« 志の輔らくご in PARCO 2009 | トップページ | 駅弁大会 »

2009年1月13日 (火曜日)

MADAMA BUTTERFLY

 昨日は新国立劇場で、

G.Puccini のオペラ「蝶々夫人」。

     Choc

蝶々夫人はアメリカに帰った軍人の夫を待ちわびて、

毎日港を眺めている。

夫人が歌うアリア「ある晴れた日に」が

美しく、切ない。

夫人は夫に裏切られ、

息子を残して自死するという、

結末を知っているだけに

余計メロディが悲しく心に迫ってくるのかもしれない。

蝶々夫人が結婚したのが15歳の時、

絶望して非業の死を遂げるのが18歳。

若すぎる死だ。

蝶々夫人役のKarine Babajanyanさん、

アルメニア生まれだが、

和服の着こなしといい、仕草といい、

日本人より日本人らしかった。

舞台美術はシンプルだったが、

照明が素晴らしい効果をあげていた。

    ◇

【蝶々夫人】カリーネ・ババジャニアン
【ピンカートン】マッシミリアーノ・ピサピア
【シャープレス】アレス・イェニス
【スズキ】大林 智子
【ゴロー】松浦 健
【ボンゾ】島村 武男
【神官】龍 進一郎
【ヤマドリ】工藤 博
【ケート】山下牧子

【合唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京交響楽団

【作 曲】ジャコモ・プッチーニ
【台 本】ジュゼッペ・ジャコーザ/ルイージ・イッリカ

【指 揮】カルロ・モンタナーロ
【演 出】栗山 民也
【美 術】島 次郎
【衣 裳】前田 文子
【照 明】勝柴 次朗

【芸術監督】若杉 弘

|

« 志の輔らくご in PARCO 2009 | トップページ | 駅弁大会 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、弊ブログにTBありがとうございました。
新国の蝶々さん行かれたのですね!
私はまだ先の回ですが、今から涙腺が危なく不安な日々です・・・。
名前を知らない歌手でしたが、よさそうでなによりです。

富久町にお住いなのですか。
私も、社会人になったときの一人暮らしは、富久町がスタートでした。
靖国通りから、一本入った厚生年金会館の近くでした。

投稿: yokochan | 2009年1月13日 (火曜日) 22時25分

>yokochan様
 コメントありがとうございます。
クラシック音楽に詳しいのですね。
いろいろ教えてください。

 富久町に住んでいらしたとのこと、
靖国通りから、一本入った厚生年金会館の近く
というと医大のあたりでしょうか。

投稿: 富久亭 | 2009年1月14日 (水曜日) 07時36分

富久亭さま、こんばんは。
そうです。申し少し手前のごちゃごちゃしたところでしたが、いまやマンションだらけになってしまいました。
曙橋まで歩いて、九段下まで通勤してました。
懐かしいです。

投稿: yokochan | 2009年1月15日 (木曜日) 23時57分

>yokochan様
 昔はマンションもあまり建っていなかたのでしょうか?
 あそこら辺から曙橋駅まで歩いていたのですね。

投稿: 富久亭 | 2009年1月16日 (金曜日) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/43719610

この記事へのトラックバック一覧です: MADAMA BUTTERFLY:

« 志の輔らくご in PARCO 2009 | トップページ | 駅弁大会 »