« 映画「最後の初恋」(2008年、米) | トップページ | 麻生クンと福田クン »

2008年10月 7日 (火曜日)

本「脳を活かす仕事術 『わかる』を『できる』に変える」

 (茂木健一郎、PHP研究所

      Nouwoikasu

 「脳を活かす勉強法」に続く茂木さんのハウツー本。

見る、聞く、感じるなど入力を司る「感覚系学習の回路」と

手や口を使って出力する「運動系学習の回路」との

バランスをとることが、

脳を活かすために大事だという。

感覚系と運動系の回路は直接つながっていないので、

「出力」することを通して、

感覚系と運動系が同じ情報を共有することが必要だ。

 その際、自分の「出力」を

あえて客観的に観察し、

他人の作品を見るように

良い点と悪い点を探す。

自分の目標とする「あこがれ」と比較するのも良い。

 (1100円+税、2008年9月24日)

 

|

« 映画「最後の初恋」(2008年、米) | トップページ | 麻生クンと福田クン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/42689089

この記事へのトラックバック一覧です: 本「脳を活かす仕事術 『わかる』を『できる』に変える」:

« 映画「最後の初恋」(2008年、米) | トップページ | 麻生クンと福田クン »