« メイド盆踊り | トップページ | ごはん屋 »

2008年8月 4日 (月曜日)

映画「シベリア超特急4 ~監督殺人事件~ 舞台 完全版 」(2003年、日)

 ★★★★☆

 さる6月に亡くなった映画評論家の水野晴郎さんが作った

「シベリア超特急」シリーズの4作目。

2003年1月のシアターアップルでの演劇の公演を収録した。

このとき水野さん71歳、実に恐るべきパワーである。

  映画「シベリア超特急4」制作開始に向け関係者が集まる席上、

水野晴郎監督が毒殺される。

関係者達は犯人を突き止める手がかりを得ようと、

台本通りに「シベ超4」を演じてみることになった。

演じられた劇は、

1941年の満州を舞台に、

シベリア超特急の車内で発生した映画監督殺人事件を

山下奉文陸軍大将(水野晴郎)が解決するというもの。

さて、解き明かされた真実とは・・・・・・

 冒頭、水野さんが裃を着て口上を述べるところから大爆笑、

第1幕の事務所の場面では、

三田佳子や宇津井健、内藤武敏といった

ベテラン俳優が次々に登場し、

演劇なのに、なぜか水野監督との「シベ超」を

めぐるトークショーになってしまう。

水野監督の顔に、まだ口上のメークが残っているのが愛嬌だ。

登場人物一同で乾杯し、

水野監督が「お約束」通りにもがき苦しみ倒れると、

場内は大爆笑。

水野監督は実は双子で、

双子の片割れが山下陸軍大将を

演じるというご都合主義の設定に

観客は失笑を漏らす。

第2幕のシベリア超特急の車内になると、

水野監督がセリフを忘れ始め、

佐伯大尉(西田和昭)が、

「閣下にご説明したいことがあります」などと助け船を出すが、

ますます混乱してくる。

他の出演者もつられてセリフがめちゃくちゃになるなど、

まさに手に汗握る「スリリング」な展開だった。

 丹波哲郎が登場した後の「大どんでん返し」も

期待にたがわずゆるゆるだ。

フィナーレも含め、

最初から最後まで楽しめた。

おまけの「メイキング」も面白い。

日本の映画界は

本当に惜しい人材を失った。

DVDにて。

    N_614zmbj1569pl

[演出]MIKE MIZNO( 水野晴郎)
[出演]水野晴郎、西田和昭
   三田佳子、 宇津井健、
   内藤武敏、 内藤武敏、
   光本幸子、安井昌二、
   小田切みき、丹波哲郎、
   金濱夏世、真柄加奈子

 

|

« メイド盆踊り | トップページ | ごはん屋 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/42046459

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「シベリア超特急4 ~監督殺人事件~ 舞台 完全版 」(2003年、日):

» 西田和昭のこと [人気ワードの口コミ情報]
シベリア超特急 スーパー・コレクターズ・エディション¥ 2,520オススメ度:★★★★シベリア超特急3¥ 1,859オススメ度:★★★★裏・シベリア超特急BOX(通称:うらシベBOX)通常版¥ 9,975オススメ度:★★裏・シベリア超特急BOX(通称:うらシベBOX) 100セット完全限定版¥ 22,980...... [続きを読む]

受信: 2008年8月 8日 (金曜日) 03時32分

« メイド盆踊り | トップページ | ごはん屋 »