« 医大通りのワンルームマンション | トップページ | 本「あの日、鬼平先生は何を食べたか―池波正太郎フランス旅日記」 »

2008年7月24日 (木曜日)

マルガリータ王女

 六本木の国立新美術館で

「ウイーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展」を観た。

市場や台所にある

肉、魚、野菜、果物、花など

食卓を飾る静物を描いた絵画。

これらに混ざって

Diego Rodríguez de Silva y Velázquezの

「薔薇色の衣裳のマルガリータ王女」があった。

P7130002

これは静物画というより

肖像画でしょうが。

良く見ると、

左端のテーブルの上の花瓶に

ピンクの薔薇と白いマーガレットが

活けてはあるが。

ほっぺたが薔薇色の幼い王女さま。

ちょっぴり緊張しているようでもある。

|

« 医大通りのワンルームマンション | トップページ | 本「あの日、鬼平先生は何を食べたか―池波正太郎フランス旅日記」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/41939322

この記事へのトラックバック一覧です: マルガリータ王女:

« 医大通りのワンルームマンション | トップページ | 本「あの日、鬼平先生は何を食べたか―池波正太郎フランス旅日記」 »