

 新宿門近くのレストラン「ゆりのき」前の

梅はまだ咲き始め。

今週末ごろ満開になるだろう。

 寒桜も負けじと花をつけていた。

P3020010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月曜日)

映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤」(2007年、米)

      ★★★☆☆

イギリスの冒険ファンタジーの映画化。 

原題は「The Golden Compass 」。

 われわれの住む世界とは少しだけ違うパラレルワールド。

その世界の最大の特徴は、

人間に1匹ずつ「Daemon」と呼ばれる分身が

動物の形で寄り添っていること。

オックスフォードの学生寮に住む12歳の少女

Lyra Belacqua (Dakota Blue Richards)は、

謎の組織に誘拐された親友らを探しに、

Marisa Coulter (Nicole Kidman)と

北極へ向かう。

Marisa Coulter は謎めいた女性で、

味方なのか敵なのか、良く分からない。

途中、王位を追われた「よろい熊」のIorek Byrnison(声・Ian McKellen)

を味方につけ、

誘拐された子供たちを発見するが・・・

 映画の設定する世界にうまく没入できるかどうかで、

楽しめるかどうかが決まる。

おっさんはどうもなじめなかったなあ。

だいたい、1人に1匹づつ動物がついていったんじゃ、

わずらわしくていけないでしょうが。

しかし、Marisa Coulterについているのが

サルなのには笑った。

 薄明かりの北極圏をLyraを乗せて疾走する

Iorek Byrnisonの雄姿には、

CGとはいえ、感動した。

 2部、3部と物語は続き、

第2作の舞台は、われわれの世界、

第3作は、パラレルワールドとわれわれの世界を移動する、らしい。

「新宿バルト9」の9で。

            The_golden_compass

[監][脚]クリス・ワイツ
[原]フィリップ・プルマン
[出]ニコール・キッドマン、サム・エリオット、
 エバ・グリーン、ダコタ・ブルー・リチャーズ、
 ダニエル・クレイグ
[上映時間] 112分

| | コメント (8) | トラックバック (66)

2008年3月 2日 (日曜日)

平田牧場 東京ミッドタウン店(赤坂9丁目)

 山形県庄内地方で豚肉を生産している平田牧場が

東京ミッドタウンに開いたカウンター形式のとんかつ屋だ。

P3010002

いつも行列が出来ているから入ってみた。

 1000円の「やわらかかつ膳」を注文。

かつは薄く、柔らかいというほどでもない。

衣もぱさぱさだ。

P3010003

安いカツを注文したからであろうか。

「金華豚ロースかつ膳」(2000円)なら

また違ったのか?

 ソースは「甘口」と「にんにくピリ辛」の2種類あり、

混ぜてかけると美味だった。

キャベツ用のドレッシングもよかった。

      ※

港区赤坂9丁目7番3号
東京ミッドタウン ミッドタウン・ウエストEB108
03-5647-8329

11:00~21:00(L.O20:30)

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2008年3月 1日 (土曜日)

すし処 鮨丸(新宿3丁目)

Pb180003

新宿3丁目、三越アルコットの裏あたりの寿司屋だ。

ランチの「握り1・5人前」がお得だ。

白身魚、サーモン、玉子焼、シャコ、イクラ、赤身、トリ貝、

光りもの、イカ、エビ、タコ、鉄火巻、カッパ巻、

それに味噌汁がついて1260円。

 場所柄、観光客も多く、

わしが行ったときも

中国語圏の若いカップルが

ガイドブックらしきものを見ながら、

仲良くちらしを注文していた。

1階はカウンター、2階はいす席、

3階は宴会場となっている。

大分県佐賀関町漁協と特約店契約を結び

本物の関サバ、関アジが

味わえるそうだ。

     ※

新宿区新宿3-31-6

03-3356-7077

月~金 11:30~14:00

      17:00~23:30
土    11:30~23:30
日・祝  11:30~21:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »