« 黒豚庵 新宿東口店(新宿3丁目) | トップページ | 明治通りの歩道 »

2008年9月26日 (金曜日)

「ビーフと栗のリゾット」と「サルティンボッカ」

 昨晩はイタリア料理講習会。
「サルティンボッカ」はイタリア語で
「口の中に飛び込む」というような意味らしい。
生ハムと豚肉(牛でもよい)で、
肉の臭み消しにセージをはさむ。
ボリュームのある料理だ。
「栗のリゾット」は秋らしい一品。
P9250010
▽ビーフと栗のリゾット
・材料(4人分)    
剥き栗(水煮)         150g 
米               240g 
パルメザンチーズ        60g 
タマネギ(みじん切り)      1/4個 
白ワイン            適宜 
ブイヨン            800cc 
牛コマまたはバラ肉のスライス  150g 
赤ワイン            1/4カップ 
市販のビーフシチューのルー   1/8個 
水               2/3カップ 
塩、             適宜
コショウ            適宜 
オリーブ油           適宜 
無塩バター           大さじ1
P9250011

・作り方
1 タマネギを みじん切りにし、
  米を加えて油がまわるくらいに炒め、
  白ワインで蒸す。   
2 ブイヨンを3、4回にわけて入れ、
  米がアルデンテになるまで煮込む。
  ブイヨンを最後に加える時に剥き栗も入れて煮る。   
3 「2」と同時進行で別鍋で牛肉を炒め、
  赤ワインで蒸し、
  水とシチューのルーを加えて15ー20分間煮込む。   
4 「2」の米がアルデンテになったら、
  火を止め、
  バター、パルメザンチーズを加えてよく混ぜ、
  塩、コショウで味を調える。   
5 リゾットを皿に盛り付け、
  「3」のビーフを上掛けして出来上がり。   

▽サルティンボッカ
・材料(4人分)
豚フィレ肉(薄く叩いてのばす)  30g×8枚 
生ハム              8枚 
セージ              8枚 
小麦粉              適宜 
オリーブ油            適宜 
塩、              適宜
コショウ            適宜 
白ワイン             1カップ 
本シメジ             1パック 
プチトマト            12個 
砂糖               小さじ1 
無塩バター            30g 
イタリアンパセリ(荒微塵)    1/4パック

P9250012   

・作り方
1  豚フィレ肉を30gに切りわけ、
   肉叩きで薄くのばして生ハムとセージをサンドし
   軽めに塩、胡椒して小麦粉をまぶしソテーする。   
2 「1」に白ワインを廻しかけ一煮立ちしたら取り出し、
   白ワインを煮詰め、
   砂糖、無塩バターを加え味を調えてソースを仕上げる。   
3  「2」のソースを仕上げながら、
   本シメジ、続けてプチトマトも炒め、
   塩、コショウし荒微塵のイタリアンパセリを加えて付け合せにする。   
4  付け合せとサルティンボッカを皿に盛り付け、
  「2」のソースをかけて出来上がり。   

|

« 黒豚庵 新宿東口店(新宿3丁目) | トップページ | 明治通りの歩道 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

「ビーフと栗のリゾット」と「サルティンボッカ」
素敵な料理教室
嬉しいですね

投稿: ryuji_s1 | 2008年10月18日 (土曜日) 12時52分

>ryuji_s1様
 コメントありがとうございます。
ryuji_s1さんのブログも素敵ですね。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 富久亭 | 2008年10月19日 (日曜日) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/42593461

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビーフと栗のリゾット」と「サルティンボッカ」 :

» 生ハムが大好きですね [とりま日記]
生ハムもいいですが、チーズもいいですね〜! [続きを読む]

受信: 2008年9月27日 (土曜日) 11時42分

« 黒豚庵 新宿東口店(新宿3丁目) | トップページ | 明治通りの歩道 »