« モダン食堂 東京厨房 | トップページ | 蝶のように軽やかに »

2008年9月14日 (日曜日)

立川志ら乃ライブ6

 昨夕、

立川志ら乃さんの落語会「立川志ら乃ライブ6」に行った。

観客が演目を選べるシステムは

今回で最終回。

人情噺の大ネタ「子別れ 上・中・下」か、

「看板のピン」「堪忍袋」「酢豆腐」の3席かを

観客が選ぶのだが、

多数決の結果

「子別れ」に決まった。

「強飯の女郎買い」というタイトルが付いている「上」では、

酔っ払った熊五郎の描写がうまかった。

「下」は、3年ぶりに再会した

熊五郎と子供の亀吉の会話を

しんみりと聞かせてくれた。

 昨年11月の「真打トライアル」で、

志らく師匠から、

毎月独演会を開催して、

そのたびに4席のネタ下ろしをするよう

言われた志ら乃さん、

ハードな試練に立ち向かって、

聞くたびに上手くなっている感じだ。

|

« モダン食堂 東京厨房 | トップページ | 蝶のように軽やかに »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/42464294

この記事へのトラックバック一覧です: 立川志ら乃ライブ6:

« モダン食堂 東京厨房 | トップページ | 蝶のように軽やかに »