« 立川志らくのシネマ落語 特別編 vol.2 | トップページ | 2008年 印象に残った10本の映画 »

2008年12月30日 (火曜日)

映画「アラビアのロレンス」(1962年、英)

     ★★★★★

Sir David Lean監督、Peter O'Toole主演、

アカデミー賞7部門を受賞した

歴史映画の傑作をリバイバル公開した。

1988年に再編集が行われた完全版のニュープリントでの上映。

原題は「Lawrence of Arabia」。

      ◇

 1916年、カイロの英軍基地に勤務する

Thomas Edward Lawrence( Peter O'Toole)は、

オスマントルコからの独立闘争を指揮するFaisal王子(Alec Guinness)と

会見するため、

単身アラビアに渡る。

王子と面会したLawrenceは独立運動への協力を約束し、

50人のアラブ人とともに、

トルコ軍が占拠するアカバへ向かい、奪還に成功する。

その後もLawrenceはトルコ軍への攻撃を続ける。

しかし、トルコから解放されたアラビアは

もはやLawrenceを必要とはせず、

英軍も彼を持て余す。

大佐に昇進したLawrenceは失意のうちにイギリスに帰る・・・・・・

     ◇

 映画館の大スクリーンで見なければならない映画がある。

どこまでも続く砂漠にギラギラ照りつける灼熱の太陽、

幻想のような蜃気楼、すさまじい砂嵐、

そして抜けるような青い空、広い海。

さまざまな顔を見せるアラビアの自然と同じように、

主人公のLawrenceも多面的な人物として描かれている。

部下を思いやる寛容な心の持ち主、

残酷な男、

熱き理想主義者、

冷静な戦略家、

無私の人、

虚栄心や功名心が強い男・・・・・・

映画の冒頭でも人々のLawrenceの評価は様々だ。

Peter O'Tooleの透き通るような眼が、

壮大なテーマ音楽とともに

心に焼きついた。

初公開当時、日本では1年以上のロングラン上演になったという。

名作だ。

「新宿テアトルタイムズスクエア」で。

 Arbi

[監]デビッド・リーン
[脚]ロバート・ボルト
[出]ピーター・オトゥール、アレック・ギネス、
 アンソニー・クイン、ジャック・ホーキンス
[上映時間]227分

|

« 立川志らくのシネマ落語 特別編 vol.2 | トップページ | 2008年 印象に残った10本の映画 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

富久亭さん☆こんばんは
この映画を初めて観た時に、シネマスコープの大きな画面にビックリし、砂漠の向こうの方からやって来るラクダに乗った男にドキドキしましたねぇ。
その後、ロレンスという人が実在の人物だと知って、またまた驚いてしまいました。
TVでも何回か観ましたが、また大きなスクリーンで観たいですねぇ。

投稿: Roko | 2008年12月31日 (水曜日) 22時54分

 >Rokoさま
 明けましておめでとうございます。
「アラビアのロレンス」は砂漠が主人公のような映画でした。
ロレンスの苦悩が灼熱の砂漠を通して伝わってくるような。

投稿: 富久亭 | 2009年1月 1日 (木曜日) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/43558190

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アラビアのロレンス」(1962年、英):

» 『アラビアのロレンス(Lawrence of Arabia)』(完全版・ニュー... [CHAOS(カオス)]
新宿のテアトルタイムズスクエアにて。 過去に観たことないけど、宣伝で惹かれて鑑賞。 うーん、大作だね。 1962年公開の作品といっても、良い映画は時代を超えて感動を与えるね。 表現手法は変わっても、人のココロを揺さぶる要素は変わらないと。 単にロレンスのヒーロー物語ではなく、葛藤や苦悩、挫折が描かれてるから感動するわけで。 胸騒ぎがする音響とか、砂漠の映像とかホント良かったなぁ。夕陽とかラクダもね。 でも227分・・長かったよ~。 ロレンスがア... [続きを読む]

受信: 2008年12月30日 (火曜日) 12時23分

» 「アラビアのロレンス」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; 一度は観たいと思っていたこの作品。DVDも持ってはいたのですが、このたび完全版が新宿高島屋のテアトルタイムズスクエアで上映されると聞き「あの大スクリーンで観られるなら…」と楽しみにしていました。2009年の一本目、そしてお正月にふさわしい劇場体験でした!まず冒頭約4分のオーバーチュアで、かの有名なテーマ曲をたっぷり聴いて気分が盛り上がります。始まりから前編の2時間半はあっという間でした。途中インターミッションを挟んでの4時間弱…。圧倒されっぱなしでし... [続きを読む]

受信: 2009年1月 3日 (土曜日) 23時56分

» [映画『アラビアのロレンス/完全版』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆私のフェイバリットの一つである。  17年前、ニュージーランドへワーキングホリデーに行った時、映画館で観た。  長い映画なので、途中で寝たし、何よりも、英語のヒヤリングの全くない私が、字幕なしで非常に感動した、個人的に不思議な名作である。  いや、不思議ではないかも知れない。  言葉は補足で、画像で理解させるのが「映画」の本義なのだろう。  今回、その既製版よりも20分長い「完全版」のリバイバルを、新宿の高島屋タイムズスクエアで観た。  非常に盛況であった。    ◇  17年ぶり... [続きを読む]

受信: 2009年1月 6日 (火曜日) 10時29分

» 新宿テアトルタイムズスクエアで「アラビアのロレンス」を鑑賞 [サントラ・ブロッグ]
このblogに「アラビアのロレンス」のブログツールを貼ったおかげか・・・実は試写 [続きを読む]

受信: 2009年1月 9日 (金曜日) 21時31分

» アラビアのロレンス完全版ニュープリントヴァージョン LAWRENCEO... [まてぃの徒然映画+雑記]
観てきました、映画史上に燦然と輝く、誰でもタイトルは聞いたことがあるであろう名作「アラビアのロレンス」。227分の長さも、途中で休憩があったおかげか飽きることなく物語に惹きつけられた。ストーリーは、冒頭にある人物がオートバイの事故で亡くなるところから始ま...... [続きを読む]

受信: 2009年1月22日 (木曜日) 21時54分

« 立川志らくのシネマ落語 特別編 vol.2 | トップページ | 2008年 印象に残った10本の映画 »