« 明けましておめでとうございます | トップページ | 元旦の新宿 »

2009年1月 1日 (木曜日)

映画「ゴッドファーザー」(1972年、米)

    ★★★★★

 Francis Ford Coppola 監督、アカデミー賞3部門受賞の

映画史に残る不朽の名作をデジタル・リマスターでリバイバル上映(DLP)。

原題は「The Godfather」。

     ◇

 イタリアからの移民Don Vito Corleone (Marlon Brando )は、

ニューヨークに渡りギャングの5大ファミリーの一角のDon になっていた。

Vitoには、血気ぱやい長男のSantino 'Sonny'  (James Caan )、

愚鈍な二男のFredo  (John Cazale )、

理知的で大戦の英雄でもある三男のMichael  (Al Pacino )

の3人の息子と、

娘Connie(Talia Shire )がいた。

4人の実子のほかに、

子供の時から世話をしている弁護士のTom Hagen (Robert Duvall )が

参謀としてファミリーを支えていた。

 1945年、ConnieとCarlo Rizzi (Gianni Russo )の婚礼が

華々しく行われる。

招待客には大物歌手のJohnny Fontane( Al Martino )もいた。

三男Michaeは結婚式に、

恋人Kay Adams (Diane Keaton )を連れてきていた。

Michaeはファミリーとは一線を画し、

堅気の道を歩むとKayに誓う。

 その後しばらくして、

ギャングBruno Tattaglia(Tony Giorgio )の息のかかった

麻薬の売人Virgil 'The Turk' Sollozzo (Al Lettieri )が

ファミリーに取引を持ちかけてきた。

Vitoは断ったが、

長男Sonnyは興味を示す。

SollozzoはVitoを邪魔に思い、

Donの暗殺を企てる。

幸いVitoは一命をとりとめた。

三男Michael は病院に駆けつけ、

2度目の襲撃から父を救う。

MichaelはSollozzoと悪徳警官の殺害を決意、

レストランで決行する。

アメリカにいられなくなったMichaelは、

イタリア・シシリー島に逃亡。

そこで現地の娘に恋をして結婚するが、

妻は敵により爆死する。

アメリカでは、長男Sonnyが

敵の罠にかかり殺される。

アメリカに帰ったMichaelはVitoの後を継ぎ、

かつての恋人Kayと結婚し、子供をもうける。

ビジネスでもラスベガスに進出しようとする。

やがて、Vitoは世を去り、

Michaelは、最大の敵Don Emilio Barzini(Richard )はじめ

敵対する勢力を一掃する大勝負にでる。

      ◇

 いい映画は見るたびに新しい発見がある。

今まで何度もDVDやテレビで見たのに、

映画館でみるとまた格別だ。

冒頭の婚礼シーン、

華やかな華燭の式の陰で、

Donは裏のビジネスの話をする。

 Michaelが父の跡を継ぐことを決意するシーンでは、 

父を見舞った病院にボディガードが一人もいないのに驚いたMichaelが、

敵の襲撃を威嚇するため

病院の玄関前で

拳銃を持っているふりをする。

敵が去った後、

一緒に見舞いに来ていたパン屋が、

恐ろしさのあまり手が震えて、

マッチの火を煙草につけられないのを、

Michaelが代わりにつけてやる。

自分の冷静さに気づいたMichaelが、

跡を継ぐことを決意する。

 最後の場面、

教会でのConnieの子供の洗礼式と、

大殺戮の現場が、クロスカッティングで

描かれる。

何度見ても緊張するなあ。

 数々の名シーンに

時がたつのを忘れた。

 「新宿バルト9」の7で。

     Thegodfather

[監]フランシス・フォード・コッポラ
[原][製]マリオ・プーゾ
[出]マーロン・ブランド、アル・パチーノ、
 ロバート・デュバル、ジェームズ・カーン、
 ダイアン・キートン
[上映時間]176分

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 元旦の新宿 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215034/43572874

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ゴッドファーザー」(1972年、米):

» 「ゴッドファーザー」 [ハピネス道]
新宿バルト9でのデジタル上映を観てきました。年明け早々に観た「アラビアのロレンス」に引き続き、往年の名作を劇場で鑑賞する幸せを堪能…。こちらはデジタル上映ということで、まるで最新作のような美しさ。でも、アル・パチーノが若い。ロバート・デュバルも若い…。ダイアン・キートンに至ってはエンディングまで気づかなかった…!音楽の素晴らしさ、引き込まれる画面構成、どれをとっても超一級。クライマックスの洗礼式のシーンは静かに流れる荘厳な音楽をベースにまだ何も知らない無垢な赤ん坊と次々に殺されるマフィアのボスたちの... [続きを読む]

受信: 2009年1月11日 (日曜日) 14時12分

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 元旦の新宿 »