« 本「脳を活かす仕事術 『わかる』を『できる』に変える」 | トップページ | カメラ頭のクネクネ男 »

2008年10月 8日 (水曜日)

麻生クンと福田クン

 息子がこんな菓子を買ってきた。

煎餅「福岡発 ちょい不良(ワル)オヤジ

太郎ちゃんの暴れまがり明太子せんべい ちょい辛」と

P9150011

饅頭「やっくんのビンボーくじで福が来た!」だ。

P9150012

どちらも荒川区の菓子メーカー「大藤」が製造したもの。

このメーカーは、

この手の商品を専門に作っているらしい。

「太郎ちゃん」の方はせんべいと明記してあるからいいが、

「やっくん」の方は何だかわからない。

 まあパッケージが面白いだけで、

菓子の味はどうということはない。

東京駅の八重洲口の土産物屋で売っているので、

気が向いたらどうぞ。

|

« 本「脳を活かす仕事術 『わかる』を『できる』に変える」 | トップページ | カメラ頭のクネクネ男 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/42706745

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生クンと福田クン:

« 本「脳を活かす仕事術 『わかる』を『できる』に変える」 | トップページ | カメラ頭のクネクネ男 »