« ムジカーナで、ベートーベンとスペインを | トップページ | 本「ガチミシュラン 自腹・覆面で食べ歩いた星付きレストラン89+9」 »

2008年12月 1日 (月曜日)

映画「1408号室」(2007年、米)

   ★★★★☆

 ホラー小説家Stephen Edwin King原作のスリラー。

原題は「1408」。

    ◇

 ロスアンジェルスに住むホラー作家のMike Enslin(John Cusack ) は、

幽霊の出るホテルを取材、ガイドブックを執筆している。

ある日、彼のもとに「The Dolphin Hotelの1408号室には入るな 」

との葉書が届く。

1408の数字を足すと13だ。

興味を持って調べてみると、

多くの人がこの部屋で自殺したり、

不慮の事故で死んだりしている。

The Dolphin Hotelのあるニューヨークは

Mikeの娘が病気で亡くなった

悲しい思い出の地でもあるが、

Mikeは作家としての好奇心から

The Dolphin Hotelに向かう。

支配人のGerald Olin (Samuel L. Jackson )は

1「408号室に泊ると1時間以内に死ぬ」などと言って、

押しとどめようとするが、

Mikeは聞く耳を持たず、

1408号室に入った・・・・・・

     ◇

 haunted house ものの傑作だと思う。

Mikeが1408号室に入るやいなや

怪奇現象が次々に起こるが、

そのたびにドキドキさせられる。

目覚まし時計付きラジオから突然聞こえ出す

Carpentersの「We've Only Just Begun」など音響効果も、

恐怖感を高める。

終盤、1408号室が水であふれた後

Mikeがある場所で意識をとり戻したときには、

チッ、ありがちな展開だなあ、と思ったが、

物語はそれで終わらない。

思いもしない展開が待っている。

 「新宿バルト9」の2で。

     1408

[監]ミカエル・ハフストローム
[原]スティーブン・キング
[脚]マット・グリーンバーグほか
[出]ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン
  メアリー・マコーマック
[上映時間]104分

|

« ムジカーナで、ベートーベンとスペインを | トップページ | 本「ガチミシュラン 自腹・覆面で食べ歩いた星付きレストラン89+9」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは☆
TB送れないようなのでこちらに。

ジョン・キューザックが繰り広げる(繰り広げさせられる?)ストーリーにはついつい観いってしまいました。賛否両論あるようですが、
個人的には好きな作品です。

投稿: dai | 2008年12月 1日 (月曜日) 08時34分

>dai様
 私も好きな作品です。
キューザックは、ほとんど一人で驚いたり、怒ったり、
泣いたり、わめいたり、戦ったり、ホッとしたり、
絶望したり、さまざまな演技をしていましたね。
演技力に脱帽しました。

投稿: 富久亭 | 2008年12月 1日 (月曜日) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/43202058

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「1408号室」(2007年、米):

» 1408号室 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『この部屋はあなたのココロを破壊する』  コチラの「1408号室」は、宿泊した56人全員が死亡したチェックアウト不能の「1408号室」を舞台に繰り広げられる、11/22公開となったノンストップ・パニック・スリラーなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪主演は、ジョン...... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月曜日) 07時15分

» 「1408号室」 [或る日の出来事]
おもしろかった。 あるホテルの恐怖の一室での体験を、どのように見せるのかが興味深かったが、ジョン・キューザック扮する主人公の作家の精... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月曜日) 08時21分

» 1408号室 [だらだら無気力ブログ]
スティーヴン・キングの同名小説を映画化。 宿泊した者は必ず死亡するという呪われた部屋の謎を解こうとその部屋に 宿泊した男に降りかかる恐怖を描く。超常現象を信じない作家のマイク・エンズリンは幽霊が出たり、怪奇現象が 起きるホテル等を訪ねては、その体験を本にし..... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月曜日) 08時33分

» 「1408号室」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; お疲れさま、ジョン・キューザック…。…というのが観終わってからの感想です。NY ドルフィンホテル 1408号室(数字を分解して足すと13)密室で繰り広げられる心理ホラーということでほとんどジョン・キューザックが出ずっぱりで、しかも一人芝居的展開。これは興味のない俳優だと観ていてツライものがあったかも。ジョン・キューザックは好きな俳優さんだし、実力もあるから耐えられた105分でした。スティーブン・キング原作のホラー小説の映画化ということでヒューマンドラ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月曜日) 08時44分

» 1408号室 [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
テーマは"愛のプレリュード" [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月曜日) 09時07分

» 1408号室 [Akira's VOICE]
恐怖のお仕置き部屋。   [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月曜日) 09時47分

» 1408号室 [描きたいアレコレ・やや甘口]
ホテルの部屋で暴れてはいけません。 ネタバレしてます。 1408号室を開けると、そこには鎖(ブラック・スネイク・モーン)と蛇(スネーク... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月曜日) 09時50分

» 劇場鑑賞「1408号室」 [日々“是”精進!]
幸運の25セント硬貨「1408号室」を鑑賞してきましたスティーブン・キングの短編小説を原作にしたミステリー・ホラー。過去に次々と死者を出し、宿泊することを禁じられている高級ホテルの一室に足を踏み入れた作家が、不可解なな現象に襲われていく。現実と虚構との境...... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月曜日) 11時49分

» 1408号室 [LOVE Cinemas 調布]
スティーブン・キング原作、ジョン・キューザック主演のホラー作品。サミュエル・L・ジャクソンも出演しているが、←のチラシの2ショット程には重要な役回りと言う訳ではない。『グリーンマイル』、『ミスト』を超えたとありますが、『ミスト』はともかく『グリーンマイル』って結構名作だと思うんですが・・・。... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月曜日) 13時18分

» 1408号室/1408 [我想一個人映画美的女人blog]
2007年全米公開、この映画、 スティーヴン・キング原作の映画化史上、No1ヒット!なんだって{/atten/} キング原作は衝撃的な結末が賛否巻き起こした『ミスト』が今年公開されたばかり。(mig今年のベスト上位に入る(予定)) でもこちらは何故かなかなか日本での公開が決まらず一体いつ公開するの!?て思ってたんだけど この度、やっと来月公開が決定。 それに先駆けて東京国際映画祭公式出品上映となったので観て来た♪ 映画祭では予定がつかず今年はこれ1本のみ。。。  期待通り楽しめました〜{/m... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月曜日) 13時52分

» 『1408号室』('08初鑑賞147・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 11月22日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:25の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月曜日) 16時49分

» 「1408号室」みた。 [たいむのひとりごと]
しばらくの間は”カーペンターズ”の「愛のプレリュード」を聴きたくないかも~[E:bearing]怖い系とは知らずに見てしまったこの映画。1408号室はまさに”邪悪の部屋”。恐怖によるパニックとヒステリ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月曜日) 17時40分

» 1408号室 [映画通の部屋]
「1408号室」 1408/製作:2007年、アメリカ 107分 監督:ミカエル [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月曜日) 19時23分

» ★ 『1408号室』 [映画の感想文日記]
2007年。アメリカ。1408.   ミカエル・ハフストローム監督。  スティーヴン・キングの短編小説の映画化作品。  カーペンターズはホラー映画に使える、ということが判明... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月曜日) 19時26分

» 『1408号室』 [めでぃあみっくす]
スティーブン・キング原作の映画化という一抹の不安はあれど、ジョン・キューザックが選んだ脚本ということで見てみましたが、いい意味での悪い意味でもいや〜な映画でした。『ミスト』のようにクリーチャーが出てくる映画ではないのですが、ホラー映画としては十分面白いも....... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月曜日) 21時18分

» 「1408号室」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「1408」 2007 USA “ドルフィン・ホテルの1408号室には入ってはならない”のサスペンス・ホラー。 作家マイク・エズリンに「理想の恋人.com/2005」「さよなら。いつかわかること/2007」のジョン・キューザック。 オリン支配人に「評決のとき/1996」「フリーダムランド/2006」のサミュエル・L・ジャクソン。 マイクの妻リリーに「光の旅人 K-PAX/2001」のメアリー・マコーマック。 娘ケイティにジャスミン・ジェシカ・アンソニー。 原作は「スタンド・バイ・ミー... [続きを読む]

受信: 2008年12月 2日 (火曜日) 00時27分

» 「1408号室」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「1408号室」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、メアリー・マコーマック、ジャスミン・ジェシカ・アンソニー、他 *監督:ミカエル・ハフストローム *原作:スティーヴン・キング 感想..... [続きを読む]

受信: 2008年12月 2日 (火曜日) 03時18分

» 1408号室 [りらの感想日記♪]
【1408号室】 ★★★★ (27) 2008/11/22 ストーリー 超常現象を一切信じないマイク・エンズリン(ジョン・キューザック)は、 [続きを読む]

受信: 2008年12月 2日 (火曜日) 22時22分

» 1408号室 [象のロケット]
超常現象の噂の真相をルポするオカルト作家・マイクのもとに「1408号室に入ってはいけない」という差出人不明の葉書が届く。 ドルフィンホテル1408号室にはこれまで56人が宿泊し、1時間以内に全員が死亡したという。 ホテル支配人の執拗な説得にもかかわらず、オカルトなど信じないマイクはその部屋にチェックインした…。 パニック・スリラー。... [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水曜日) 18時21分

» 「1408号室」 [☆ EL JARDIN SECRETO ☆]
勝ち目のない60分一本(?)勝負。建物に人間様が襲われる映画って、「悪魔の棲む家」だとか「ハウス」だとか、かなり昔に流行っていた気がする。でも、この1408号室の「邪悪」ぶりは相当に凝っていておもしろい。一件落着かと思わせておいてまだまだ終わらない緻密なしつ...... [続きを読む]

受信: 2008年12月 4日 (木曜日) 00時11分

» 「1408号室(1408)」映画感想 [Wilderlandwandar]
 WELL DONE! 公開してから少し経つけど、まだ見てなかった映画、 「1408号室(1408)」を見てきました。う [続きを読む]

受信: 2008年12月 4日 (木曜日) 01時43分

» 映画:1408号室 [よしなしごと]
 予告編を観るとB級ホラー映画のように思えましたが、本国・アメリカではグリーンマイルやショーシャンクの空になどを抜いて、スティーブンキング原作映画史上トップなんですって。と言うわけで1408号室を観てきました。... [続きを読む]

受信: 2008年12月14日 (日曜日) 00時14分

» 三ツ星ホテル [MESCALINE DRIVE]
スティーヴン・キングの原作小説は読んでいないが、公開終了が迫っていたので劇場に急いだ。 「1408号室」を観た。 人里離れた山奥の森で1本の朽ちた木が倒れたとして、誰がその事実を知るだろうか。世の中においてその木は存在しないも同然だ。人の感知し得る物事のみが世の中に存在するのだ。 以上のような考え方がある。人間と云う器に世界を盛り付けて世の中と呼ぶ。 知の広がりが即ち世の中の広がり。原子の微小から宇宙の壮大まで、今や人類の視界は広く晴れ渡っている。 では、人類は全知全能の領域に辿り着いたの... [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日曜日) 13時27分

» 映画『1408号室』を観て [KINTYRE’SDIARY]
92.1408号室■原題:1408■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:104分■字幕:栗原とみ子■鑑賞日:11月22日、渋谷東急(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)□監督:ミ... [続きを読む]

受信: 2010年12月29日 (水曜日) 12時16分

» 映画『1408号室』を観て [KINTYRE’SDIARY]
92.1408号室■原題:1408■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:104分■字幕:栗原とみ子■鑑賞日:11月22日、渋谷東急(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)□監督:ミ... [続きを読む]

受信: 2010年12月30日 (木曜日) 18時38分

« ムジカーナで、ベートーベンとスペインを | トップページ | 本「ガチミシュラン 自腹・覆面で食べ歩いた星付きレストラン89+9」 »