« 本「あの日、鬼平先生は何を食べたか―池波正太郎フランス旅日記」 | トップページ | MUJI »

2008年7月26日 (土曜日)

セ´ラヴィー ナガノ(新宿2丁目)

 新宿御苑前で19年営業しているというビストロ。

新宿通りをちょと横に入った古い雑居ビルの地下にある。

小父さんと女性の2人でやっている

小じんまりした店だ。

 料理はどれも丁寧に作ってあり

見た目にも美しい。

ワインも高くない。

私が食べたのは

帆立貝柱、トマトジュレのバヂル風味とモンゴイカのサラダ

P7240002

パプリカの冷製スープとズワイガニ、ブロッコリーのババロア

P7240003

仔羊背肉とキノコのソテー ニンニク パセリ風味

P7240004

ブリュレとレモンのソルベ

P7240005

 メニューは3、4か月に1度変わるという。

3人で食べて飲んで1人約6500円。

      ※

新宿区新宿2-8-10 日進ビルB1

03-3350-7610

|

« 本「あの日、鬼平先生は何を食べたか―池波正太郎フランス旅日記」 | トップページ | MUJI »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

新宿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/41925508

この記事へのトラックバック一覧です: セ´ラヴィー ナガノ(新宿2丁目):

« 本「あの日、鬼平先生は何を食べたか―池波正太郎フランス旅日記」 | トップページ | MUJI »