« 本「すべての経済はバブルに通じる」 | トップページ | 映画「ハンコック」(2008年、米) »

2008年8月25日 (月曜日)

映画「落語娘」(2008年、日)

    ★★★☆☆

 若い女流落語家と破滅型の師匠との交流を描いた喜劇。

永田俊也原作の小説の映画化。

       ◇

 小学生の時からの落語好きが高じて落語家になった

三々亭香須美(ミムラ)。

だが師匠の三々亭平佐(津川雅彦)は

酒と女におぼれる日々で、

香須美は、内心、入門する師匠を間違えたと思っている。

そんなある日、

平佐はテレビ局のプロデューサー(伊藤かずえ)にそそのかされ、

禁断の落語「紙扇長屋」を40年ぶりに

高座にかけることを決意する。

この落語を演じた落語家は怪死するというので、

香須美は、必死でとどめようとするが・・・・

      ◇

柳家喬太郎師匠が落語の監修をしている。

寄席のシーンは、新宿の末広亭でロケをした。

ミムラ演じる

前座の日常の仕事の様子が興味深い。

当然落語を語る場面が出てくるが、

ミムラの「影虎」「寿限無」がさまになっている。

津川雅彦の落語はベテランの味が出ている。

春風亭昇太師匠が意外な場面で出演していた。

 「銀座シネスイッチ1」で。

     Rakugo

[監]中原俊
[原]永田俊也
[脚]江良至
[出]ミムラ、津川雅彦、益岡徹、
伊藤かずえ、森本亮治、利重剛、
 なぎら健壱、絵沢萌子、ベンガル、
 大河内浩、勝矢、春風亭昇太
[上映時間]109分

|

« 本「すべての経済はバブルに通じる」 | トップページ | 映画「ハンコック」(2008年、米) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/42248944

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「落語娘」(2008年、日):

» 落語娘 [だらだら無気力ブログ]
呪われた噺に挑むことになった落語界の異端の師匠と、その弟子で ある女前座の奮闘をユーモラスに描いたドラマ。香須美は落語好きの叔父の影響で、落語にはまり大学で落研に入り、 コンクールで優勝して実績を積み、あこがれの三松家柿紅の門を 叩くが女であることを理由に門..... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土曜日) 16時33分

» 映画『落語娘』 [健康への長い道]
シネリーブル梅田にて『落語娘』。 周りはなぜかオッサン独り客がほとんど。異様だ・・・って、自分もその1人。これってきっと製作・配給側の見込みとは違っているのではないでしょうか#63893;。 Story 「絶対、真打になる!」と、12歳の時に落語に目覚めて以来、..... [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土曜日) 20時22分

» 落語娘 [象のロケット]
憧れの落語家・三松家柿紅に、女だからという理由で弟子入りを断られた香須美は、変わり者の落語家・三々亭平左に拾われる。 破天荒な札付き師匠は、現在不祥事から謹慎中で、弟子の香須美にソープ代までせびる始末。 そんな師匠が、演じた者が必ず命を落とすという禁断の落語に挑むと言い出して…。 ちょいとサスペンス・落語コメディ。... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火曜日) 19時55分

» 「落語娘」:柳島バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}この川沿いの散歩道もこれだけ長いと、歩いているうちに落語の「じゅげむじゅげむ・・・」も全部語り終わっちゃうかもしれないわね。 {/kaeru_en4/}散歩しながら、落語の稽古をするつもりか? {/hiyo_en2/}いけない? {/kaeru_en4/}いけねえ、いけねえ。女が落語をするなんて、女が寿司を握るようなもんで、どうも粋じゃないねえ。 {/hiyo_en2/}そう? {/kaeru_en4/}あったりめえよお。真昼の星だ。見られたもんじゃねえ。 {/hiyo_e... [続きを読む]

受信: 2008年9月11日 (木曜日) 19時29分

» 『落語娘』@新宿ミラノ座 [映画な日々。読書な日々。]
「絶対、真打になる!」と、12歳の時に落語に目覚めて以来、大学の落研で学生コンクールを総なめにしてプロの門をたたいた香須美。拾ってくれたのは奇行三昧で知られる業界の札付き・三々亭平佐だった。一度も稽古をつけてくれないばかりか、不祥事を起こしてしまって、寄席... [続きを読む]

受信: 2008年9月14日 (日曜日) 01時49分

« 本「すべての経済はバブルに通じる」 | トップページ | 映画「ハンコック」(2008年、米) »