« 本「落語家はなぜ噺を忘れないのか 」 | トップページ | タイ屋台料理  チャンパー(新宿3) »

2009年1月19日 (月曜日)

映画「チェ 28歳の革命」(2008年、西・仏・米)

   ★★★★☆

 キューバ革命の英雄Che Guevara の一生を描いた

伝記ドラマの前編。監督はSteven Soderbergh 。

原題は「Che: Part One」。

    ◇

 1955年、アルゼンチンの若き医師Che Guevara( Benicio Del Toro )は、

中南米の旅の途中、

キューバ政府への革命を計画しているFidel Castro( Demián Bichir )と

Raul Castro( Rodrigo Santoro )の兄弟に出会う。

Guevaraは、彼らに加わり、政府軍と戦うことを決意、

80人のゲリラを率い2万人の軍隊と戦っていく。

Guevaraの率いる部隊は、

大都市サンタクララの制圧に成功し、

革命を成功に導く。

   ◇

 Guevaraの人間的な魅力に惹かれ集まったメンバーからなる部隊が

山中のゲリラ戦で次々と敵を破っていく様子が、

ドキュメンタリータッチで淡々とつづられていく。

一転、山場のサンタクララの攻防戦は

手に汗握るアクション場面の連続だ。

勝利したGuevaraたちがジープでハノイへ向かうところで

映画が終わるシーンは印象的だ。

「新宿ピカデリー」3で。

     Che1

[監][撮]スティーブン・ソダーバーグ
[製][出]ベニチオ・デル・トロ
[脚]ピーター・バックマン
[出]デミアン・ビチル、カタリーナ・サンディノ・モレノ
 ロドリゴ・サントロ
[上映時間]132分

|

« 本「落語家はなぜ噺を忘れないのか 」 | トップページ | タイ屋台料理  チャンパー(新宿3) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/43745666

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「チェ 28歳の革命」(2008年、西・仏・米):

» 「チェ 28歳の革命」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; スティーブン・ソダバーグ監督作品。主演はベニチオ・デル・トロ。これだけでも観る価値はあるというもの…。ベニチオ・デル・トロが7年かけて役作りをしたという成果はとくと見届けた気がします。実際のチェ・ゲバラの映像を見ると、ベニチオ・デル・トロというよりはジョージ・クルーニーに似ていると思うのですが、この役はジョージ・クルーニーは引き受けなかっただろうし(いくらソダバーグ監督と懇意でも…というかソダバーグは最初から打診しないと思いますが)ベニチオ・デル・ト... [続きを読む]

受信: 2009年1月19日 (月曜日) 08時15分

» 「チェ 28歳の革命」彼は如何にして、革命家となったのか? [シネマ親父の“日々是妄言”]
[チェ・ゲバラ] ブログ村キーワード  20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラ。今も世界中の人々から、熱狂的な支持を受け続ける彼が、如何にして革命家となったのかを描いた本作「チェ 28歳の革命」 (ギャガ・コミュニケーションズ/日活)。ソダーバーグ監督とデル・トロの執念が詰まったような、渾身の一作になっています。  1955年。中南米諸国を旅して、圧政による国民の窮状を目にしてきたアルゼンチン人の青年医師、エルネスト(ベニチオ・デル・トロ)は、メキシコでキューバの反体制活動家、フィデ... [続きを読む]

受信: 2009年1月19日 (月曜日) 10時22分

» チェ 28歳の革命 [LOVE Cinemas 調布]
今年最初の話題作、主演でチェ・ゲバラを演じるのはベネチオ・デル・トロ。監督は『オーシャンズ13』のスティーブン・ソダーバーグです。連続公開が決定しており、この後1月31日には『チェ 39歳別れの手紙』の公開が控えています。日本人にはあまり馴染みのないキューバ革命舞台の本作、早速観てきました。... [続きを読む]

受信: 2009年1月19日 (月曜日) 19時54分

» チェ 28歳の革命 [だらだら無気力ブログ]
フィデル・カストロとともにキューバ革命を成し遂げたチェ・ゲバラの 半生をスティーヴン・ソダーバーグ監督がベニチオ・デル・トロ主演で 描いた伝記ドラマ2部作のうちの第1作。 ゲバラがカストロと出会い、キューバ革命へと身を投じていく過程を 描く。アルゼンチン人..... [続きを読む]

受信: 2009年1月19日 (月曜日) 22時23分

» ★「チェ 28歳の革命」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週は三連休なので、もう一日ナイトショウで見ることに。 チェ・ゲバラものは、いまいちカリスマ革命家の生涯に興味が沸かないけど、 ベニチオ・デル・トロ主演という事で、一応見ておこうと。... [続きを読む]

受信: 2009年1月20日 (火曜日) 01時46分

» チェ 28歳の革命 [象のロケット]
1955年、メキシコ。 ラテン・アメリカの貧しい人々を救いたいと南米大陸の旅を続けるアルゼンチン人の医師エルネスト・ゲバラは、独裁政権に苦しむ故国キューバの革命を志すフィデル・カストロと意気投合。 わずか82人で海を渡り、2万人のキューバ政府軍と戦うというカストロの作戦に、参加を決意する…。 実在したキューバ革命のカリスマの誕生を描く闘いのドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009年1月20日 (火曜日) 23時54分

» 映画「チェ 28歳の革命」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Argentine 彼の1952年23歳の頃ラテン・アメリカ探検の旅が描かれた「モーターサイクル・ダイアリーズ」とても素晴らしい映画だった~そして偉大なる愛の革命家へ~ それは1955年7月のこと、メキシコでアルゼンチン人医師エルネスト・ゲバラ(ベニチオ・デル・... [続きを読む]

受信: 2009年1月21日 (水曜日) 01時16分

» チェ 28歳の革命 [欧風]
土曜、イオン下田での映画観賞、1本目が「感染列島」。 2本目に観たのが、 [続きを読む]

受信: 2009年1月21日 (水曜日) 06時28分

» 『チェ28歳の革命』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『チェ28歳の革命』を観ました『トラフィック』のスティーヴン・ソダーバーグ監督とベニチオ・デル・トロが再びタッグを組み、伝説の革命家エルネスト・“チェ”・ゲバラの人物像とその半生に迫る伝記ドラマ2部作の前編です>>『チェ28歳の革命』関連原題: CHE:PARTONE...... [続きを読む]

受信: 2009年1月21日 (水曜日) 08時24分

» 「チェ 28歳の革命」:水神森バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}お、本屋だ。寄って行こう。 {/hiyo_en2/}どうしたの、読み書きの大嫌いなあなたが、突然。 {/kaeru_en4/}革命には、読み書きも必要なんだよ。 {/hiyo_en2/}ああ、スティーヴン・ソダーバーグ監督の映画「チェ 28歳の革命」の中でチェ・ゲバラが部下に強調していたことばね。 {/kaeru_en4/}わかってるなら、早く行こう。 {/hiyo_en2/}でも、あなたと革命なんて、何の関係があるの? {/kaeru_en4/}いまのような世の中を変え... [続きを読む]

受信: 2009年1月21日 (水曜日) 19時25分

» チェ 28歳の革命 [悠雅的生活]
祖国か、死か。 [続きを読む]

受信: 2009年1月24日 (土曜日) 21時53分

» 映画:チェ 28歳の革命 [よしなしごと]
 いつもお世話になっているRosalindaさんに誘われて、今年初めての試写会に行ってきました。題目は“チェ 28歳の革命”と“チェ 39歳別れの手紙”です。(共通公式ホームページはこちら。)... [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木曜日) 06時34分

» 『チェ 28歳の革命』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
公開から1カ月近く経ってからやっと観てきました、『チェ 28歳の革命』。 新宿バルト9に日曜に観にいったんだけれど、朝8:50からの回なのに客入りは普通に入ってて、日曜の動員をなめてましたw。 ******************** 『トラフィック』のスティーヴン・ソダーバーグ監... [続きを読む]

受信: 2009年2月13日 (金曜日) 22時46分

« 本「落語家はなぜ噺を忘れないのか 」 | トップページ | タイ屋台料理  チャンパー(新宿3) »