« 新宿3丁目のエスカレーター | トップページ | 本「まぐれ 投資家はなぜ、運と実力を勘違いするのか」 »

2008年4月10日 (木曜日)

映画「プラダを着た悪魔」(2006年、米)

 ★★★★☆

 大学を卒業したばかりの女の子が、

ファッション誌の猛烈編集長の下で働き、

成長していく物語。ベストセラー小説の映画化。

 原題は「The Devil Wears Prada」。

 Andy Sachs (Anne Hathaway )は、

新聞記者志望の女の子。

ジャーナリストになるための修行として、

有名ファッション誌の女性編集長

Miranda Priestly (Meryl Streep)の秘書となる。

Mirandaは実力はあるが、

自分勝手でせっかち、私用も押し付けることから、

秘書は次々に辞めていく。

Andyは、Miranda の無理難題を何とかさばき、

次第にMiranda の信頼を得る。

 そうした中、 Miranda を失脚させようとする動きが、

水面下で進んでいた・・・

 

 Meryl Streepの演技もすばらしいが、

Andyを取り巻く脇役が個性的で、楽しい。

良い意味でのハリウッド映画らしい

話の展開で、

面白かった。

DVDで鑑賞。

           200pxthe_devil_wears_prada_main_one

監督 デヴィッド・フランケル 
製作 ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr 、
     カーラ・ハッケン 、カレン・ローゼンフェルト
原作 ローレン・ワイズバーガー 
音楽 セオドア・シャピロ
脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ 
出演 メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、
    エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ、
    エイドリアン・グレニアー
上映時間110分

 

|

« 新宿3丁目のエスカレーター | トップページ | 本「まぐれ 投資家はなぜ、運と実力を勘違いするのか」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/40828914

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「プラダを着た悪魔」(2006年、米):

» 『プラダを着た悪魔』 (2006)/アメリカ [NiceOne!!]
監督:デビッド・フランケル出演:メリル・ストリープ(『クレイマー・クレイマー』『ソフィーの選択』)、    アン・ハサウェイ(『ブロークバック・マウンテン』『プリティ・プリンセス』)、   エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ、エイドリアン...... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月曜日) 11時38分

« 新宿3丁目のエスカレーター | トップページ | 本「まぐれ 投資家はなぜ、運と実力を勘違いするのか」 »