« 大腸検査を受けたでござるの巻(下) | トップページ | 映画「まぼろしの邪馬台国」(2008年、日) »

2008年11月 2日 (日曜日)

映画「ブーリン家の姉妹」(2008年、米英)

     ★★★★★

 16世紀の英国を舞台にした、

King Henry VIII をめぐる新興貴族の姉妹の悲劇。

原題は「The Other Boleyn Girl」。

     ◇

 成り上がりのBoleyn家には、

2人の娘と1人の息子がいた。

一族の繁栄のために、

当主Sir Thomas Boleyn(Mark Rylance )は

娘のMary(Scarlett Johansson )を

King Henry VIII (Eric Bana )の愛人として差し出す。

心やさしいMaryは王の寵愛を受けるが、

やがて王はMaryの姉のAnne(Natalie Portman)に心移りする。

王はローマ教会に逆らって王妃と離婚、

Anneと結婚する。

しかし、Anneには女の子しか生まれず、

悩んだ末に実の弟George(Jim Sturgess )と関係して

子供を作ろうとする。

2人の関係は王の知るところとなり、

裁判の結果2人は死刑になる。

Anneの生んだ娘は成長し女王になる。

Elizabeth I である。

    ◇

 勝気で美しい姉をNatalie Portmanが、

姉思いでやさしい妹をScarlett Johansson が、

演じている。

姉妹を逆に配役するのが無難だったのだろうが、

Natalieの姉、Scarlettの妹も

愛と憎悪、嫉妬と同情がよく表れていて、

効果を上げている。

昔の英国の王室も

江戸時代の将軍家と一緒で、

お世継の男子をめぐり

いろいろな騒動があったのがわかって

面白かった。

フィルムでなくHDで撮っているそうで、

細部までとても美しい。

 「新宿バルト9」の5で。

      Theotherboleyngirl

[監]ジャスティン・チャドウィック
[原]フィリッパ・グレゴリー
[脚]ピーター・モーガン
[出]ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、
 エリック・バナ、ジム・スタージェス
[上映時間]115分

|

« 大腸検査を受けたでござるの巻(下) | トップページ | 映画「まぼろしの邪馬台国」(2008年、日) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

富久亭さん、こんばんは。
トラックバックありがとうございます。(*^-^*

ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンは
今までのイメージとは逆の配役ではあったけど、
違和感はなかったですよね。

HDで撮影していたのですね。
宮廷内の人間模様を描く映画の場合、
細部まで撮れるHDのほうが効果的なのでしょうね。

投稿: BC | 2008年11月 2日 (日曜日) 17時48分

>BC様
 こんにちは。
宮廷内など建物、衣裳、人物なども
きれいに細部まで表現されていましたね。
技術の進歩に驚くばかりです。

投稿: 富久亭 | 2008年11月 3日 (月曜日) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/42975179

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ブーリン家の姉妹」(2008年、米英):

» 「ブーリン家の姉妹」試写会、感想。 [Beinthedepthsofdespair]
イギリスの国教が何故カトリックじゃないのか?それが分かる映画です。じゃ、あんまりなので、ぷち感想を。一応役柄上はスカーレット・ヨハンソンが妹でナタリー・ポートマンが彼女の姉役なんですけど、表情とかはどうみても、逆の役柄にした方が宜しかったのではと個...... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 09時44分

» ブーリン家の姉妹 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『愛は、分けられない。 最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアンだった。 世界を変えた華麗で激しい愛の物語。』  コチラの「ブーリン家の姉妹」は、ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの共演で、同名ベストセラー小説を映画化した10/...... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 09時45分

» ブーリン家の姉妹 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
歴史物って大好きなので楽しみにしていました〜【story】16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を求めていることを知った野心家のノーフォーク侯爵(デヴィッド・モリッシー)は、ブーリン卿(マーク・ライアンス)の聡明な長女のアン(ナタリー・ポートマン)を愛人候補に仕立てる。だが王が目に留めたのは、結婚したばかりの気だての良い次女メアリー(スカーレット・ヨハンソン)だった―     監督 : ジャスティン・チャドウィック【comment】... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 09時47分

» 「ブーリン家の姉妹」歴史なんて、色恋沙汰次第…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
 “ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン夢の共演!”「ブーリン家の姉妹」(ブロードメディア・スタジオ)。イイですね~、今が旬の美女2人が共演。吾輩的にはとっても嬉しい!でも姉妹役ですか~、全然似てないよね(^^;!?  16世紀、国王ヘンリー8世(エリック・バナ)が治めるイングランドは、王族間の政略結婚が常識とされていた。ブーリン家の姉妹、アン(ナタリー・ポートマン)とメアリー(スカーレット・ヨハンソン)も、父・ブーリン卿(マーク・ライアンス)にとっては、一族に繁栄をもた... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 09時56分

» ブーリン家の姉妹 [2008 映画観てきましたっ!]
観てきました。公開初日に。 [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 10時09分

» 『ブーリン家の姉妹』 [ラムの大通り]
(原題:The Other Boleyn Girl) ----ブーリン家って、どこの家のこと? 「家?(笑) でもそうだよね。 この名前、ちょっと日本にはなじみないものね。 ところがなんと、 これはかの有名なヘンリー8世の話だった」 ----その人、有名ニャの? 「うん。有名も有名。 なにせ当時のヨーロッパの宗教地図を塗り替えたんだからね。 それまで熱心なカトリック教信者で 法王から『信仰の擁護者』とまで言われていたのに、 なんと自分をイギリス国教会の長としてしまった。 確か、日本の聖公会がこの流... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 10時45分

» 映画「ブーリン家の姉妹」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Other Boleyn Girl 女の奥義を極める、男を立て主導権をとっていると思わせ実は女が主導権を握った状態のこと、母は娘に言い含め、娘はそれを体現する~姉妹の愛と葛藤~ 幼少期の頃の3人が野原で遊ぶ姿が印象的、それは二人の姉妹と一人の弟、美しく機知に... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 11時30分

» ブーリン家の姉妹/The Other Boleyn Girl [我想一個人映画美的女人blog]
スカちゃんとナタリーがエリック・バナを姉妹で取り合う{/m_0161/} 恋のドロドロ悲劇もの、かと思ってたらちょっと違った! 珍しく表参道ヒルズを会場に行われた試写へ行って来た{/hikari_blue/} (この会場、劇場仕様じゃないからパイプ椅子並べての鑑賞{/m_0156/}) 映画は思ってたのと違う方向へ行ってたけど、予想してたより面白かった♪ {/book/}16世紀イギリス。時の国王・ヘンリー8世に“男の後継者を産めない王妃との関係が冷めている”という噂を聞き、 ブーリ... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 11時37分

» 「ブーリン家の姉妹」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画#160; 見事なキャスティングによる重厚な歴史ドラマでした。史実に基づいた英国王室の愛憎劇。英国国協会は、こうやって生まれたのか…と、“歴史の陰に女あり”とはよく言ったものです。ナタリー・ポートマン演じる悲劇の王妃アン・ブーリンの計算高い野心家ぶりには見ていて恐ろしさを感じるほど。この気質が娘(エリザベス1世)に受け継がれたのかと思うと、なるほどと納得してしまいます。妹メアリーを演じたスカーレット・ヨハンソンも素晴らしかったです。でも、この姉妹、実際にはどちら... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 11時48分

» 映画 「ブーリン家の姉妹」 [ようこそMr.G]
映画 「ブーリン家の姉妹」 を観ました。 [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 12時34分

» ブーリン家の姉妹◆歴史を変えた女たち、その光と影 [好きな映画だけ見ていたい]
     「ブーリン家の姉妹」 (2008年・イギリス/アメリカ) 16世紀、6人の女性との結婚・離婚を繰り返したイングランド国王ヘンリー8世の宮廷を舞台に、2人目の妃でエリザベス1世の生みの母となったアン・ブーリンと、その妹メアリーの運命を描いた歴史ドラマ。新興貴族ブーリン家の期待を背負って権謀術数の渦巻く宮廷に送り込まれ、国王の寵愛を得て世継ぎを生むことに命をかけた姉アンと、姉よりも先に国王の心を射止めてしまった妹メアリー。容姿も性格も対照的なふたりの姉妹がたどった道は、やがて大きく隔たって... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 13時29分

» 『ブーリン家の姉妹』 2008-No74 [映画館で観ましょ♪]
こんな風にたくさんの映画を観るようになって思うこと。 英語が分かったら....歴史をきちんと学んでいれば.... 社会科が嫌いで英語が苦手... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 13時46分

» *『ブーリン家の姉妹』* ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:アメリカ+イギリス合作映画、ジャスティン・チャドウィック監督、ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ共演。 [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 17時28分

» The Other Boleyn Girl 「ブーリン家の姉妹」 [表参道 high&low]
ヘンリーⅧ世に処刑された悪名高い姉アンをNatalie Portman(ナタリー・ポートマン)、その妹がScarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソン)で悪女に翻弄される王をEric Bana(エリック・バナ)が演じた史実の映画化がThe Other Boleyn Girl「ブーリン家の姉妹」。世継が欲しい王に金と権利の代わりに妾としてまず妹が差し出され、子供が産まれるとフランス帰りの姉が父親になったばかりの王ヘンリーを誘惑。 とんでもないブーリン一家ですが、その姉は現役の女王を追放... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 17時31分

» ブーリン家の姉妹 [だらだら無気力ブログ]
16世紀のイギリスの宮廷を舞台にイギリス国王であるヘンリー8世を巡って エリザベス1世の母であるアン・ブーリンとその妹のメアリー・ブーリンの 数奇な運命を描いた歴史ドラマ。16世紀、時のイングランド国王ヘンリー8世には、王妃キャサリンとの間に 男子の世継ぎが生ま..... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 22時29分

» ブーリン家の姉妹 [ぷち てんてん]
ブーリンちゃんを、見ないわけにはいかない!☆ブーリン家の姉妹☆(2008)ジャスティン・チャドウィック監督ナタリー・ポートマン・・・・・・・・・・アン・ブーリンスカーレット・ヨハンソン・・・・・・・・メアリー・ブーリンエリック・バナ・・・・・・・・・・・・...... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 23時05分

» 映画レビュー「ブーリン家の姉妹」 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
The Other Boleyn Girl [Original Motion Picture Soundtrack]◆プチレビュー◆若手実力派女優2人の競演が華やかな歴史劇。前後につながる実在の人物を想像しながら見ると面白い。 【70点】  16世紀のイングランド。新興貴族のブーリン家は、男子の世継ぎに恵まれない国...... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 23時08分

» 「ブーリン家の姉妹」 The Other Boleyn Girl [俺の明日はどっちだ]
時は、まさにイギリスが時代の表舞台に登場してくる16世紀(日本では室町時代、安土桃山時代!)。 イングランド王室史上最高のインテリであるとされた(らしい)ヘンリー8世が君臨していたその時代の宮廷を舞台に繰り広げられる歴史&愛憎ドラマ。 正直言って、さほど大きな期待はしていなかったのだけど、心理描写がきっちり描かれている練りこまれた脚本と、クラシカルな世界を描きながらテンポあるつぼを押さえた演出によって、時が経つにつれてどんどんどんどん話しにのめり込めて、大いに楽しむことが出来た。 特にナタリ... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 23時53分

» 「ブーリン家の姉妹」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Other Boleyn Girl」2008 UK/USA イングランド王ヘンリーに愛されたブーリン家の二人の姉妹による愛と葛藤の歴史ドラマ。 アン・ブーリンに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」のナタリー・ポートマン。 メアリー・ブーリンに「私がクマにキレた理由(わけ)/2007」のスカーレット・ヨハンソン。 ヘンリー・チューダー(8世)に「ミュンヘン/2005」「ラッキー・ユー/2007」のエリック・バナ。 ジョージ・ブーリンに「アクロス・ザ・ユニバース/2007」 「... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日曜日) 23時56分

» ブーリン家の姉妹  映画には満足、でもやってることはとんでもない [もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)]
タイトル:ブーリン家の姉妹 制作国:米英 ジャンル:16世紀イギリス王室ドラマ/2008年/115分 映画館:TOHOシネマズ梅田アネックス9(269席)18:XX〜、150人 鑑賞日時:2008年10月25日(土) 私の満足度:75%  オススメ度:75% 【冒頭:英文シナリオベースです。】 昼、原っぱ(トウモロコシ畑らしい)、こどもの笑い声。 女の子二人と男の子一人。3人の背丈ほどの草むらの中。名前を呼び合いながら 走り出す。女の子二人に少し遅れて男の子。 ※この3人がブーリン家の子供3人。... [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月曜日) 01時11分

» ★「ブーリン家の姉妹」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みはたっぷり・ゆったり映画が見れる「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 この映画のために、計画した 「大スカちゃん祭り」のメイン・イベントの作品だよー。... [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月曜日) 02時54分

» ブーリン家の姉妹 [郎女迷々日録 幕末東西]
 書きかけの記事を多数かかえながら、またまた脱線しまして、「ブーリン家の姉妹」です。  1日は映画が1000円で、たまたま土曜日に重なりましたので、行ってまいりました。  ブーリン家の姉妹 公式サイト  もともと、コスチュームプレイが好きですし、いまちょっと注目しているお話でもあったんですよね。  えーと、この映画には原作小説「ブーリン家の姉妹 」がありまして、読んではないんですが、かならずしも史実に忠実な小説ではないようです。  注目している、といいますのは、原作小説ではなく、ヘンリ... [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月曜日) 04時18分

» ブーリン家の姉妹 [eclipse的な独り言 ]
 近頃は忙しくて、更新することもままならないという感じです。さて観てきました。こ [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月曜日) 05時48分

» 『ブーリン家の姉妹』 [Sweet*Days**]
監督:ジャスティン・チャドウィック  CAST:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ 他 16世紀、イン... [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月曜日) 07時04分

» 「ブーリン家の姉妹」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「ブーリン家の姉妹」公式サイトイングランド王ヘンリー8世とアン・ブーリンの結婚秘話&エリザベス1世誕生秘話。ナタリーとスカーレットの競演てだけで楽しみにしてましたー。正反対の姉妹役が二人ともほんとハマリ役。野心家のアン。王をじら...... [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月曜日) 13時06分

» 野望に取り憑かれた魔女。『ブーリン家の姉妹』 [水曜日のシネマ日記]
王の愛を巡り、16世紀のイギリスの宮廷を舞台に描かれた作品です。 [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月曜日) 16時48分

» 【ブーリン家の姉妹】 [日々のつぶやき]
監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ 「イギリス16世紀、後継ぎの男児を授からなかったヘンリー8世の夫婦仲は冷えていた。貴族のブーリン家は一族の権力の為に一家で相談のうえ長女のアンを差... [続きを読む]

受信: 2008年11月 4日 (火曜日) 11時33分

» 「ブーリン家の姉妹」も「闇の子供たち」も共に大人のエゴに子供... [映画と出会う・世界が変わる]
「闇の子供たち」と「ブーリン家の姉妹」には共通したシーンがある。前者ではセンラーとヤイルーンが川で水遊びをするシーン。後者ではブーリン家の子供たちが野原で遊ぶシーン。この作品ではその場面が冒頭と結末に2度にわたり登場する。どちらも子供たちが無邪気に遊ぶ...... [続きを読む]

受信: 2008年11月 4日 (火曜日) 13時41分

» 『ブーリン家の姉妹』 [めでぃあみっくす]
なんともおぞましい物語。事実は小説より奇なりとはまさにこのこと。しかし映画としては凄く見やすく、嫉妬や裏切り・近親相姦未遂まで描いているのに嫌な感じを全く受けない演出の丁寧さに驚きました。 そしてこの映画を見て確信したことはナタリー・ポートマンの「脱マチ....... [続きを読む]

受信: 2008年11月 4日 (火曜日) 21時38分

» ブーリン家の姉妹 [Movies 1-800]
The Other Boleyn Girl (2008年) 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ 16世紀のイングランド王ヘンリー8世の寵愛を巡り争うことを余儀なくされた姉妹の姿を描く歴史劇。 ケイト・ブランシェットが2度に渡って演じたエリザベス1世の母として有名なアンと歴史的には日陰の存在だったメアリーの物語で、地位や権力、名誉を重んじる姉アン(N・ポートマン)と愛のみを望む妹メアリー(S・ヨハンソン)の対照的な2人の立場が二転... [続きを読む]

受信: 2008年11月 5日 (水曜日) 01時15分

» 【映画】ブーリン家の姉妹 [新!やさぐれ日記]
▼動機 とあるプロの方の批評文を読んで ▼感想 イングランド及び英国の歴史の一端を知るいい機会に ▼満足度 ★★★★★★★ びっくり ▼あらすじ 16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を求めていることを知った、野心家のブーリン卿(マーク・ライアンス)は聡明な長女のアン(ナタリー・ポートマン)を愛人候補に仕立てる。だが王が目に留めたのは、結婚したばかりの気だての良い次女メアリー(スカーレット・ヨハンソン)だった。 ... [続きを読む]

受信: 2008年11月 6日 (木曜日) 21時06分

» ブーリン家の姉妹★☆THE OTHER BOLEYN GIRL [銅版画制作の日々]
 これは、エリザベス一世の母の物語です。 10月29日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。レディースディなので、1000円です。そんなこともあってか?どうか?は分かりませんが。満席に近い状態でした。しかも8割強が女性で、年齢層も高い。 豪華キャストです。姉妹を演じる超豪華女優はナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンです。夢の共演!だそうです。そしてこの二人の姉妹の心を翻弄させる、ヘンリー8世役には、エリック・バナ です。これだけでも、女性客が多いはずですよね! 後にイングランドの女王となる、エ... [続きを読む]

受信: 2008年11月 8日 (土曜日) 01時13分

» 『ブーリン家の姉妹』 [・*・ etoile ・*・]
'08.11.02 『ブーリン家の姉妹』@TOHOシネマズ市川コルトン これは見たかった。やっと鑑賞。 「16世紀イングランド。ヘンリー8世には世継ぎとなる王子がいない。野心家のトーマス・ブーリンは妻の弟で王の側近ノフォーク公と共に、利発な長女アンを王の愛人にしようと画策する。美しくアンに興味は示すものの、王が選んだのは穏やかで優しいメアリーだったが・・・」という話。これはスゴイ。なんという女だろう。見終わった直後は、感動とかいうのではなくただスゴイものを見たという感じだった。 『... [続きを読む]

受信: 2008年11月 8日 (土曜日) 05時30分

» ブーリン家の姉妹 [利用価値のない日々の雑学]
16世紀は世界中が構造的に大きな変化を遂げた世紀であったが、特に、英国と日本という極東西の島国は特にそれが顕著であったと言える。英国は、ヘンリー8世という寵児の出現に丹を発しており、中でも、ローマとの決別は画期的なことであったが、同じ様に宗教的な因子で考えると、日本では織田信長という寵児が同じ様に宗教を厳しく弾圧した。信長の場合は、人心を惑わすものとした一方で自らを神格していたが、基督教に関しては寛容であったのは、当時日本で然程影響力を持ったものとして認知していなかった点にある。この極東西の繋が... [続きを読む]

受信: 2008年11月 8日 (土曜日) 18時22分

» 「ブーリン家の姉妹」見ごたえのある良質な映画 [soramove]
「ブーリン家の姉妹」★★★★ ナタリー・ポートマン 、スカーレット・ヨハンソン 、エリック・バナ 主演 ジャスティン・チャドウィック 監督、アメリカ、イギリス、2008年、115分 16世紀のイングランド、 一族繁栄のために、自分の娘を愛人として 国王ヘンリー8世に差し出す。 その一族の2人の娘を ナタリー・ポートマン 、スカーレット・ヨハンソンが演じ、 上質な映画が出来上がった。 特にスカーレット・ヨハンソンの儚げな美しさは 運命を受け入れという過酷な現実を... [続きを読む]

受信: 2008年11月 9日 (日曜日) 22時11分

» ブーリン家の姉妹 [週末映画!]
期待値: 88% ベストセラー小説の映画化。 16世紀イギリスの、ドロドロヒストリーロマンス。 出演 [続きを読む]

受信: 2008年11月16日 (日曜日) 22時25分

» 映画『ブーリン家の姉妹』を観て [KINTYRE’SDIARY]
90.ブーリン家の姉妹■原題:TheOtherBoleynGirl■製作年・国:2008年、アメリカ・イギリス■上映時間:115分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月8日、ル・シネマ(渋谷)スタッフ・... [続きを読む]

受信: 2011年1月22日 (土曜日) 18時59分

« 大腸検査を受けたでござるの巻(下) | トップページ | 映画「まぼろしの邪馬台国」(2008年、日) »