« 副都心線の効果 | トップページ | 「新宿ピカデリー」オープン »

2008年7月19日 (土曜日)

本「地震イツモノート」

 (地震イツモプロジェクト,木楽舎)

               41bitrnzeal__ss400_

 いつ起きるのか予測不可能なのが天災。
中でも地震は瞬時に襲いかかってくる。
 いざという時あわてないように、
普段から被害にあったときの心積もりをしておかねばならない。
そんな時この本は役にたつ。
 副題に「阪神・淡路大震災の被災者167人に
きいたキモチの防災マニュアル」とあるように、
実際に大地震を体験したのではなければ思いつかないような
ノウハウが詰め込まれている。
 地震に遭遇した時の気持ちから、
家族への連絡方法、
けが人の救助法、
水、食料の確保、
避難所で他人と暮らすコツ
など、なるほどと思うことが満載だ。
 「被災者に往復はがきで安否を確認する」などは
なるほどと思った。
手元に常備して時々参照したい本だ。
(1429円+税、2007年4月1日)
 

      

|

« 副都心線の効果 | トップページ | 「新宿ピカデリー」オープン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/41891933

この記事へのトラックバック一覧です: 本「地震イツモノート」:

« 副都心線の効果 | トップページ | 「新宿ピカデリー」オープン »