« 4つの新コーナー | トップページ | 伊勢丹のNEWディスプレー »

2008年4月16日 (水曜日)

「ラジオ名人寄席」打ち切りの顛末

NHKラジオ第1で毎週日曜夕に放送していた

「ラジオ名人寄席」が3月で予告なく終わり、

4月からほぼ同内容でタイトルだけ変えたような番組

「お楽しみ演芸特選」が唐突に

始まった事に違和感を覚えていたが、

16日付けの「読売新聞」番組欄のコラム「モニター」を読んで

合点がいった。

  「ラジオ名人寄席」で2月、

TBSの音源を無許可で放送するという

不祥事があったのだ。

音源は、司会の玉置宏さんの所有で、

TBSの音源とは知らなかったという。

玉置さんは、責任をとる形で

番組を降板したのだろう。

玉置さんの名調子で始まる番組を

楽しみにしていただけに、

なんとも残念である。

コラムは

この一件を教訓に、

各局でスムーズに音源を貸し借り

できる環境作りを進めてほしいと切に願う

と書いている。

同感である。

|

« 4つの新コーナー | トップページ | 伊勢丹のNEWディスプレー »

落語」カテゴリの記事

コメント

このような事情は、大沢悠里のゆうゆうワイドや、ラジオビタミンにもありました。ラジオビタミンは国会中継や高校野球があるときは放送時間が短くなり民放各局の番組に聴取率が奪われ聴取率が減ることや、大沢悠里のゆうゆうワイドはNHK山口放送局の同盟の番組「ゆうゆうワイド」と名前が似ていることや、出演者の高齢化が進んでいたことからともに終了となったのです。

投稿: 湘南たかとり1丁目 | 2009年5月 6日 (水曜日) 12時54分

>湘南たかとり1丁目さま
 コメントありがとうございます。
ラジオにもいろいろな事情が
あるのですね。

投稿: 富久亭 | 2009年5月 6日 (水曜日) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/40887058

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラジオ名人寄席」打ち切りの顛末:

« 4つの新コーナー | トップページ | 伊勢丹のNEWディスプレー »