« 映画「ベガスの恋に勝つルール」(2008年、米) | トップページ | 西口のヤマダ電機 »

2008年8月19日 (火曜日)

本「こころと脳の対話」

河合隼雄&茂木健一郎、潮出版社

       Kokorotono

 昨年亡くなった臨床心理学者の河合隼雄さん、

生前、脳科学者の茂木健一郎さんとの対話を本にした。
 
 河合「・・・細部に飛びつかない、という姿勢がものすごく大事ですね。

そうじゃなくて、その人を全体として見る。

全体として見ていると、本当に人間といのは面白い。

人間は誰でも、何をやらかすかわからん可能性をもっている」

河合「脳科学がこれだけ進んで、使えるけれど、

それで心がわかるというのは間違いだというのは、

すごくはっきりしていますね」

茂木「脳科学がいま科学としてやっていることは、

人間の精神運動の、

本当にごく一部という感じがしますね」

 (1200円+税、2008年7月19日)

|

« 映画「ベガスの恋に勝つルール」(2008年、米) | トップページ | 西口のヤマダ電機 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/42180746

この記事へのトラックバック一覧です: 本「こころと脳の対話」:

« 映画「ベガスの恋に勝つルール」(2008年、米) | トップページ | 西口のヤマダ電機 »