« 映画「つぐない」(2007年、英) | トップページ | 美の女神 in 上野 »

2008年5月 6日 (火曜日)

向日葵が咲いた日

 女流講釈師の神田ひまわりさんが

真打に昇進し、

亭号も神田改め日向ひまわりとなった。

新宿3丁目の末広亭で行われている、

ひまわりさんら「落語芸術協会」の3人の真打披露興行を

昨日観に行った。

P5050002

 ひまわりさんと知り合ったのは、

四、五年前、ある人のお祝いの会でだった。

六本木のカラオケ屋での二次会にひまわりさんも来ていた。

テーブルを並べて即席の舞台を作り、

講談を一席披露してくれた。

まだ20代だったと思う。

その後、武蔵境で行われた独演会に

一度行った覚えがある。

 昨日の末広亭での「新真打口上」では、

7人並んだ真中に座り、

病気療養中の師匠代わりの

三遊亭小遊三師匠の口上を

厳粛な面持ちで聞いていた。

広島県から上京したひまわりさんは、

94年9月に先代神田山陽に入門、

98年10月二ツ目に昇進、

師匠没後は柳亭痴楽門下へ入った。

昨日は夜の部トリを

黒の紋付袴姿で凛々しく務めたひまわりさん、

演目は偶然六本木の夜に聞いたのと同じ

「五貫裁き」だった。

「大岡裁き」ものの噺だ。

陽気で楽しい舞台で、

客もよく笑っていた。

これからも名人上手と呼ばれるようになるよう

精進してほしい。

頑張れ日向ひまわり!

 

 講談師日向ひまわりさんと同時に真打になった

三遊亭遊馬さん、

錦之輔改め古今亭今輔さん

の2人の落語家も実力派だ。

|

« 映画「つぐない」(2007年、英) | トップページ | 美の女神 in 上野 »

新宿」カテゴリの記事

落語」カテゴリの記事

コメント

富久亭日乗さん

トラックバック有難うございます。
私もひまわりさんと知り合い、一生懸命に講談に対して精進している姿をみて、応援しております。
真がしっかりしていて、芸道へ進んでいる姿勢が頼もしく思います。
今後の活躍を期待したいですね。

投稿: つれづれなるままに | 2008年5月19日 (月曜日) 08時26分

>つれづれなるままに様

 コメントありがとうございました。
ひまわりさんは、姿勢が真摯なところが
好感が持てますね。
今後も応援していきましょう!

投稿: 富久亭 | 2008年5月20日 (火曜日) 07時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/41109040

この記事へのトラックバック一覧です: 向日葵が咲いた日:

« 映画「つぐない」(2007年、英) | トップページ | 美の女神 in 上野 »