« 柳家花緑独演会「花緑ごのみ」 | トップページ | 映画「英国王 給仕人に乾杯!」(2006年、チェコ) »

2008年12月25日 (木曜日)

第九の季節

 「第九」の季節だ。

昨晩、東京芸術劇場で、

読売日本交響楽団の演奏による

Ludwig van Beethoven作曲の交響曲第9番「合唱付き」を聴いた。

日本では、

暮れといえば「第九」、

「第九」といえば暮れだが、

暮れに「第九」のコンサートに行ったのは、

高校生の時の日比谷公会堂での演奏会以来だ。

 4つの楽章のうち

アンケートでもとれば、

第4楽章が一番人気だろうが、

わしは第3楽章が気に入っている。

雲の上にいるような、

または天国にいるような、

清らかで瞑想的なメロディを聴きながら、

今年もいろいろあったなあ、

などと振り返るのも楽しい。

物思いにふけっているのも束の間、

音楽は怒涛の第4楽章に突入し、

回想の時は終わりを告げる。

合唱は新国立劇場合唱団、

メゾ・ソプラノ の林美智子さんも、

新国立劇場オペラ研修所修了生だ。

指揮者はGunter Neuholdさん、

この人も歌劇場での経験が長い。

    ◇

指揮:ギュンター・ノイホルト

ソプラノ : 林 正子
メゾ・ソプラノ : 林 美智子
テノール: 中鉢 聡
バリトン : 宮本 益光
合唱 : 新国立劇場合唱団

|

« 柳家花緑独演会「花緑ごのみ」 | トップページ | 映画「英国王 給仕人に乾杯!」(2006年、チェコ) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/43505451

この記事へのトラックバック一覧です: 第九の季節:

« 柳家花緑独演会「花緑ごのみ」 | トップページ | 映画「英国王 給仕人に乾杯!」(2006年、チェコ) »