« MUJI | トップページ | 新宿らんざんビル »

2008年7月28日 (月曜日)

スペインの情景

 新国立劇場の研修生が

日頃の研鑽の成果をみせる

「オペラ研修所7月シーンズリサイタル」を

きのう同劇場小劇場で観た。

同劇場の幹部人事をめぐってはごたごたがあるようだが、

15人の研修生たちはそんな世俗事にかかわらず、

のびのびと歌っていた。

 今回のリサイタルではスペインが舞台になっている

作品を集めたそうだ。

Georges Bizetの「Carmen」や

Gioachino Antonio Rossiniの「Il Barbiere di Siviglia」は

もちろんセビリアが舞台であるけれど、

Wolfgang Amadeus Mozartの

The Marriage of Figaro」や「Il dissoluto punito, ossia il Don Giovanni」も

スペインの話なのですね。

 「Don Giovanni」のツェルリーナ役と「Carmen」のミカエラ役をやった

東田枝穂子さん(第9期、ソプラノ)が良かった。

         P7270001

ベートーヴェン「フィデリオ」 第1幕より
モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」 第1幕より 第9場~第14場
モーツァルト「フィガロの結婚」 第3幕より 第10場
パイジェッロ「セビリアの理髪師」 第1幕より
ロッシーニ「セビリアの理髪師」 第2幕より 第9場
ビゼー「カルメン」 第1幕より レチタティーヴォと二重唱
ビゼー「カルメン」 第2幕より 五重唱
ビゼー「カルメン」 第3幕より 三重唱
ヴェルディ「ドン・カルロ」(5幕版) 第2幕より
ヴォルフ「コレヒドール」 第2幕より 第1場
ラヴェル「スペインの時」 第16場~第18場
グラナドス「ゴイェスカス」 第3景より 二重唱

[指導] ブライアン・キャッスル=オニオン(音楽指導・指揮)
    ホセ=マリア・コンデミ(演技指導・演出)
[ピアノ] 小埜寺 美樹/石野 真穂

[第9期生] 近藤圭、小林紗季子、東田枝穂子、山口清子、能勢健司
[第10期生] 糸賀修平、岡昭宏、城宏憲、高橋絵理、中村真紀
[第11期生] 上田純子、木村眞理子、駒田敏章、塩崎めぐみ、堀万里絵

|

« MUJI | トップページ | 新宿らんざんビル »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/41975109

この記事へのトラックバック一覧です: スペインの情景:

« MUJI | トップページ | 新宿らんざんビル »